« PC調達が早まりそう | Main | 明日は移動日 »

August 26, 2016

ROMAで使ったNikon D3300

Dsc_08861200
ROMA, Aug. 2014撮影、Nikon D3300(赤)、AF-S Nikkor 18-55/3.5-5.6 VR II

2014年の夏、初めて南ヨーロッパを訪れた。フランクフルトから旅立って着いた空港はローマ、ダビンチ空港。
いきなり雲助タクシーに乗ってしまい。ボストンバックを一個車内に忘れてしまった。時刻は深夜2時ごろのできごと。
ボストンバックには、人工呼吸器、PC、α7R用の充電器、カシオの高級電波腕時計など、高価な物、しかも人工呼吸器のように命にかかわるものも入っていたので、その事件いらい暫く悔しいやら心配やらで、滞在中ずっと最悪の気分だったという記憶が今でも鮮明だ。

爾来、というか、昔からヨーロッパ圏内のフライトでは荷物が着かないことを多数経験しているので、最低限のサバイバルが出来る様に荷物を重複化する知恵はあったものの、まさか、手荷物のボストンバックをごっそり雲助タクシーにとられるとは予想していなかったので、大迂闊であった。当時のフラグシップα7Rは無事だった者の、充電ができなければ一週間の撮影は不能だ。

その後約1週間ローマに滞在したのたが、あまり問題なく写真が出来たのは、スーツケースに忍ばせてあった、Nikon D3300とAf-s DX Nikkor 18-400mmが有ったおかげだ。

このカメラはあまりにもエントリー機なので、親指AFが事実上使い物にならないなど、プロユースには適していないものの、親指AFの真の意味が分からない程度のユーザーであれば、大して立派なモデルだ。それに、付属のキットズームも頗る優秀だ。
多分、ニコンのエントリー機で親指AFが上位機並みに使えるのは無いのかもしれないので、サブとして持っていくとなると、現行機ではD7200あたりか・・・。
しかし、このクラスのAPS-Cモデルはフルサイズ並みに大きいので、一層の事D750/610などのフルサイズを使った方が精神衛生には良いかもしれない。

ただし、フルサイズ一眼のレンズ特にズームはムタイにも巨大であり、それも高性能のものほど大きい・これもこまりものだ。

まあ、下らない話はこれぐらいにして、要はメインで使おうとしていたカメラが使えなくなったとき、サブのカメラをどうするのかということになる。ここで、α7をサブに持っていけばよかったともいえるけど、電源が失われたので、ここではワークしない。

その後、この事件に懲りて、ソニーの電源システムはかなり充実させて、荷物間でもバックアップ可能な程の個体を集めた。

あとは、速射性なんだけど、そりゃSONYよりはニコンでしょう。ただし、D3300はバッタのようなシャッター音なので、どうもノリノリになることが無い。で、スナップ失格という考え方もあるだろう。

|

« PC調達が早まりそう | Main | 明日は移動日 »

Nikon D3300」カテゴリの記事

AF-S NIKKOR 18-55mm f/3.5-5.6G VR II DX」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« PC調達が早まりそう | Main | 明日は移動日 »