« IT難民 | Main | 糖尿病だぁ »

June 19, 2016

SONY FE70-200mmF/4をSONY α7R/IIに装着すると

僕はあんまり人を写す機会に恵まれてなかったので、スナップも含めてあんまりレンズにこだわりが無かった。
人物をそれなりの大きさに写したいときは85mmという強い選択肢が有るんだけど、スナップしかもバンケットだったので、ズームを選ぶことにした。24-70というレンジのズームは大抵70mmが緩めになる。特にソニーのはシャープじゃないし、今回は弩アップで写したかった。そこで、FE70-200/4か比較的新しいNikkor70-200/4GVRのどちらにしようかと思った。シャープネスはややNikkorの方が高いかもしれないけど、位相差式なので開放近辺しかもクローズアップで写すとAFをハズす確率が高いし、ニコンのデジタル一眼レフのMFはほぼ実用的に使う事は不可能だ・・・スナップでは特に。で、SONYにすることにした。(まあ、スナップなのでトリミングしやすいという点でもSONYの機材の方が高画素機を多く持っているという事情もあった)

余談ながら、一旦はシグマ50-100/1.8(SAマウント)という線も浮上していたのだが、これをSD-1に装着して使うのはちょっとストロボ(GN30程度でバウンスにするとISO1600は最低感度だ・・・)も持ってないし無理だろうなと思ったし、SONYに装着するとどうもAFがトロくてスナップには無理だと判断した。α7R IIに装着すると、手振れ補正の恩恵もあるし、18Mpixという比較的リーズナブルな画素数だし、ストロボも持っているし、ファインダーは小さくならないし・・・いいことづくめなのだが、如何云う訳かAfが迷う。で、SONY純正に向かう事になった。

特にSONY FE70-200mm4.0は軽便でシャープなレンズとして遠征用に、そして大体望遠レンズの被写体というのはあんまり解像力を必要としないのでα7(24MPix)の常用レンズだった。

ところが、丁度一週間前、このレンズをスナップ用にα7R(36Mpix)と7R II(42Mpix)とに装着した。スナップなのでピントの距離は2-3mだ。こんな至近距離で望遠使うなんて、と云われそうだけど、わけがっあっての事。(ちなみに新型のニコン70-200/2.8GVRIIだと近すぎてピントが来ないかもしれない距離だった)

α7Rに70-200/4を装着してスナップをやるのは論外だと分かった。AFが気が遠くなるほど遅い。II型にすると大分良くなるけど、顔の弩アップで片目にピントを合わせようとすると、手振れでピンがなかなか来ないという、一眼レフではあんまり経験したことが無い問題に遭遇した。
つまり、一眼レフだったら、位相差式でアクチュエーターの回転量を決めてから動かすわけだけど、ハイブリッド式だと、一旦は位相差式で大体の場所に持っていくものの、そのあとコントラスト式を併用する段になって、ピント位置が手振れしてしまうと、迷ってしまうのだろうか・・・と思った。

このあたり、此れ以上良い方法は無いと思っていたものの、実践でダメ・・・という残念な結果になってしまった。
勿論、きちんとピントは来るので、片目にピントを合わせるという目的では最も良いカメラだとは思うのだが・・・。

「片目」つまり、普通ならば手前の目にピントを合わせると、いい感じになる場合が多い。この辺は暗いレンズや、小さなセンサーでは全部ピントが来てしまうので、「何言っているの」という事に成る程度の話だけど、片目だけにピントが来る写真って、結構趣があって好きなんだけど。

|

« IT難民 | Main | 糖尿病だぁ »

SONY α7R」カテゴリの記事

SONY α7」カテゴリの記事

SONY FE 70-200mm F/4.0 G OSS」カテゴリの記事

SONY α7R II」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« IT難民 | Main | 糖尿病だぁ »