« Adobe ID復活 | Main | 人形町 谷崎 »

May 16, 2014

Photoshopの手習い (1)

Adobe CCのチュートリアルはかなり充実している。前回購入したとき、CS4にこれほどのチュートリアルが有ったか不明だが、今回は片っ端から視聴して、目から鱗の思いがする。

時折、ハイパーリンクの先を勘違いして、英語版ばかりの森に突入することもあるが、はっきりとした発音で、全世界の人が聞くことを前提に説明しているのだろう、これでも十分意味が受け取れるが、そもそも訳の分からないアプリの説明というストレスに加えて、英語を聞くという二重のストレスは、それが仕事ならば兎も角、今回は手習いなので、なるべくやりたくない。日本語のビデオの森を探して行ったり来たりしている。

大昔に購入したときは、パッケージ版だったので、大部の取り扱い説明書を読んで使い方を覚えた記憶が微かに残っているので、ある程度の基本動作は知った上ではあるが、今回のビデオ版は良くできていると感心した。

Photoshopはそもそも現像ソフトではないことは知っていたので、あまり使いたいと云う動機も無いままに今日まで過ごしてきたが、まあ、画像を生成するという動機を持つと、なんとしても使わない手はない。CS4は既にチュートリアルは破棄されているようで、分厚い数百ページの取り扱い説明書のpdfは読む気力を削ぐが、ビデオならばその点非常に便利だ。

いい加減、脳みそがボケて来たことは自覚しているので、ショートカットキーを多用する編集法はやや辛い物もあるが、それによって特別なクリエイトが出来るのだから我慢して、何度もビテオを回して覚えている。マックの説明が中心なので、時にwindowsのキーの説明が省かれていると、もう、訳が分からなくなることもあったりするけど、ジョジョに覚え始めた。

・・・・
今週は、ふとした必要性からPhotoshopを使うことになったが、これも転機と思って暫くはポストプロセスに没頭しそうだ。

持病の胃痛が起こって、(ヒスタミン)H2(レセプター)ブロッカーを馬に食わせる程飲んでも、痛みが消えない。H2ブロッカーは使いすぎると心臓に来ることもアリ、死人も出ているそうなので、無暗に飲むものではない。こういう時、アメリカの市販薬で最も原始的な炭酸カルシウムの錠剤に著効がある。なんで、日本に売っていないのか、真相は知らないが、まあ、重曹の様な物。重曹はナトリウム摂取過多になる危険性もあるし、一時しのぎでしかないが、アメリカの炭酸カルシウム錠はアンタァシッド(Antacid Tablet)として広く売られている胃酸過多対応の薬剤。大抵どこのスーパーにでも売っている。これが胃痛には良く効く。

今夜はそろそろ寝ようと思う。

|

« Adobe ID復活 | Main | 人形町 谷崎 »

Adobe_」カテゴリの記事

Comments

薬用の重層は薬局でも極めて安価に売ってますね
http://www.amazon.co.jp/dp/B002UIHAOO
錠剤も一応あるようです

酸をアルカリで中和する
確かにシンプルで効きそうですね
俺はクリエフ胃腸薬と言うのを飲んで済ます
中身は炭酸水素ナトリウムが多めに入っていて要するに重層の錠剤なんですが
俺や家人にはとてもあっていてスマイルというドラッグストアチェーン店で買ってます

Posted by: . | May 17, 2014 03:32

散薬の重曹は日本薬局方の物が売っています。一回分(3g)ずつ分包されているもの(リンクを付けていただいた物と同じもの、僕も買いました)もありますが、結構高価です。一方、家庭用食品添加物として売っている物は成分的には出所(工場)が同様なところの筈なのですが、1キロ1000円しなかったと思います。一般的にスーパーに売っている食添は200グラム400円位でやや高いものもありますが、同じスーパーの洗剤売り場を注意深く探していると、明らかに「食品添加物」と表示されているものが1キロ詰だったりしています。

ようは、包装料金の差の様です。3グラムはティースプーン1杯ぐらいなので、適当に飲んでも大丈夫です。

この辺りの事は、医療用酸素と、工業用酸素が全く同じ物(原理的には)だということに似ていて、事実工業用酸素ボンベの工業用というころを消して、医療用として販売されている場合が多い(1000L物など)のです。ただし、医療用の場合は、日本薬局方に準拠しているため、取扱い注意書きが小さく折りたたまれて、ビニールの袋に入ったのが、首のところにくっついているだけです。(笑)これで、価格は何倍にもなっているはず…。不思議なことはいくらでもあります。

以前はこの重曹を重宝していましたが、塩基がNaです。つまり、大量に使うと食塩を取り過ぎた時と同じ弊害が出ます。僕は高血圧症なので、最近は控えているという次第です。
アルカリという意味では炭酸カルシウムは然程Phが高くないので、食べる時の違和感もない。どうして、日本で一般的に売っていないのかも不思議な事です。

Posted by: Kuusuke TARO くーすけ太郎 | May 17, 2014 18:56

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« Adobe ID復活 | Main | 人形町 谷崎 »