« Fire Man by Nikon D40 | Main | SONY α7R II DxO markのスコア発表 »

August 28, 2015

SONY α7R II の解像力

Dsc_3862bwr
(写真と記事は何の関係も無い、が、↑は、D3300 16-80E)

インプレス・ジャパンが運営している「ガンレフ」という珍しく日本語の評価サイトがある。ここの解像力番付というのが、奇妙に面白い。

普通、解像力というのは素直に画素数に従うだろうというのが、どうも違うという事らしい。で、此のところずうっと、Nikon D800Eが一番の解像力となっている。
で、新型の810はそれよりも解像力は高くないのか調べてないけど・・・、

何が言いたいのか、・・・、解像力チャートで見ているらしいので、見方によって幾らでも読めるわけだけど、シグマのカメラは実際のピクセル数よりも解像しているという結果が出て来る辺りから不思議に思っていた。

そして、通常に考えると、Nikon D800Eと810とSONY α7Rとは同じだろうと云いたいところなんだけど、随分違うということらしい。もちろん、プライムレンズ込の解像力だけど、ソニーのゾナー55/1.8はとてもシャープなレンズなので、レンズ負けしているとは思えない。

そして、今日、SONY 7RのII型の解像力が発表されている。画素数が増えた割には、依然としてD800Eよりも低いスコアということらしい・・・?????

ここで、ふと日頃から思っている事がひらめいた。D800Eは素のD800があったので、まじめにAAFを省いた。SONYの場合と、810ではエンジンに僅かなAAFを噛ませている・・・ライカが良くやる方法・・・に違いない。

であれば、納得できる。

|

« Fire Man by Nikon D40 | Main | SONY α7R II DxO markのスコア発表 »

SONY α7R II」カテゴリの記事

Comments

くーすけ様は実際に写されたチャートをご覧になられましたか?
R II
http://photo1.ganref.jp/resolution/0/2839/original

D800E
http://photo1.ganref.jp/resolution/0/2242/original

俺は上の写真を見て「嗚呼なんてアンフェアな評価だろう」と思いました
実際のセンサーの画素解像力的に一回り小さく撮ることでチャートの能力を
補おうという事なんだとは思いますがこれで同じ土俵で評価されている
とはとても思えません
これで R II 側も同じ範囲で撮りなおせばおそらくモアレがもっと減って
おそらく数字はより向上すると思うのですよ
16Mpx の D4s とかはより狭い範囲かと思えばそこは D800E と同じ範囲
と申しますか 36Mpx のセンサー機までは同じ範囲でチャートを撮っていて
新型カメラは急にチャートを一回り広く撮るとはどういう事なんでしょう
もしチャートの能力を超えているという話ならそれは R II が D800E を
圧倒的に凌駕しているという話なるはず
こんなアンフェアな条件での比較なんて意味があるとは思えません
くーすけ 様はどう思われますか?

Posted by: . | August 29, 2015 06:07

リンク先、見ました。たしかに解像力チャートの大きさが違いますね。チャート自体は同じものだとすると、撮影距離が違う事になります。であれば、そもそも同条件ではないですね。センサー上に発生する空間周波数等価で計算しているのでしょうから、同じであると云いたいのでしょう。

でも、そもそも、モアレだらけになっている、何処に終点があるのかわからないチャートをにらんで、解像力何本というのは、殆ど水銀血圧計で血圧何ミリHgと云うのに等しく、測る人の主観が大部分で、精々有効数字は1-2桁でしょう。計算尺目盛、読み上げ精度5分の1の法則の様な物でしょう。

Posted by: くーすけ太郎 | August 29, 2015 12:53

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« Fire Man by Nikon D40 | Main | SONY α7R II DxO markのスコア発表 »