« FujifilmのXマウントレンズ良いレンズ | Main | Fujifilm X-Pro2 限定版グラファイトSは酔狂な人向けではない »

March 23, 2017

Fujifilm X-Pro2 使用記

現在2台のFujifilm X-Pro2を使用している。一台はノーマル、もう一台は限定版グラファイトシルバー。性能的には変わらないけど、僕の仕事にはグラファイトシルバーの方が使い易い。
「え、色で使い勝手が変わる筈は無かろう」と思う人も居るが、ここは、ストリートシューター、スナップシューターの道具としての評価だ。
要は、アイコンタクトのあるスナップを標準にして考えると、X-Pro2はその革新的な技術力も含めて、ベストチョイスと考えられる。そのうえ、薄墨いろのボディーをまとうグラファイトシルバー(限定版)にたいするアタリ確率は非常に高く、良い表情がうつせる。

レンズはいまのところ6本用意しているが、今回の遠征では殆ど95%は23mmF/2.0 50mmF/2.0でこなした。たまには望遠も欲しいようなこともあるけど、まあ、50mm/2.0はかなりシャープなレンズなのでクロップしても十分いける。

ズームは予備の為に評判が良い18-50/2.8-4.5だったかやや明るい好評判のものを持参したが、一度も使わなかった。ズームは被写体の表情を変えてしまう。被写体は当然プロモデルではないわけで、自分に向けられたカメラが銃の様な物では表情が硬くなる。僕は一貫してリング式フードを華奢につけた23mm2.0で写し続けたが、このレンズも驚くほどシャープでズームの描写とは一皮むけた感じがする。

うすうす予感はしていたが、非一眼レフ型カメラつまり、レンジ・ファインダ風のカメラに対する人々の態度はいたって良好で、恐れが少ないスタイルなのかもしれない。

まあ、知らない人を写すなんて、酔狂なことをしていない人には関係のない話だけど。

|

« FujifilmのXマウントレンズ良いレンズ | Main | Fujifilm X-Pro2 限定版グラファイトSは酔狂な人向けではない »

Fujifilm X-Pro2」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« FujifilmのXマウントレンズ良いレンズ | Main | Fujifilm X-Pro2 限定版グラファイトSは酔狂な人向けではない »