« エクセター 2日目 | Main | ハーフ・ティンバー(チューダー)様式 »

September 02, 2016

エクセターの大聖堂とその周辺

Dsc074421200


Dsc07439600


Dsc07434600

SONY α7R II  Vario-Tessar 16-35mm F/4.0

現在のエクセターは大学のある町で、特段の観光地というわけでもなさそうだ。ただ唯一、古い建物が街の中心部に多く、この美しさには圧倒される。

街並みは古いイギリスの様式である、半木造のチューダー様式(ハーフ・ティンバー様式)のものが目を引く。およそ、ドイツなど北ヨーロッパに多い様式ではあるのだが、なせかこれはイギリスの様式に思えてならない。

|

« エクセター 2日目 | Main | ハーフ・ティンバー(チューダー)様式 »

SONY α7R II」カテゴリの記事

Carl Zeiss Vario-Tessar 16-35mm F/4.0 FE ZA OSS」カテゴリの記事

Comments

日本の古い寺院を見た歴史好きの中国人は「これこそ大陸で失われた漢民族の伝統様式だ! 日本よよくぞ受け継ぎ残してくれた!」などといい
同様に歴史好きの韓国人は「これこそ失われた高麗の伝統的な~」などといいます
まあ確かに彼らの言う通り古代の寺院や宮様の宮殿などの建築は大陸由来のものな訳ですが、そこは日本独特の風土や材料や文化によって様式にアレンジが加わっており最早日本独自といっても過言でもないでしょう

おそらく くーずけ 様がご覧になっている街並みも大本はともかく同様に現地に帰化したその土地ならではの様式なのではないかと貼っていただいた幾枚かの写真を拝見しつつ思う次第であります

Posted by: . | September 03, 2016 03:57

確かに、筋替目がないとか…色々特徴を感じます。
かくいう僕も、チューダー様式風の建物を建てたことがあるので、興味を持った次第です。

Posted by: くーすけ太郎 Kuusuke | September 03, 2016 05:33

Summiluxです。
英国南部の民家はオランダ風に、フランス北西部は英国風に見えたりしますね。
第一次、第二次大戦の戦災に遭っていない所は見所ばかりです。
その点でドイツはほとんどが焼け野原ですから残念な気がします。

Posted by: Summilux | September 07, 2016 13:22

やはり、ヨーロッパで驚愕するのは、そこかしこにローマの遺構が見られることです。いかにローマが凄い帝国だったのか、驚くばかりです。
若いとき、毎週大英博物館にいってました。お金がなかったので、安上がりな暇つぶしのつもりでした。で、「ロマン・イングリッシュ」という部屋を見つけて、やや唖然とした記憶があります。なんでイギリスがローマなのか、その時は驚愕したものでした。

Posted by: kuusuke くーすけ太郎 | September 08, 2016 20:34

地面を数m掘り起こせば出てきてしまうローマ遺跡。ミラノなどではビル工事が捗らなかったりします。
しかしローマの後から来たキリスト教は産業革命までのほぼ1900年間欧州を停滞させたのも事実ですね。

Posted by: Summilux | September 10, 2016 01:00

昔読んだ「プロ倫」を思い出しました。

Posted by: kuusuke くーすけ太郎 | September 11, 2016 00:12

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« エクセター 2日目 | Main | ハーフ・ティンバー(チューダー)様式 »