« ウヰスキーあれこれ | Main | マイナンバー制度 »

March 16, 2015

馬鹿と莫迦

馬鹿と莫迦の違いを知らない。では、僕はバカなのだろうか。
ふと、「バカの季節」とかいう題の記事を読みながら、黙考した。

どうも馬鹿は日本製熟語らしい。

ところで、

バカとは、自分かバカであることが分からない事だというのが最も妥当な回答ではないか。

もっとも社会的害悪があるのが、「自分は悧巧だと勘違いしているバカ」。特に、その人が社会的に影響力を持ってる場合、周囲(国家、世界レベルでも)の人々に大変な迷惑がかかる。

ちょっとTVを眺めても、そんな人いるでしょう。

で、もって、

アタシバカだから…という人は、結構偉いのかもしれない。でも、通常そのような事をのたまう人は、本当は「然程バカではない」と思っているのではないか。

僕には「あほー」の方がよっぽど「バカ」よりもキツイ貶し方に思えてならない。
阿呆には明らかに意味がある、一方、馬鹿も莫迦も文字からは「バカ」の意味が取れない。

(注、関東と関西とでは、阿呆と馬鹿の意味(貶しの強度)が逆転しているらしい)

やはり、僕は自分がバカかどうかわからない,どうしようもない莫迦か馬鹿に違いない。

それにしても、「バカの季節」は面白い記事だった。

|

« ウヰスキーあれこれ | Main | マイナンバー制度 »

culture」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« ウヰスキーあれこれ | Main | マイナンバー制度 »