« FujifilmがX-Pro2と名付けている理由がわかったような気がする | Main | Fujifilm X-Pro2 使用記 »

March 19, 2017

FujifilmのXマウントレンズ良いレンズ

Dscf01541600

Fujinon XFの単焦点はシャープでボケも良く、非常に素敵なレンズ群だ。


台湾撮影を敢行中。国家ライセンス保有のガイドさんを紹介してもらったので、通訳を兼ねてもらいながら、ストリーシュートというよりは人物撮影を果敢に遂行している。

僕一人ではとても写せない写真が写せる。これからも、ずっとお願いする事にした。

ところで、今回からストリートシュートには一眼レフの様な大きく見えるカメラを使わない、(標準系を含む)ズームも使わないルールとした。

一眼式のカメラは性能に比例して大きいのが多くて、被写体になる人をびっくりさせる。ズームも威圧感が有って、人が嫌がることを経験的に感じたからだ。

Super EBC Fujinon XFの銘をもつ、23/2.0と50/2.0のほゞ2本で大量の撮影を試みている。
此の二本はズームに比べて非常に明るくて、FujiのISO Autoを適切に管理すれば、ほゞ無敵の撮影力がある。何れも開放から非常にシャープだし、とにかく小さいので、古い街で座ってるおじいさんやおばあさんを驚かせることも無い。

ここ数年感じてきたことだけど、手振れ補正式レンズというのは望遠レンズでは莫大な威力があるけど、標準系ではあまり恩恵が無いばかりか、描写力がイマイチという印象がある。

最新の標準系、広角系単焦点レンズはとにかく明るいし、手振れ補正が必要とは全く思わない。少なくとも、ミラーの無いX-Pro2などでは確信した。

もちろん、一眼レフを未来永劫使わないと云っている訳ではないけど、人を写すには控えめに見えるカメラ・レンズが最適であことを改めて確信した。

都合により、人物の画像は掲載できないので、ご勘弁願いたい。

|

« FujifilmがX-Pro2と名付けている理由がわかったような気がする | Main | Fujifilm X-Pro2 使用記 »

Super EBC Fujinon XF 23mm F/2.0 WR」カテゴリの記事

Super EBC Fujinon XF 50mm F/2.0」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« FujifilmがX-Pro2と名付けている理由がわかったような気がする | Main | Fujifilm X-Pro2 使用記 »