« くもり空 | Main | SONY 85mm F2.8 SAM はエルノスター型だろうか »

November 23, 2015

モヤモヤが晴れたのかもしれない

Dsc033431200
窓の向こうに光が見えてきた。

一月ほど、体調が悪い。原因は幾つかあって、その1つは、11月4日に下顎7番のインプラント再埋入手術をうけたことだ・・・。インフルエンザの予防接種もその後受けたところ、暫く風邪のような症状が続いていて、僕にしては熱っぽい。で、だるい。その傷跡はいまだ縫合していて、あと一週間待つこにとなっているので、食事が気軽に出来ない。
余計なことに、7月に糖尿病(警戒、自主コントロールの範囲)と宣告とれてしまって、落ち込んでいた。糖質はビールも避けるようにした。

9月初の地中海、一週間バルセロナ滞在は大いに愉快だったが、一人行動ばかりでちょっと物騒で、街中をほっつき歩く前に、ぎっくり腰になってしまって、帰りのトランジットでは這うように通り過ごした。

10月からは例年のことだが、ヒドク忙しくなる・・・来年6月まで・・・・

で、此のところろくに写真が出来なかった。とはいっても、学校の課題期日は必ず来るので、その前の週は徹夜か、湯鬱な居眠りをつづけていた。僕のポートが山の様に有るとはいえ、人に見せるために真剣に撮り始めたのは、学生のころを除くとここ数年の事、そんなに無数に出て来るものではない。僕も一応生業は写真ではないので、なおさらだ。

で、11月になってから、新しいシリアスかつ大量の出品課題が既に決まっていることを知らずにいた事に気づいで、あまりのことにビックリして、そのまま憂鬱になっていた。どうしよう、どうしよう・・・。撮影時間もない・・・。

で、今月は殆どレタッチの稽古をしながら、悩み、悩み、で、生業そっちのけで過ごしてしまった。

今日も、熱っぽくて重い体を起こして、薄曇りの夕刻、マジックアワー前に家を出て、それこそ横町の煙草屋までの間に見えるものを、写してみた。その枚数まあ50~100枚ていど。
ただし、フィルムは再高感度、最高再現性のあるSONY a7R Mk2 、レンズは85/2.8という不思議な力の抜けた良い玉と、ゾナー55を持ったつもりだったのだが、間違えて、28/70/3.5-5.6 OSをバッグにいれていた。大きさが似ているから仕方ないのだが、まあ、このレンズにしておいてよかった。ズームは楽だ。

で、まあ、90枚ほど写して、途中で食事をして、帰ってきたのが8時過ぎ・・・。
今、それをいじりまわしているところだ。

なんとか、入り口と出口の関連が分かってきた様で、如何写すと、如何云うのが出来るのか、現在の時分の能力で出来ることを見極めることがてきた。

カメラはα7R Mk2(新型)・・・・このカメラは、電子シャッターが全面的に使える高級カメラだし、良いカメラだと思っている。残念なことは、あたりまえだけど、ニッコールを完全リンクで使えないので、結局純正レンズを揃えないと、使いにくい。
今回は、古いSONY 85/2.8 SAMというチャチなレンズで遊んでみたが、遊びにしては、感性豊かなレンズだと思った。

何か、窓の外に光が射しているが見えたような気分になった。

|

« くもり空 | Main | SONY 85mm F2.8 SAM はエルノスター型だろうか »

photo art」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« くもり空 | Main | SONY 85mm F2.8 SAM はエルノスター型だろうか »