« 13 | Main | 同じセンサーサイズならば画素数が少ない方がS/Nが良いという都市伝説 »

November 19, 2013

'DSLR is inevitable' 速射性では一眼レフ・・・未だ

(abstract)
Digital Single Lens Reflex camra is going to be an old brother some day though, still such new cameras like SONY, Olympus etc., which have only lens and sensor without any optical finder system do not catch up the old brothers like Nikon or Canon's fast shooting power. But SONY's new alfa 7R shows far lighter and smaller than LEICA body, but with full 135film format sensors, that  sounds sooner or later they will go beyond their older brothers.

一眼レフを作っているメーカーが随分減ってきました。事実上SONYは止めているし、今年オリンパスもやめました。確かに一眼レフは古い機構なのでビジネスとしてはoldの部類になってしまうのでしょう。しかし、今なお、ニコン・キャノンの一眼レフの操作性の良さとレスポンスはずば抜けていることは事実です。(フィルムライカは兎も角として) 速射性ではこれに勝てる機構は無いのが現状です。かくいう私も、Nikon D3以来ニコンデジタルの堅牢な安心感と高速応答の虜になりましたし、そんなニコンばかり使う者にも、キャノンの場合でも、6D辺りになってからは特に親和性を感じるようになり、別に特別な違和感はなく、5DII /6Dは使っています。

しかし、昨日も書いたようにズームの跋扈と、テレセントリックが要求され、またAF機構なども入り、一眼レフカメラは半世紀前と比較すると異様に大きく成りました。こんなの使いたくないと思うようになって何年も経ちます。

でも、一眼レフキラーとして期待される「ミラーレス」も、今回の7Rなど、期待か高いだけに、ため息もまじってしまう。私が持っているミラーレスの中ではオリンパスE-M5がもっともコナレタ存在で、安心感と安定感、そして高速応答が好感です。これと比べると、α7Rは形状が変であることは言わずもがなながら、各種の応答性、ボタン類の仕様の特殊感などまだまだ進化の余地があります。写真機は画質もさることながら、使いやすくなくてはなりません。

とはいえ、7Rは随分軽くて、ライカよりも軽量・小型のボディーにライカのレンズさえ装着いてしまうあたりは、隅に置けない存在です。これで、もう少し締まった形状で、高速に反応するようになればライカより魅力的になると思うんですけど・・・。

現在のところ、私の実用上の第一選択はLEICA XV か動作の安定しているオリンパスE-M5を、精密描写ならばD800Eかもしれません。そして、DSLRでスナップとなると、フルならばEOS 6D ハーフならばNikon D7100あたりを選んでいます。
6Dの方がレンズ選びが楽、一方操作性ではNikonの方がやっぱり使いやすいと私の場合は使い分けています。

EOS 6D 24-105/4.0 is L

Img_1421

|

« 13 | Main | 同じセンサーサイズならば画素数が少ない方がS/Nが良いという都市伝説 »

Canon EOS 6D」カテゴリの記事

Canon EF 24-105mm F/4.0 L IS」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 13 | Main | 同じセンサーサイズならば画素数が少ない方がS/Nが良いという都市伝説 »