« 読者の構成比 | Main | 甲午という年 »

January 10, 2014

靖国参拝を米国が許容できない理由 WEDGE 1/8付記事

WEDGEの記事というのはかなり右がかっていると感じ、何かと気になる傾向のある雑誌だと思ってあまり読まなかったが、1/8付の標題の記事は、真っ当な内容だと思った。

既に形式(つまり実質的ではないという意味:日本国憲法では主権在民となっている)にはこの国の国家元首は天皇であり、内閣総理大臣は「臣」のトップであり、かつこの国の政治的なリーダーだ。
この国の元首たる天皇が参拝しなくなった神社について私も若いころから何度も行っているので理解しているつもりだ。

韓国・中国の非難がかなり感情的、プロパガンダ的だという意見については至当だとしても、その背景に思いを寄せれば、一国の指導者の試的行為が国際社会に一石を投じるというよりは、混乱と停滞を起こされる懸念を知ってなお突き進むならば、それは指導者の資質において疑問が湧いてくる。

WEDGEの論調を約めて書くとそのような内容だ。

記事はコチラ↓
http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20140108-00010001-wedge-pol

|

« 読者の構成比 | Main | 甲午という年 »

Geographical Insight」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 読者の構成比 | Main | 甲午という年 »