« 面影橋界隈 #2 | Main | SONY α9はすごいカメラだけど年寄りの暇つぶし用ではないな »

April 09, 2017

ネット環境悪化につき暫しお休みします

光ケーブルで接続して10年以上が経過しています。
どういう訳か上りは100Mbps出ているのに、下りは1Mbps程度しか出ず、やる気が失せています。根本的な原因は不明ですが、ルーターの劣化と、回線そのものの問題、モデムの問題など様々なことが考えられます。

しばし、お休みいたします。

|

« 面影橋界隈 #2 | Main | SONY α9はすごいカメラだけど年寄りの暇つぶし用ではないな »

Comments

私のネットも光ですが2月以降ダメです、それまでは安定してましたが。
WIFI 5GHz,下り通常140Mなのですが最近は20M程度まで漸減してます。しかしPINGは11~16msを維持しています。
1Mまで下がるとは考えたくないが・・・。
上りは100M 前後を維持していますが。
たった今測定したらP:13ms D:77M, U:28M でした。なにが起ってるのか解りません。
Down が1MじゃADSLよりも酷いですね、携帯だってそこそこ使える時代なのに。
ともかく復活を祈念しています。

Posted by: summilux1777785 | April 09, 2017 at 23:10

恐縮です

Posted by: くーすけ太郎 | April 11, 2017 at 02:13

NEC のルーターが数日で通信速度が落ち2年で1/40まで速度が落ちるという話を聞いたことがあります
(ルーターをコールドスタートでリスタートすると回復するとか)
なのでユーザーは毎日再起動しているなんて話もありますが
昔は56kモデムで「おお!速い!!」などと喜んでいましたが、今は普通のページすらものすごく重たい世の中ですから通信速度が遅いのは辛いですね

Posted by: . | April 12, 2017 at 02:50

ルーターが消耗品であることは、光の黎明期から使ってきたので、承知しています。今回のはどう無線環境のセキュリティーが過度に低かったので、クラッキングされていて、過度の通信量になったため、NTTが回線を絞った可能性を感じています。いずれ5月初めに作業着手という感じです。

Posted by: くーすけ太郎 | April 12, 2017 at 11:19

インプラント撤去の検索で辿り着きました。なぜ撤去にいたったのですか?また、その後どうですか?
私も下あご6番に1本インプラントがあり、撤去することになるのではないかと危惧しています。私の顎には大きすぎるインプラントで元々唇側に骨がなかったのか、吸収されたのか、骨がないのが最近CT撮影でわかりました。レントゲンでは、しっかり骨に入っているんですよね。騙された気分です。インプラントを入れて11年が経過しようとしています。

Posted by: 白うさぎ | April 15, 2017 at 17:20

白うさぎさま
撤去に至った本当の理由ははっきりしませんが、ある日、本当の話ですが「いきなりステーキ」の5.5円/gのリブロースをがつがつ食べたところ、奥歯の辺りでガキっと大きな音がしました。咄嗟に思ったのは、奥歯のクラウン(金の詰め物)が外れた…でした。でも指で探ってもドコもとれていませんでした。
それから、1-2か月後、当該インプラント(下顎7番)がぐらつき始めました。手術した歯科医からは大したことない様な事を言われたのですが、別のインプラント歯を入れた別の病院医に聴いたところ、これはもうダメた。そうで、入れて1年2年であれば、補償してもらえるから入れた歯科医に相談しろということでした。
で、入れた所に行って、ぐらぐらの原因はインプラントの周りの骨が一部吸収されていて、ぐらぐらしている。多分、ステーキを食べた時に骨が割れたのでしょう。
そうして、大手術になったのですが、インプラント、および悪化したホネやその他の組織を一掃して、半年後ぐらいに入れ直したということです。保証はほんのわずかしかありませんでした。

Posted by: くーすけ太郎 | April 16, 2017 at 00:06

追記
骨が吸収されてしまった本当の原因は不明ながら、噛む力が強すぎて割れてしまった。炎症が起こり、吸収されてしまった。其のため、抜去して清掃してからは、骨は戻り半年後に、やや長めのインプラントを入れて今は何ともありません。2-3年前の話ですね。
ちなみに、私はもう一本反対側下顎7番も別メーカーインプラントですが、これは大病院の口腔外科と歯科が合体したところで、手術台に寝かされていれたのが約15年前、やや長めで細いモデルです。これはびくともしないのですが、細いので歯肉炎になり易く、最近のややテーパー状に上が太目のアパットが付くタイプの方が本当の歯の様で良いと思いました。この古い方も2-3年前にセラミック歯の欠けたところが頬裏にあたって痛いので、アパットから上を交換してもらいました。話せばもっと長い話ですが、おおよそこのような話です。インプラントは歯科医師によってメーカーがバラバラですので、潰れない様なことろでやってもらわないと、メンテナンスが出来ないこと思い知らされました。

Posted by: くーすけ太郎 | April 16, 2017 at 00:16

骨が折れていたので大手術となったということなんですね。入れた歯科医院でですか?大学病院とかでなくても大丈夫だったのですか?術後、大きな痛みはなかったのですか?隣の自分の歯は大丈夫でしたか?
くーすけさんのお住まいはどちらですか?都心でしょうか?私は、田舎に転居したため、ホントに苦労しています。

どれくらいの大きさのインプラントでしたか?
私は、かなり大きめで、6ミリ 長さが11ミリです。
質問ばかりですみません。
インプラントを撤去した経験者の情報は、ないに等しく、聞かせてください。

唇側の歯茎が薄くなり、インプラント体が透けて見える感じです。なのに、担当医は、周囲炎じゃないから撤去できないというし、撤去は難しいというし。東京の歯科医院でセカンドオピニオンをとる予定です。
撤去後、骨は回復しないかもしれないし・・・。インプラントは、大変だな・・・と、つくづく思います。撤去後は、一歯だけの入れ歯にするつもりです。インプラントはもう、懲り懲りです。

Posted by: 白うさぎ | April 16, 2017 at 17:06

住まいは都心に近く、入れた歯科医院と大病院ともまあタクシーで行ける距離ですので、大変ではありましたがなんとか修復した次第です。私が最も困ったのは、そもそも歯科医によって使うメーカーが違うので、これが違うと何もやってもらえないことです。
壊れたインプラントは既にぐらぐらでしたので、義歯が外せずアパット面(2ピースの上の部分)が外せなくても、スポンとり出せたのが幸いでした。このインプラントは今日的に推奨されている太くて短い(太さ6mm程度、長さ7mm程度?)の物でしたので、以前の大病院の先生にはそもそも短すぎると指摘されていました。大病院でいれた古いインプラントは太さ4-5mm程度の細さでしたが長さは11mm以上あり、15年程度経過してもなんの異常も有りません。

まあ、壊れさえしなければ太い物の方が歯肉との相性が良くて、歯肉炎が起きにくいという利点は感じます。古い細いものもやや太めのアパットに交換したものの、やはり歯肉炎はしょっちゅう起こりこまっています。

絶対に自分の歯と同じなんて言えませんね。

なお、抜去術は入れるのと同じ程度の大手術で、とにかく、余計な肉芽を全部掻破しないと骨が再建されないようですので、人の手で掻破する煩わしさから2時間ぐらいかかったような気がします。

私としては、古いの、そして、そのアパット交換、新しいの、そして抜去、新しいのその2と、実に5回も手術したような感じがします。

とにかく、安心できる医師とメーカー品で一生メンテしてもらえる確信がないともう嫌だと思っています。とはいえ、既に2つのメーカー品が入っておりヤヤコシイ事になってはいます。

Posted by: くーすけ太郎 | April 16, 2017 at 21:32

おはようございます。
くーすけさん、色々教えて頂きありがとうございました。撤去もただ、逆回転で簡単に取れますなどとネット上で言っていますが、ちゃんと、肉芽を掻破しないと予後も良くないということですね。信頼の持てる医院、大病院ですることが、ホントに大切ですね。

今週、東京の歯科医院でセカンドオピニオンを受ける予定です。感染していなければ、撤去する必要はないということですが、そう遠からず撤去となりそうです。

Posted by: 白うさぎ | April 17, 2017 at 08:05

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 面影橋界隈 #2 | Main | SONY α9はすごいカメラだけど年寄りの暇つぶし用ではないな »