« Wikipediaの「写真」の項目にある解説は恐ろしく時代遅れだ | Main | ボーイング787  egg no.1 »

February 28, 2016

花は咲けどカメラを持たず・・狂気と非凡の境について

今年はカメラを引っ提げて歩く暇がない。
ふと、狂気と非凡…ここで非凡とは巷間知られているエクセレントの意味ではなくて、普通ではないという程度の意味で書いている…について考えている。

非凡であることはある種のブレークスルーを出しやすい性質だとして、狂気は必ずしもそうでもない…だけど、狂気じみていないと非凡にならないじゃないかな。

シュールレアレストは一種歴史的事例と考えられていフシもあり、今それをまねすることは単なるマネでしかない。では、ミロはその輝きを失っているかと云えば、そんなぁこたぁない。

結局、その時に受け入れられた人は名声を享受し、非凡ながら受け入れられない場合は生前幸せになれないだけかもしれない。この差は大きい。つまるところ、こんなピュアな精神の活動の場でさえ、コマーシャリズムが入り込んでいるともいえる。

まあ、カネの稼ぎ方というのは幾らでもあるので、それはそちらの方面でよろしくやれば良い訳で、ピュアな方はずっとピュアでイケないものなのだろうか・・・そんな風に思いを巡らせながら、二日酔いの頭痛を堪えながら過ごしている。

他人から狂人と思われても何ら苦痛を感じない人、そういう人になりたいものだ。

|

« Wikipediaの「写真」の項目にある解説は恐ろしく時代遅れだ | Main | ボーイング787  egg no.1 »

photo art」カテゴリの記事

Comments

>他人から狂人と思われても何ら苦痛を感じない人、そういう人になりたいものだ

でも見知った方が「アイツおかしい」と言われると悲しくなります
俺自身は自他ともに認める変人であると通してきたので「アイツおかしい」
は至って普通の評価ですが俺の見知った人が俺と関係ない場所でそう言われたら
悲しくまた腹立たしく感じ言った人のところに乗り込んで行って言われた人に
かえって迷惑をかけてしまったり
まったく自分勝手なものなのであります

さて先日お約束いたしました SIGMA sd Quattro H ですが残念ながら
DCレンズはケラれてしまうそうです
そうなるとDGの広角がやや不足している感じです(そして今日話しをした
SIGMA の人はまだ現役の 12-24mm F4.5-5.6 II DG HSM の事を失念されていた
ART Line とか Line 分けする前のレンズですから影が薄いのですかね?)

Posted by: . | February 28, 2016 at 23:25

泥酔亭狂人の僕としては、まあ、他人のことをとやかく言えるようなものではないのですが、…そうですね。

ところで、SDの件、貴重なレポート有難う御座います。画素数すら把握していないのですが、極普通に考えればクロップで良いんじゃないかなぁとおもったり、別のモデルにしているということは、また新型センサーの開発費用が莫大に係ったのかなぁ…なんて、余計な事を心配したり、ひょっとするとAPS-CとHとで値段が倍半分も違うのではないか等…色々心配しなくてもようようなこと、考えています。
ともかく、ありがとうございました。僕は週末泥酔して過ごしていました。(笑)

Posted by: くーすけ太郎 | February 29, 2016 at 16:03

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« Wikipediaの「写真」の項目にある解説は恐ろしく時代遅れだ | Main | ボーイング787  egg no.1 »