« 幸せと不幸の境目 | Main | アントニオ 南青山 »

May 05, 2016

東京都庭園美術館

D61_00661200


D61_00771200
Nikon D610  Af-s Nikkor24-85/3.5-4.5G

東京都庭園美術館

場所は白金台、目黒駅に近いらしい。
メジチ家の至宝展、ウフィッツ美術館所蔵のカメオや絵画の特別展があると、昼に聴かれ駆けつけた。

この年まで無知だったんだけど、ウフィッツ美術館って、メジチ家の財宝の所蔵館だったんだ。ウフィッツって随分変な音だと思っていたけど、オフィスの意味らしい。

いやー、勉強になった。

久しぶりに一眼レフでスナップやったけど、やはりデジタルの場合スナップには一眼レフが一番こなれていて使い易いなぁと思った。

ところで、このD610という小型フルサイズカメラには24-85Gが良く似合うと思って付けたのだが、このレンズはあまり気持ちが良いレンズではない。まあ、この辺りは、24-120/4.0Gだとか、APS-C用の16-80Gなど共通の気持ちの悪いディストーションと、なんとなく写りが悪い感じが好きではない。

この辺の小型標準ズームというのはフォーマットに関わらずあまり良い物が無いなぁという感想をもっている。

使用感を比較すると、案外バリバリにデジタル補正が利いているVario Tessar 24-70/4.0なんかの方がピシっと決まったりするから、解像力だけではない面がある。イタズラに解像力を追うことは、車の馬力を追う事に似ていると改めて思う。

|

« 幸せと不幸の境目 | Main | アントニオ 南青山 »

Af-s Nikkor 24-85mm F/3.5-4.5 G VR」カテゴリの記事

Nikon D610」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 幸せと不幸の境目 | Main | アントニオ 南青山 »