« 今日も一日中枝切り | Main | アンリ・カルティエ=ブレッソンの眼…日経新聞 »

March 09, 2014

中国物価の落着きの報道

中国国家統計局が9日公表した2月の物価上昇は2.0%にとどまったと報道されている。これはNHKニュースにまで登場した話題で、やや意外感を覚えた。

中国の成長が伸び悩んでいる事は知られているが、物価と云う側面でまた一つ材料が出たということだろうか。僕自身、中国にはあまり行かない。数年間に2-3回程度の頻度だ。だが、このちょっと間抜けなインターバルが中国物価の高騰を肌身で知ることになる。たとえば前回、タクシーの初乗りは12阮だったのが、今回は14阮。約20%の上昇だ。何から何までこの調子なので、将来の阮高を期待して現金を少々溜めていると、その目減りに参ってしまうことになる。

なお今回の発表数字は消費者物価指数であり、卸売物価指数は既に2か月連続でマイナスになっている。

デフレ・トラップの前ぶれでなければよいのだが。

|

« 今日も一日中枝切り | Main | アンリ・カルティエ=ブレッソンの眼…日経新聞 »

Financial Markets」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 今日も一日中枝切り | Main | アンリ・カルティエ=ブレッソンの眼…日経新聞 »