« Adobe CCに参加 | Main | ただ今取り込み中 »

May 11, 2014

Adobe Photoshop CC

今年に入って、Silkyがver6になった。何が変わったのかフリートライアルを試したが、ざっと見て然程の変化は感じなかった。例によって、ver4--->5の際のように、以後旧バージョンの新型カメラ対応はやらないのかかと思っていたら、一応、今のところ僕が使いそうなカメラまでのバージョンについては追尾している。この辺り、ユーザーの心を掴んだと思う。

と、いうことで、3ライセンスをもっているシルキーは、今のところver5のまま使っている。

さて、Photoshop CCを昨日導入し、Light Roomも入れて、一応Adobeの写真関係はこの辺りで終わりでも良い。LRについては初めて使うので、訳が分からないが、出来ることも限られてるし、まあ、目的が、メディアプレーヤーの如く、映像資産管理に力がはいっている様子で、これはあまり歓迎しない。管理は自己流が出来上がっているので、機械にあれこれ言われたくない。それに、本格的なクリエーターだと、HD内では収まらないので、このやり方は現在のところあまり良い考え方ではない。

Photoshop CCは、一応非破壊レタッチも出来る。コビペなどで巨大スポッティングまがいの事をこなしても、データは保たれる。
まあ、その分無数のレイヤーが発生して処置なしになるので、このあたりも結局統合作業など余計なことをすることになる。

この辺り、シルキーも非破壊とノタマワっているが、流石にスポッティングのメタデータは無いらしくて、どこにしまってあるのか未だ発見できない。つまり、スポッティングを多用すると、コピーできない恐れがある。

色も、ちょっと違う。まあ、PSは何が本当の色なのか訳が分からないのでくらべよぅが無いが、少なくとも16ピットカラーで稿を起こすとシャトーに滑らかな深みが出る。

事実、CCとsilkyとで、同じ素材をいじくりまわしているが、同じ素材とは思えないような反応にやや戸惑っている。

注 いまなにをやろうとしいるのか、途中から読み始めた方へ。CCで写真を描こうとしている作業の途中経過を書いております。

|

« Adobe CCに参加 | Main | ただ今取り込み中 »

Adobe_」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« Adobe CCに参加 | Main | ただ今取り込み中 »