« 5000万画素カメラの話題 | Main | エリーは何故特高に捕まったのか・・・マッサン »

February 19, 2015

次回FOMCは3月19日

日経平均が15年ぶりの高値だという。18200円ドコロはITバブル以来の高値だそうだ。

ここで、強気と懐疑心が入り乱れている。特にFOMC議事録が発表されてドル円為替はやや円高に振れている。米国の利上げ観測がやや後ずれするかもしれないと、市場が嗅ぎ取ったからだ。
次回FOMCは3月19日からだそうだ。その時点でも特段の政策変更がなくとも、かつてイエレンがハトの豆鉄砲宜しく「引き締め」発言の時期に言及したことが修正されるとみる向きがある。
この懐疑心が頭をもたげてくると、値ごろ感もあり、日経平均は目先の天井を見極め始めるように思う。ドル円為替が円安の勢いを一旦削がれる時機に同期するように・・・。ドル高の根源である米国金利政策の予想がずれてきたからだ。

現在もっとも計算しづらいファクターは原油価格低迷の影響だろう。リグ数の減少傾向がはっきりしてくると、需給はタイト化すると期待されるが、この低迷の根本的理由を地政学的に解き明かすことは困難だ。しかし、OPECが匙を投げたかに見られた価格維持システムの破壊は案外地政学的事情によるものなのかもしれず、予想し難い。

一つだけ間違いなく云えることは、原油価格が安くなってエネルギー関連企業業績が一時的に悪化するにせよ、日本という国にとってそれはネガティブな要因ではない事だ。

まあ、太陽電池などいわゆる再生可能エネルギーの勢いが削がれるとか副作用は多いとは思う。そもそも、再生可能エネルギーというのはかなりの強弁で成り立っていることから、そのメッキが剥がれるかもしれない。また、高効率なシステムの構築の模索が必要だろう。でも、其の事自体がイノベーションへのカタリストとなる筈だ。

今のマーケットは一時のユーフォリアに酔っているのだろうか・・・。

|

« 5000万画素カメラの話題 | Main | エリーは何故特高に捕まったのか・・・マッサン »

Financial Markets」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 5000万画素カメラの話題 | Main | エリーは何故特高に捕まったのか・・・マッサン »