« 本日一寸所要中 | Main | Adobe CCに参加 »

May 09, 2014

Adobe CS6 等等について

Adobe CS もver.6になったそうで、今月中ならば、既往製品利用者は40% offで使えるようになるという。たしか、月額5000円程度のものが、2-3000円程度になる…月額だ。まるで、スマートフォンの様な課金方式に、判断不能に陥っている。

僕は、Photoshopの草創期の頃、それしかないので一時使った事、CS4 extendedを半ば業務用ポートレートのライティング補正の為に使った事ぐらいしかないので、如何しようかと悩んでいる。かく云う、CS4 extended は当時、相当に高価なソフトウエアで、おそらく現在のフルサイズ一眼一台分位は支払った記憶がある。昔からPSは高価だったので、のちにエレメントという普及版が出来たのか、事情は知らない。

その頃、メインの現像ソフトはNikon Capture NX(後にNX2)だった。まあ、操作性がやや似ている面もあるので、然程も違和感もなかったし、草創期のPhotoshopを使った経験もあったので、CS4はまあ、何と云うか、面倒くさいとは思いつつ、それでしか出来ないものに使う程度だった。

既に、当時のPCは非力で引退時期になってきたし、新しいPCにCSを入れることは面倒なので、今日までやってこなかった。

この間、シルキーピクスと出会って、すっかり自前の暗室として重宝している。殆ど全ての機能も理解し、利点、弱点も分かっているつもりだ。ただし、シルキーは一部レタッチも出来る現像ソフトであるから、CSと比較すべきでもない。昨日の変な色の画像は全てシルキーで出した。まあ、直観的に相当いじれるので、写真を写して、現像するだけならば、これでも十分に良いとは思っているが、画像リサイズ時に不要なモアレが発生するなど、やや、困った部分もある。

ところが、今回、さる目的で画像処理が必要になって、相当大胆な処理だった事もあり、シルキーの限界の限界の外側まで、ダマしの様な方法を駆使して使いまわすことになり、「これは、やはり、CSでやった方が良い」と感じた、というのが、今回のお話の始まりだ。

実はこの間、アドビのアカウントのIDやパスワードを残したノートが行方不明になっていて、CSを再インストールしようにも、原理的に不能状態であると、昨日気づいた。

色々手を尽くして、元の古いアカウントを探り当て、今日の夕方から、二世代も前のCS4を再インストールすることが出来た。マシンが高速になったので、インストールは以前ほどの苦痛を感じなかった。そこまでは、まあ、良い。

ところがだ、何年も使ってなかったこともあるのだが、このCSという代物が恐ろしく使いにくいと、いつの間にかシルキー派になってしまった僕には、そう、感じられた。

「訳が分からない」・・・、そう思って、pdfの取り扱い説明書の数百ページもの代物をダウンロードして、読み始めたが、これがますます訳が分からない。

結局、今の状況は、僕の知識では、シルキーの方がよほど色々出来るという、凡そ情けない状況になってしまった。

まあ、目的は写真を写すことであり、レタッチすることが目的ではないので、あまり深刻に考えても仕方がないのだが、今の心境を正直に書くと、1980年代の半ば、Z80入りのPCを生れて初めて使った時のような、????が頭の中をよぎっている。

5月末まで、あと暫く時間があるが、如何しようかと悩んでいる。

|

« 本日一寸所要中 | Main | Adobe CCに参加 »

Adobe_」カテゴリの記事

Comments

俺は数バージョン置きに細々使っているのですが遂にAdobeは媒体版のアップデートを
やめてしまいましてCS6が最後の媒体版となります
今はCCというクラウド版が最新です
このCCと言う奴は今月980円でPhotoshopとLightroomを込みで使えます
この月980というのは最低1か月に1度Adobeに繋げばよく毎回自動でアップデート
され常に最新の状態になります
三か月分申し込むことも可能でこの場合は最大三か月オフラインでも問題ありません
これが安いかどうかは人しだいかと思いますが俺はまだまだ古い奴でがんばるつもりです

Posted by: . | May 10, 2014 03:11

情報を頂いて、とりあえず、PSCCにエントリーしてみましたが、ちょっと、環境設定がおかしくなっていて、シャドーが荒れてしまいます。ただ今、調整中です。

Posted by: Kuusuke TARO くーすけ太郎 | May 10, 2014 20:45

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 本日一寸所要中 | Main | Adobe CCに参加 »