« プリントが終らない | Main | 写真に疲れ切った2か月 »

March 02, 2016

写真とは何かという大愚問

_51417011000





時々、写真とは何かという話になりそうになる、が、互いに解りきっているので、それ以上の議論はしない。

近頃僕がおもっているのは、写真というのは、鉛筆や絵具、筆の様な物で、つまりだなぁ、手段であって、目的ではないんじゃないかなということ。

まあ、筆を持つのが苦手な人や、PCを始め機械が苦手な人も居るわけで、自分の好みに応じて使えばよいではないか。

写真を写すと、撮り手の内面が写るという話は昔からいわれているけど、それって、写真をストレートに写したぐらいでは、その程度のことしか写らないともいえる。とくに、ツマラナイ(下手糞な)散歩写真を見せられて、「あなたは見る人に何を伝えたいのか」なんて質問は、愚問だ。ハナから下手糞だねえと云ってやりゃよいだけなのに。

事ほど左様に、写真を文化的なものと真面目に考えていくと、ふと、バカバカしいことに出会って、えっ、あ、そうか、てな事に気づくんだぁ。

写真の普遍性は、画像記録具であるという一点だけだろう。それを持って何に使うのはは目的別に全然違う。その昔、PCを何に使うのかという話が盛んだったことに似てるなぁ。

|

« プリントが終らない | Main | 写真に疲れ切った2か月 »

photo art」カテゴリの記事

Comments

>ツマラナイ(下手糞な)散歩写真を見せられて、「あなたは見る人に何を伝えたいのか」なんて質問は、愚問だ。ハナから下手糞だねえと云ってやりゃよいだけなのに。

これが言えればどれほど楽でありましょう
しかし、世の中には「おつきあい」という名の鎖のようなしがらみがあり
「あなたは見る人に何を伝えたいのか」という愚問をあえて言わねばならず
テメェ自身そんなもの決めたこともないテーマとかシリーズとか表題とかを
意識して撮っていくといいですよ等と思ってもいない事を口走ることを
無言の圧力で強要されるのです

撮り始めたばかりの人間なんざ自分でも何が撮りたいか判ってもいないのだから
今のカメラはフィルム代も現像代もほぼかからないんだし目に留まった物を
片っ端から撮って行って数が溜まっていきゃあなんとなく自分の撮りたい物も
何をフォーカスしてるかもどう切り取りたいかも判ってくるのでそれから
それに合わせたアングルとかフレーミングとか配置だの焦点の置き方だの
好きに決めていけばいい訳で…………
「始めたばかりで評価とか採点とかどうでもいいから1枚入魂とかくだらないこと
言ってないで今は惰性でも数を撮り下ろせヘタクソめ!! カメラ1台シャッター
潰してから見せに来い!」
と威勢のいいことを一回くらいは言ってみたいものだなぁ
(でも真面目な人が本当にカメラのシャッター潰れるほど撮りまくったら
俺なんか舌を巻くような写真持ってこられて降参する羽目になりそうです)

Posted by: . | March 04, 2016 at 02:46

はははは、(大笑)

先日知り合いの知り合いに、カメラを屑値段で譲ったところ、その人がレンズは何を買ったらよいかとたずねられて、私の知り合いは絶句したそうです。何をとるのかいわずに、レンズはなにがと聞かれても答えられなかったと苦笑してましたっけ。

でも、写真は勉強しても上手くならないなぁと嘆いている自分がそこにダブっているのでありました。
軽薄もとい敬白

Posted by: くーすけ太郎 | March 04, 2016 at 14:20

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« プリントが終らない | Main | 写真に疲れ切った2か月 »