« July 2017 | Main

August 2017

August 22, 2017

橘モココさん

僕は自分で企画して女性ポートレートを写した事が無い。で、友人が企画してくれた。
モデルさんは橘モココさん

機材 Nikon D800E Af-S Nikkor 70-200/2.8 VRIII FL ラジオ式ストロボ1灯

Dsc_9130edit1600

| | Comments (0)

August 13, 2017

Photoshopの効果的な使い方 #1

D3a_3588edit


D71_1427edit1600


今日(こんにち)web上で展開されているSNSの写真自慢大会は、一定の傾向が有る。所謂撮って出しだと、誰も振り向かない。それがよほど画力に優れたショットでない限り必ず手を入れてある。
もう一つの傾向として、風景、花、動物など人物が入らないものが殆どで、日本の場合は肖像権という言葉が独り歩きしているため、ストリートフォト貧国に成り下がっている。の現象は世界的な写真の傾向と比較すると、流石に異常だ。

で、まあ、フォトショップを使ってツマラナイ写真をちょっとドラマ化した事例を2つだけ掲載してみる
この様な写真は、見る者に媚びた下劣な写真だと思うのだが、SNSにupすると数秒でいいねがつく。自分で作っておいてなんだけど、写真の品性が卑しくなっている。

誤解を招くことを承知で敢えて書くと、たくさんのイイネが付く写真は良い写真ではない。尖って無いから、みんなが心地良い。人の心に刺さる情念を、ねつ造した写真だからだ。

本当に良い写真とはなにか、古典に学ぼう。

| | Comments (0)

August 09, 2017

花火の写し方の事例 #3

世の通例本によると、花火は長時間露出で適切なタイミングで写せ。場合によっては比較明合成で画を整えよ。・・・ぐらいまでは書いてあるけど、花火に付き物の酷い煙の除去方法についてあまり詳しく書いてあるものは多分無い。
なぜならば、それは、上記の方法ではピクセル単位で消すぐらいしか思いつかないからだろう。

そこで、以下に猛烈な煙を消した事例を紹介したい。

D3a_8991edit1600



この方法は、あまり知られていないのではないかと思うので、事例紹介のみにとどめる。
この方法を使えは、殆どの場合煙は問題にならないと思う。

| | Comments (0)

花火の写し方の事例 #2

D3a_8972edit16002
花火の写真というのは下らないものだと数年前まで考えていました。
どうせ、花火だから・・・・。

ところが、これをちゃんと写そうとすると結構難しい。
先ず、皆がスマホで写す程度の物ならば、別に何でも良いのだけど、人よりも上手く写そうという魂胆のある人はかなり大変だと思います。

今回は一点、jpegで写すのはあんまりお勧めではないということです。jpegのダイナミックレンジは結構狭いので、ハイライトが飛んでしまう。特に花火の露出はその場でモニター見ながら視て決めることが多いので、その時モニターが明るすぎて露出を間違えやすい。

ところが、上の事例は実は40枚のjpegを合成して花火につきものの煙を古いショットから段々と消すことによりすっきり写す実験。ここで、物凄く良いカメラを持っている人は兎も角、無制限にRAWを10枚/sなどの高速シャッターで写せるカメラは少ないということがネックになります。

花火の写し方の一般的常識はRAWで絞りは結構絞ってバルブで適当な時間露出するやり方が知られていますが、この際の絞りはかなりシビアーに決めないと白トビがトラブルの元になったりします。

上の例は絞り値を間違った事例といえます。シングルショットで丁度良い露出にすると、白トビが段々大きく成って収拾が付かないと云う事例です。

私は花火が写りこんでいる風景写真はあまり好きではありません。そんな写真は売っているのを買えばよい主義です。でも、実際に自分で上手く写せるかというと、これがかなり難しい・・・そう思い始めて何年も経過しました。でも、いまだに上手く写せません。




| | Comments (0)

August 08, 2017

花火の写し方の事例

長年、花火なんてものは写した事も無かった。3年前に友達になった人から写し方を教わって、色々試してきた。
結局のところ、巷に転がっている様な寂寥感漂う、ロングシャッターの風景写真にはちょっと僕のガラではないと思うようになった。

どちらかというと、際物で行こうと今年は強く思って、例の28mm一本で写してみた。
目標は、ミロのシルクスクリーン調

機材、ニコンD3 AF Nikkor 28/2.8 (Dではない)

D3を引っ張り出したのは、僕の持っているカメラの中で一番早く連射して息づきしないで3万枚ぐらい写せてしまう。(まあ100枚で一度とまるんだけど)点、また、1200万画素というのは意外と使い易くて、花火のように解像力は関係ない分野では扱いやすい。D5を新規導入したところで、ダイナミックレンジは2EVも改善していないかもしれないので、花火程度ならばD3で十分という判断。

D3a_0052edit16002


D3a_7509edit1600


D3a_0090edit1600




| | Comments (5)

« July 2017 | Main