« 五月祭に行ってきました | Main | 久我山のホタル 2017 »

May 25, 2017

Fujifilm X-por2を使っていると、フルサイズ一眼を使いたくなくなる

富士フィルムのカメラは最後発だったせいか、キー操作が融通無碍というか、うまく定まっていないという都市伝説もある。僕の場合は非常に有難いと思う部分が多い。

特にXシリーズ全般に云えることは、ミラーレスながら立ち上がりが非常に速い。一眼レフと同じではないけど、実用上許容範囲の立ち上がり。これにより、電力節約と、無用の設定エラーを防ぐことが出来る。この効用は非常に大きい。プロ用としては最低限の仕様とも云える。

その次に、X-Pro2の場合。AFをスポット式にしている場合、その位置移動が非常に素早くできて、有難い。僕が知っている限り最もやり易いカメラだ。もちろん、ゾーンフォーカスや、顔認識なども右目、左目選択などあり、ズボラなスナップや、急いでAFする場合には使い易い。

僕は老眼なので、EVFなどの視度調節は必須。これって意外とやり辛いのが有り、ニコンの上級機でもあんまり良くないし、モデルによって位置が違う。この点富士は良くできている。大抵、ファインダー左のツマミを左親指の腹で擦るだけで上手い具合に合わせることが出来る。この辺りも手慣れた感じがある。

AF-s/AF-c/MF切り替えも決まってボディー左手にあり、やり易い。

また、殆どの単焦点レンズでは絞りリングが機械的に装着されており、これも電源投入前に調整できるので良い。僕のレンズポートフォリオの中では、27/2.8だけが単焦点にも関わらず、ボディー側調節になっているが、超軽量レンズなので仕方ないか。

そして、このカメラを使うとフルサイズ使わなくても良いと感じる点、
一つ目は、レンズは小型ながら総じて明るめのレンズかつシャープな物が多く、センサーが小さい事の問題を殆ど感じないということ。まあ、ズームはそれほど良くはないけど、ニコンの安物ズームよりはマシな感じがする。
二つ目の点は、ISO AUTOの設定が玄人的だということ。これにより、最大ダイナミックレンジの確保と、手振れも防止が効率的に出来る。ミラーが無いことも有り、このカメラを使ってみて、手振れで悩まされることはない。

スペックで観れば明らかにSONYa7系の方が優れているように感じるけど、実際に使うと、印象は全く違うものになる。

|

« 五月祭に行ってきました | Main | 久我山のホタル 2017 »

Fujifilm X-Pro2」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 五月祭に行ってきました | Main | 久我山のホタル 2017 »