« 麦秋礼拝 2014 | Main | ICCプロファイルって本当はどうやってインストールするのだろうか? »

February 19, 2016

ハーネミューレ

EPSONに画材用紙というのがあって、これを使おうとした。すると、ドライバーの設定は兎も角、プリンタ設定したところ水平プリント以外受け付けないことが分かった。結局、マット紙ということにしてプリントした。出来栄えは幾分発色がブロードに見えなくもない。

ハーネミューレというドイツ製の高級紙がある。これのICCプロファイルさえ自己のプリンタに合わせられれば素晴らしいプリントが出来そうだと思って、いつも使う通販サイトで売っているだけのマット紙を購入した。(もちろん、各1箱ずつ)
あとで、ICCプロファイルをダウンロードする段になって、あっと絶句した。この紙のドライバー設定はエプソンの最高級マット紙のなんとかいうベルベットなんとかに合わせると云う。

つまり、これも水平プリントしないとだめだと分かった。

ワザワザとても高価な紙を買ったのだから推奨どおりに使わないと気分が悪い。

僕のプリンタは現在固定式で背中のクリアランスが狭い。つまり、A3サイズだと水平プリントは個人的事情で出来ない。

暫くしたら、シャックの整理をするので、それまではお預けとなりそうだ。

|

« 麦秋礼拝 2014 | Main | ICCプロファイルって本当はどうやってインストールするのだろうか? »

photo art」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 麦秋礼拝 2014 | Main | ICCプロファイルって本当はどうやってインストールするのだろうか? »