« Nikon Df in Shanghai | Main | China Venetia »

December 20, 2013

Nikon Df in Shanghai (2)

Nikon Dfはあまり実用的な観点で作られたカメラではないだろう。一種の高級カメラというブランド、イメージ戦略による製品だと僕は思う。
ニコンFX最軽量は確かだけど、フルサイズ最軽量のSONYα7Rとは別次元のカメラだ。写す道具としては一応優れているが、私のように老眼が進んだものには、ダイヤルに刻まれた小さな文字が読めない。背面液晶で扱う一般的モデルと比較すと、もう自分が後戻りできていないことを悟ってしまう。美しい点No1がこのメタルダイヤルなんだけど、残念。
ただし、操作性は昔ながらの方法なので使いやすいし、背面液晶に条件表示が出来るので、重大問題ではない。

さて、高感度は私に言わせりゃ、D200と比べて、2-3段はインプルーブしたのかなぁ、という程度。D3と比較して、良いとこ1段とチョッとぐらいかなぁ。
高感度について、ギャーギャーいう必要はない。日常の撮影では全く問題ない特性だから。

画素数の16Mpixは、緻密な作品にするにはA3ノビ程度マデが良いかもしれない。しかし、ここでお断りしておきたいけど、Dfの16Mpixは小型フォーマットの場合に於ける解像力よりも原理的に高解像になる。

問題はカサと重さだ。今回あえて普及型24-85 VRを登場させたのも、このモデルの製作者の精神を考えての選択だった。

本当のことを書くと、僕は今回の半ばルポ作成のカメラはE-M5にするか、ライカXにするか悩んでいた。結局それをDfにしてしまったのは、Dfの使い試しを早くやりたがったからであり、本当の動機はそれ以外はない。

実際、今回数年ぶりに来てみてこの地域の雰囲気は昔ながらのおおらかな大陸的人々の交わる大都市(人口5千万人)という印象になんらの変化はないが、街中に公安が繰り出している数が夥しい印象を強くした。
Dsc_0075

|

« Nikon Df in Shanghai | Main | China Venetia »

Nikon Df」カテゴリの記事

Af-s Nikkor 24-85mm F/3.5-4.5 G VR」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« Nikon Df in Shanghai | Main | China Venetia »