« シグマ MC-11に、キヤノン EF-Sマウントは入らない | Main | CANON EOS Kiss X7 (操作性) »

May 10, 2016

CANON EOS Kiss X7

もともと、根性が良くなかったのだが、Canon EF-s 18-55/3.5-5.6 IS STMというキットズームにしてはよくできているレンズをSONY のEマウントに装着しようと思いついたのがイケなかった。

レンズ単体で購入すると結構な値段がついているので、Kiss X7のキットで入手した。
このレンズがMC-11には装着できないことは直前の記事で書いた。物理的にハマらない。

それはともかく、もともとX7は発売当初から気になっていたのだけど、いい値段なので指を咥えていた。
それからどれ程の年月が過ぎたのかわからないけど、随分安くなった。で、レンズのオマケでボディーも一緒に買う事にした。

近年、キャノンのデジタル一眼レフの方がニコンよりも美しいと思ったことはあまりなかったのだが、このX7は非常に美しくで、外見だけだったら、D3300黒は相手ではない。明らかにKiss X7の勝ちだと思う。

現在電池充電中につき、ここまで・・・。

追記
APS-Cは一部の人々の間ではハーフサイズと呼ばれている。実際にはハーフよりももう少し小さい、特にキャノンは小さい。
で、僕なりにこれまでの経験から思う事は、ハーフならばカメラもハーフなりの小ささが無ければ意味が無い。
だから、ニコンのD7100(7000-7200)の如くフルサイズのD600-610-750などと殆ど区別がつかないカメラの大きさには辟易してきた。まあ、D500はD5の高画素クロップだと思えば、あれはあれでよいのだが。

その点で、X7は素晴らしい小型軽量だ。D3300が青ざめる程小さいし、軽い。それにニコンには現在パンケーキが無い。パンケーキと云えば、ペンタックスのS1とパンケーキの組合せは美しいのだが・・・PENTAXのエントリー型は大抵重たい。S1もえっと思う程重い。この点でもX7は一歩リードしている。

操作性や性能は何れ記事にする。

|

« シグマ MC-11に、キヤノン EF-Sマウントは入らない | Main | CANON EOS Kiss X7 (操作性) »

CANON EOS Kiss X7」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« シグマ MC-11に、キヤノン EF-Sマウントは入らない | Main | CANON EOS Kiss X7 (操作性) »