« 本日の習作 | Main | SEL70-200G、A7/7R/7Rmk2 退院 »

December 13, 2016

SONY α7系カメラ、FE70-200/400G修理が始まる

入院してから何日が経過したのか既に忘れてしまったが、約3週間を経過したところだろうか。
夕方、サービス・ステーションから連絡があった。三台のα7系カメラ全てを預けたのが先週の金曜日だから、順当な経過とはいえる。

故障の原因がつかめたという。

一つは、レンズの中でIFを司る群ではないのかとおもうが、その操作機構の部品が故障していて、例の異音もそこから出ていたという。

次に、レンズマウントの電子接点部分が故障なのか、摩耗なのか不明ながら、ここを交換しなければいけないということだった。

因みに、古いα7とα7Rはカメラ側の接点の交換を勧められた。(1台約25000円位の費用)

合計して約約10万円の修理規模となった。あと約1週間で修理が完了するという事だった。

マウントの電子接点はニコンでも8年ぐらい前までは時々発生することがあったが、マウントの着脱で問題は解決していた。
ソニーとニコンは接点の力学的方向が違う。ソニーはキャノンやシグマに近い方法だ。これがそんなに致命的な接触不良を起こすと云うのはちょっと驚きだ。

いずれにしても、設計上起りそうな故障であれば、其処を疑うということを第一にしていたら、こんなに診断に時間を掛けることも無かったのではないか。と、思った。

いずれにしても、週末の遠征はニコンで行くことになりそうだ。

|

« 本日の習作 | Main | SEL70-200G、A7/7R/7Rmk2 退院 »

SONY FE 70-200mm F/4.0 G OSS」カテゴリの記事

SONY α7」カテゴリの記事

SONY α7R」カテゴリの記事

SONY α7R II」カテゴリの記事

Comments

>約1週間で修理が完了するという事だった。

その後連絡はありましたでしょうか? それとも…………ありがちな修理あるあるが炸裂!? してしまわれたのでしょうか?

(「1週間というのは土日祝を除いた7営業日のことです」とか言い出し、じゃあ7営業日後に取りに行くぞと伝えると「修理が終わったら連絡します」と返され、しかし、7営業日が過ぎても待てど暮らせど連絡などなく再度問い合わせると「年末で部品の調達が難航しております」と言われじゃあ何時までなんだよと聞くと年明けだと言われたが七草も鏡開きも成人式も過ぎ2月のバレンタインも迫り修理に出していたことも忘れたころに「追加で幾つか不具合があったから直しておいたので追加料金用意して取りに来い」と不意の連絡がありさらに揉めるハメに)

まあ冗談はさておき くーすけ 様もすでに年末年始のスケジュールでなにかとお忙しいかと思いますが更新を楽しみにしております

Posted by: . | December 22, 2016 at 03:33

失礼しました。群発頭痛が始まってしまって、対処に追われていました。
治ってきました。ただ、まだパッケージは開けてないので、実態報告が出来ません。
よっぽとショックに弱いのか、70-200/4は厳重な撮影クルーが使う様なアルミケースに入ってサービス窓口まで届けられていました。
それにしても、マウントの接点交換って、これまでやったことが無かったので??ですし、レンズの駆動機構の故障も、ユーザーの注意で防げるものなのか不明で、気味が悪いです。

Posted by: くーすけ太郎 | December 23, 2016 at 01:35

>接点交換って、これまでやったことが無かったので??ですし、レンズの駆動機構の故障も、ユーザーの注意で防げるものなのか不明

俺の知っている範囲では接点はミラーボックスを抜かないとダメですし、ミラーボックスを抜くにはメインの基盤を抜く必要用があります
要するにほぼ全部バラさないと接点の交換はできないというメンドくささ
まあここを交換するのは確かに高くつく話ではありますが、レンズ交換式カメラの接点がそんなに華奢なのはどうなのだろうって思うところでもありますね

まあレンズの駆動機構を保護するように使うなら縦横上下からの衝撃や荷重を避け常にまっすぐに構えて使うべきでしょうか?

駆動部分は確かに弱いので
>厳重な撮影クルーが使う様なアルミケースに入って
というのも確かに頷ける話ではあります

が、そりゃ事実上フィールドに持ち出せねーよ! って気がしますよね…………

良くも悪くもプロ用機材をウリに出してる2強や「台風の中で使っても平気です!」とか言っていたころのオリンパスのカメラやレンズとかは丈夫にできているんだなぁと思いますね

Posted by: . | December 24, 2016 at 00:47

これ程にヤワだとは思っていませんでした。ソニーのレンズリアキャップの縁が飛び出していて、バッグの中でゴリゴリやると取れてしまうとか…ソニーはフィールド使用に関しての知見があまりないのかもしれないと思ってました。
ま、衝撃に注意すべきならば、有料でも良いから、セミハードケースを用意するとか、やるべきことは有るように思います。取りあえず、暫くはスーツケースにいれるようなことはしないつもりです。

Posted by: くーすけ太郎 | December 24, 2016 at 21:20

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 本日の習作 | Main | SEL70-200G、A7/7R/7Rmk2 退院 »