« NHK映像の世紀を見て嘆く | Main | SONY α7系の強みと弱み »

March 24, 2016

宇部再び

Dsc036061200


SONY FE 28-70・・・どうも好きになれないレンズだ。SONYの古いAPS-C用18-50だったか軽いレンズを2本間違えて買ってしまったのだが・・・これもタムロンよりもヌケが悪くて嫌いだった。どうも、SONYは比較的新しくて安いレンズに手抜きが有るんじゃないかと思われるフシがある。

何れの場合も、ヌケが悪いので、他のレンズ装着時と比べて明らかにボッとした線が滲んで無くなりそうな嫌な感じがする。ソフトというよりも、描写力が弱い。コントラスト(階調)が貧弱・・・。

上の事例は、コンピュータ(まだメモリは16GBのまま・・・笑)が止まっているんじゃないかと思う程マスクを何回も掛けて部分的に調整して、明暗や、輪郭感を目視のイメージに合わせている。この作業だけで30分位かかってしまった。それでも、肉眼で見た時の新鮮な感じは取り戻せていない。これ別のレンズだったらもっとメリハリ効くと思うんだけど。

|

« NHK映像の世紀を見て嘆く | Main | SONY α7系の強みと弱み »

SONY α7」カテゴリの記事

SONY FE 28-70mm F/3.5 - 4.0 OSS」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« NHK映像の世紀を見て嘆く | Main | SONY α7系の強みと弱み »