« 馬鹿と莫迦 | Main | 今日はどうしても書きたい検討結果について、事情により書けない »

March 17, 2015

マイナンバー制度

現在政府が検討している「マイナンバー制度」が戸籍にまで使われる事になるであろうという記事を読んだ。

日頃感じている事なのだが、この制度は極めてサイバー的合理性を感じるものの、近代民主主義が多くの犠牲と血を流して勝ち取ってきた「基本的人権」と感覚的に相克する合理主義に思えてならない。

銀行口座から、パスポートから、戸籍まで一気通貫で見渡せるのはコンピュータだけではなくて、そのコンピュータを支配する政府という名に隠された自然人の集まりであること、考えると身の毛がよだつのだが・・・。

そもそも、支配するのは政府という個人集団であり、政府という人は居ないことに気づかないのかなぁ。・・・支配者と被支配者とを簡単に作り上げられる下地が段々と整備され始めたという危機感、ないのかなぁ。

|

« 馬鹿と莫迦 | Main | 今日はどうしても書きたい検討結果について、事情により書けない »

social insight」カテゴリの記事

Comments

漠然とした危機感は俺もありますが…………
とは言え俺のような財も才も能もない小物にとってはむしろ利便性の方が
大きいかもしれません
そうしょっちゅう使うものでもないでしょうが何かの拍子に入院とかしても
これ自体が保険証だったりキャッシュカードの代わりになったりすれば
退院時に面倒なことをしなくてすみそうですし
こういうものは結局蓋を開けてみるまでは良いか悪いか確実な判断が
着きづらいので悩ましいですね

Posted by: . | March 18, 2015 02:12

国家性善説のようなものが前提なんですかね。マグナカルタ以来の歴史は国家権力から市民在権への流れだと思うし、別の言い方をすれば、問答無用の支配力から脱し、合理的な統治制度を求めてきたんだと思います。
この新しい仕組みは相当のセキュリティーがないと、いつ何時、何が起こるかわからない・・・とういう意味で、僕も漠然と心配しているのであります。

Posted by: くーすけ太郎 | March 18, 2015 10:40

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 馬鹿と莫迦 | Main | 今日はどうしても書きたい検討結果について、事情により書けない »