« SONY α7R + Biogon 28mm ZM is all right (速報) | Main | First shot with Df »

November 30, 2013

zero (0)

36/36・・・・・フィルムの最後の一枚は残しておく、いざというときのために・・・
でも、もうデジタルなのでその心配も殆どなくなり、考えたこともなかった。

美瑛写真の第一人者、前田真三さんが手ずから焼いたプリントを今あらためて手元で見ながら、この地を愛した写真家の偉大な業績を感じざるを得ない。バリバリの商社マンが北の地に魅せられて、その虜になった。そこに生涯の巨大な足跡を残して、作品は今も一年中途切れることのない人々の心を揺さぶる。

この数奇な写真家の偉業に心打たれて、今年4回美瑛行を敢行した。「風景写真は地元の専門家が写すもので、迂闊に手をつけても駄目だ」という40年来の信念を曲げても写してみたかった。生涯、この風景だけを写し続けるのかと問われれば、否と答えるだろう。

では、これから何をしたいのかと問われれば、「ちょっと待ってください」と頭を垂れるしかない。
2013/11/30 未明

Finally count comes to 36/36, which remembers me that the last frame should be preserved just for the case of emergency, I learned in my boyhood. Time has passed as if in a blink, digital camera does not require such thing because film is almost free.

I visited Biei in Hokkaido 4 times this year, to take beautiful country side, though I have been having landscape photo should be take by native phtographer, in other word I would not take them, because it is a matter of who many chances you can get during your life.

If you aske me, " then where are you going" now, I must say please watch me doing some thing onward.
Img_2165

|

« SONY α7R + Biogon 28mm ZM is all right (速報) | Main | First shot with Df »

count down」カテゴリの記事

Canon EOS 6D」カテゴリの記事

Canon EF 24-105mm F/4.0 L IS」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« SONY α7R + Biogon 28mm ZM is all right (速報) | Main | First shot with Df »