« Voigtlander Heliar Classic 75mm F/1.8について | Main | デフューザーとアンブレラはどっちが良いのだろうか »

November 09, 2016

Canon EF-S レンズをSONYの新型に付けた場合

A63002351600

SONY α6300 + Commlite + Canon EF-S 18-55/IS


ここしばらくは、ブログupdateする元気も余力も、気力もなくて、暫し飲んだくれては寂しい朝(昼?)を迎えていた。

いったい如何したら良いのか・・・そればかり考える日々が続いた。
そして、夜中になると、手すさびでPhotoshopでゴリゴリやる内職めいた仕事をしていた。

さて、今日は少し気分を変えて、綺麗になった東京都写真美術館で杉本博司さんのロスト・ヒューマンを辛うじて見てくることが出来た。開催は13日までなので、あと数日。実は、会期は10月までと勘違いしていて、おしい事をしたと嘆いた居たのだけれど、友人に知らされて、今日は珍しく朝9時ごろ起き、出発。

手元のカメラは、初めて持ち出すα6300にCanon EF-S 18-55/IS 当然ながらシグマのMC-11だと物理的にEF-Sレンズは装着できないので、Commliteの8千円のアダプターにした。これで、俊足AF、手振れ補正が出来るはずだ。

(余談だけど、中国製の高度化によってカメラ機材の価格破壊が進んでいる、品質が悪いだろうという見方は当然あるけど、必要なだけうつればいいじゃないかという考えもある。最近お買い得だとおもったのは、このCommliteのアダプターの他、ライカM→Eマウントアダプターは2000円位だったので、ライカマウントレンズの本数だけ調達した。また、ガイドナンバー56のストロボが3000円、100mも飛ぶラジオトランスミッター(TTL可)も3000円台、ソニー7/6300などで定番のおバカ電池・・・あっという間に無くなる奴の社外品が2個と充電池込で2500円おまけに、車で充電できるアダプターまでついている、まあ、いつ爆発するかわからないけど・・・こんなのを買っていると、正規品は要らない。特にストロボのスレーブなんて、出力の調節さえできれば、どうせTTLは要らないし、・・・・。3000円ならば8個買っても30000円以内、ガイドナンバーは理論的には3倍位になる筈だ・・・)

部屋の中のテストではAFは快適だったが、どうも今日のような曇天になると、像面位相差が暴れる・・・ようは検出しない。この現象はシグマMC-11とタムロン24-70/2.8VCでも経験したこと。つまり、像面位相差というのは、条件を選ぶという事なのだろう。なにしろ検出領域が極めて小さいうえに、補助となる位相差式を併用しない組合せなので・・・こうなる。

此の点、ソニーの4型だったか、トランスルーセント式のアダプターでは何ら問題なく検出するわけで、やはり位相差センサーというのはいまだに像面式は厳しいという現実がありそうだ。

ま、そうはいっても、大きくても、キャノンのAPS-C廉価キットレンズ18-55mm/3.5-5.6 ISは銘レンズでシャープだ。キットで求めればタダ像全だし、多分ソニーの小さなキットレンズよりはキチンと結像すると思う。で、使っているのだが、AFが効かないと、機嫌が悪いカメラになってしまって、始末が悪い。レンズ鏡胴はチヤチイけど、まあその分軽いしいいじゃないか。次回はニコンので試してみよう。

どうも広角域で反応しなくなるということは、先刻確認済みだが、晴天だと問題が少ない。今日は今にも降りそうな曇天であったこともいけなかったのだろうか。

AFが暴れると、とにかく撮影スタイルがカッコ悪くなって、もう気分じゃない・・・。
やはり、a6500キットを時間を見て買うのかなぁ。とにかく、α6300の世代以降のソニーのセンサーは解像力(感)が高く、同じ画素数のセンサーと比較するとクッキリ写る。α7RIIが先代の7Rの二倍位写る感じがすると書いたが、その系統だ。

でも、やはりレンズはネイティブで使うのが良いのかなぁ。また、X7につけて、かわいがることにしようかなぁ。と、きょうはちょっと後悔しながら帰ってきた。とにかく、AFが素っ頓狂だと、写す意欲が失せる。

|

« Voigtlander Heliar Classic 75mm F/1.8について | Main | デフューザーとアンブレラはどっちが良いのだろうか »

CANON EF-S 18-55mm F/3.5-5.6 IS STM」カテゴリの記事

SONY α6300」カテゴリの記事

Commlite EF-NEX」カテゴリの記事

Comments

>中国製の高度化によってカメラ機材の価格破壊が進んでいる、品質が悪いだろうという見方は当然あるけど、必要なだけうつればいいじゃないかという考えもある。

最近の中国製品は結構しっかり作れてますよね
まあアダプターに関してはシグマと違ってUSBドックでファームアップデートとかできないでしょうし、クリップオンストロボにしても中国製のはハイスピードシンクロ(FP発光)に対応してないものも多かったですからね(最近のはできるものあるようですが)

本当に純正等同等の性能で安価になってくれるといいのですが、まあマクロで使う分にはマニュアル発光しかしないのでハイスピードとかTTLとかできなくても困りはしないですが

>像面位相差というのは、条件を選ぶという事なのだろう。なにしろ検出領域が極めて小さい

キヤノンのEOS-Mの像面位相差は確かF14くらいの光束で測光していたはずですね
おそらくソニーのセンサーもそれくらいではないですかね
F14ですと被写体のコントラストが落ちたりしますから環境光の光量が低い場所ではAFも迷いやすいかもしれませんね(まあ絞ってる訳ではないので回折とかではないのですが光束が狭いということは採光幅も狭まるでしょうし、そのもそもAFセンサーも数ドット程度で採光量が根本的に少ないですからね 最近の超低照度環境でも正確にAFできる専用位相差センサーとか比べるべきではないのでしょうが)

Posted by: . | November 09, 2016 03:27

アダプターのファーム、Commliteはシッカリしていて、ニコン用は既にver4です。updateのやり方はソニー純正レンズと同様なので、ドックなんかいらないんです。

Posted by: kuusuke くーすけ太郎 | November 09, 2016 11:03

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« Voigtlander Heliar Classic 75mm F/1.8について | Main | デフューザーとアンブレラはどっちが良いのだろうか »