« 遠野物語 第三部 | Main | あたらしい仲間 »

February 18, 2017

高画素機は本当に手振れに弱いのか

Dsc_7696


なんか、ぼうっとした写真だと云わないでほしい。
撮影は2日前、深夜の埼玉県内の某SA。

たまたま見えたオリオン座。D3以来、高感度カメラを買うたびに手持ち撮影を試してきたカメラだ。

今回は、既に4年ぐらいは使っているD800Eに最新のAf-s Nikkor 35/1.8G EDという金帯の無いレンズ。
開放、1/40sec ISO25600
まず驚いたのは、AEの正確性。露出補正が必要ないほど闇を見分けて適正露出に導く。

往年のテクニック数式、手振しないシャッター速度=1/焦点距離(35mmサイズ換算)

今回は35mmなので、1/40secはだろうな選択。

これで観察すると、中心部分の手振れは5-6ピクセル、外辺部分のベガだったか赤くて明るい★(ちがっいるかもしれないけど)20ピクセルぐらいはブレテイル。まあ、平均を出せば10ピクセルのブレということになる。
この10ピクセルを1ピクセルに収めるべく、シャシター速度≒焦点距離x10 という方法に改めて相当の年数がたつ。
これであれば、かなりの画はおちつく、ちなみに、焦点距離x10などというと大げさに思えるけど、絞りにして3段程度の話。

さて、この問題は1200万画素の時代よりきつくなったのか・・・と、考えると、何も変わっていない。3600万画素と1200万画素のカメラのセンサー素子ピッチは√3の違いであり、大した違いではない。

|

« 遠野物語 第三部 | Main | あたらしい仲間 »

camera science」カテゴリの記事

Comments

撮影は23時前後で月出の頃でしょうか。
手振れ防止はoffになっていると思いますが、興味深いのは画面上部と下部での露光偏差が大きいこと。
ベテルギウス(左上の赤い星)とリゲル(右下の青白い星)を比較するとよく分る。
1/40露光の間上下に2つの点状にぶれている。
ベテルギウスを上:下に50:50の露光だとすると、リゲルは20:80に見える。
レンズが上下に移動する間シャッタースリットも上下に移動して合算でこのような露光の偏差が生じたのでしょうね。
でも三つ星付近ではむしろ80:20にも見えるので上下だけでなく円周方向のブレも加算されたのでしょうか?
不思議な写真です。
私は星が点像でないカットは即廃棄しているので、こうやって観察する機会がありませんでした。

Posted by: summilux1777785 | February 18, 2017 10:23

まあ、酔っ払いではありませんが、10時間も運転した休憩時間。手振れも絶好調ですね。(笑)

Posted by: くーすけ太郎 | February 18, 2017 12:27

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 遠野物語 第三部 | Main | あたらしい仲間 »