« October 2017 | Main | December 2017 »

November 2017

November 22, 2017

ヨーロッパの本格派写真のトーンについて

P9050356edit1012

意外と話題にならない事が気になって仕方がない。

SNSやweb上をにぎわせている日本の写真の主流はあくまでも真を写す様な物が多く、デジタルになって更に透明感あふれるものが多い。

ところが、ヨーロッパの写真をみると、それは写真には違いないのだけと、細密なオールドスクール的な油絵のように広大なダイナミックレンジの迫力を残しながら軟調に仕上げていて、一目で日本人の出す調子と違う事に気づく。

この技法、どうやっているのか、ここ数年ずっと謎だった。海外の良識派の公募でも多くの写真の調子は軟調でトーン豊かななのにメリハリが効いている。

いま、その技法の謎に迫りつつある実感を感じている。
他人の写真を掲載するのはまずいので、自身が2013年に撮影した物を、再度現像して調子の出し方を探っている。カメラはライカXV

| | Comments (0)

November 21, 2017

50万枚の写真と共に山にこもります

作品の期日が段々現実のものになってきて、追加撮影に追われていたが、ふと思い返し、この15年間で撮影した約50万点の写真をレビューしています。そのとき気づかなかったので、「えっ、こんなのあったんだ」というのを随分発見しました。
これからしばらく山籠もりです。
Dscf3787editedit1600

| | Comments (0)

What is photography?

僕は70年代に写真の精神を学んだ。だから、今流行の写真は写真だと思っていなかった。当時、森山大道氏は前衛の写真家で、好きでもなかったが、振り返ると彼もやはり同じ写真の原質をとらまえている。
10年ほど前に、氏による「路上スナップのすすめ」という新書を買った。読まなくても何が書いてあるかすぐにわかったので、ペラペラめくって、やはり汚いプリントだけど、今になってみると趣があっていいなと思う。

これから書くことは多くの批判にさらされることを覚悟して書く。
僕にとって、写真で一番大切な事は、「誰にも写せない決定的瞬間(時、事、物)を写すこと」だ。皆が三脚を立てて待っているような写真撮りは写真ではないと思っている。もちろん、遊びとしては面白いし、それが風景であれば、何万円かで買ってくれる人も居るかもしれない。
でも、あなたは何万円あるいは何千円で売るために写真を写しているのですか…そう聞きたくなる。あるいは、自分の為に写しているにしても、もっと別のものを写した方が、もっと、あなたの写真は魅力的になりますよ、と言いたい。

皆が写せない、自分にしか写せない、しかもそれが人の心を打つ…そんな難しい話があるか、そう聞かれるだろう。

その原質は、ストリートフォトという分野を象徴している。ストリートフォトは本来写さなくても何の価値もない情景を写す、でも、それは後々、一枚しかない写真として残る可能性が有る。

そう思って、何十年も経ってしまった。

では、僕は何を写しているのかと問われると、一応風景も、ポートレートも写す、へたくそであることを自覚しながら。

今日の一枚は、そんな珍しいショット、
カメラはNikon D800E Af-s Nikkor 105/1.4E
_dsc062220241200
普段ニコン一眼レフは専ら業務用で、ポートレート撮影と、風景に限って使っている。でも、機材は重要なので、近年優れたレンズを出しているニコンは欠かせない。

105/1.4Eは素晴らしいレンズで、風景、ポートレートに最適だ、58/1.4Gも素晴らしいが、開放時のボケは本当に研究しぬいた結果なのか、不審に思う。ボケならば105/1.4Eの方が安心できる。
105/1.4Eは驚くべきシャープネスとボケが両立したレンズで、僕が勝手に驚愕レンズと呼んでいる5本に入る。
ちなみに、5本とは、SONY ZEISS FE ゾナー 55/1.8、SONY FE90/2.8G MACRO、Af-s Nikkor 70-200/2.8E VR、Super EBC Fujinon XF 50/2.0、 そして、この105/1.4E。
58/1.4Gも良いレンズだと思うが、開放絞りの時のボケ方がやや気になる場合がある。また開放時の高コントラスト被写体のヘリの部分のフリンジも気になる。
この点でも、105/1.4Eとは一馬身ぐらいの差を感じる。
なお、Nikonは僕の業務用カメラなので、3rdパーティーのレンズは買ったとしても戦力と考えないことにしている。
上に掲げた5本は何れもシャープネス抜群で、クロップし放題にもかかわらず、綺麗にボケるし、ピントも良く出る。
世の中、レンズやカメラの画質がどうのこうのという素人衆の噂話には疲れ果てた。

トータルで良い写真を撮る環境のために機材選びは重要だが、画質オタクのためにカメラはあるわけではない。

だから、僕は気の置けない友人のポートレートならば迷わずFijifilmの機材を選ぶが、相手がモデルさんだと、商業的かつ威圧感のあるNikonの大口径で写す。

トータルの歩留まりという点では、圧倒的にFijifilmのX-Pro2と優秀な単焦点の方がニコンの一眼レフと高性能レンズよりも高いと感じている。

だから、ストリートフォトでは、Fujifilmばかり使うことになった。特別なボケを表現したいとか、その手の話にならないストリートでは、ライカか富士かという選択だと思う。

| | Comments (4)

November 17, 2017

ボローニァ

イタリア北部にヒッツァが無いこと知らない人多いのではないか。
ボローニァは肉料理、日本で良く知られているのはボローニァ・ハム。
ラザーニァも美味い。
Fujifilm XPro2(a号機) EBC Fujinon 23mm F/2.0WR
Dscf2815
現在2台のX-Pro2を持ち歩いているので、一応a号機とb号機とに分別することにした。

| | Comments (0)

November 16, 2017

これはストリートフォト??

Barselona SONY a7R2 Vario-Tessar 16-35/4.0
Dsc01543edit
厳密にはストリートではないけど、この程度ならば、風情と人が写っているので、今日的にはストリートフォトとして出せるのではないかなぁ。

最近はストリートフォトに風景のような構図を求める事もあるし、その意味では今風のストリートではなかろうか。それに、ポージングしているわけでもなく、瞬間芸的に写していることも確かだし…。


| | Comments (0)

November 08, 2017

風景写真の見栄え

_dsc0507edit2024

ストリートフォトと掲げているのに、ちょっと無粋ながら風景の写真を掲載する。
たまには知人とでかけることもあるので、一枚掲載。
この画面で一番気を使ったのは、滝と手前の木の間の空間に感じる空気感、立体感。また、奥行き感。
このあたりは、写したときにはわからないが、後で手を入れる必要があるだろう。

| | Comments (0)

November 03, 2017

風景を写すレンズ

Dsc_49191000


Dsc_49691000
Nikon D3300 Sigma 18-200


この2枚は全く同じ時間帯、同じカメラ、同じレンズで写した。

2枚目は特に特殊加工したわけではない。色彩の調子だけ調整した。
なぜこんなに印象が違うのか、ズームは風景を写すと解像していない事。それを知らないで遠景をズーム望遠でバシャバシャうつして、後でガッカリしたこと、随分ある。

風景にはシッカリした大きなカメラと適切に描写力の高いレンズを使うという事なのだろうか。
僕はあまり風景を写さないので、久しぶりに遠景を望遠ズームでうつしてビックリしたという次第。

| | Comments (0)

November 02, 2017

Nikon D3300とシグマ18-200mm

普段全く使わない組合せ。
Dsc_466010002

Nikon D3300 黒+ 中国製縦グリップ Sigma 18-200/3.5-6.3 DC

既に型落ちで3万円台でかえるニコンのエントリーモデル、それに、カッコだけのオマケだけど、ニコンが供給していないはずの中国製縦グリ(電池が2個)そしてシグマの古い高倍率ズーム
カメラはともかく、このズームは古いし、レンズ評価サイトでも最悪の評点が付いているだろう。

なんでD3300なのかというと、単焦点の付け替えが面倒になったので、フジをやめてちょっとだけ高倍率を使ってやろうという魂胆。
縦グリは、純正品にはないので、つけるとちょっとカッコいいかもしれないだけ。
レンズも此れ以上ボロイのは無いかもしれない高倍率。

でも、こんな調子に仕上げるならば、何でもいいんだよね。という話。

ただし、ニコンのエントリーモデルはレリーズが渋いので、上級機種に慣れているとシャッターが落ちない・・・。速射できないという問題点はあり、ズームの方は期待してなかっただけに良く写ると感心。ただし、リリックな画像は期待できない。

| | Comments (0)

ストリートフォトブラファー

思えば40年間もストリートフォトばかり写している。
僕は写真専門の教育を受けていないので、肖像写真もライティングも見よう見まね。経験も少なくて、自分でも下手くそだそ思う。

考えてみると、自分の写真は殆どがストリートフォトと呼ばれる、まあ、写しても写さなくても良い、いわば無価値の写真を延々と写し続けてきた、という事になる。
Dsc_47841000
まず、商用目的にも展覧会にもあまり縁のない写真ばかりで、JPSなど大規模な公募展でも殆ど見かけることが無い、何気ない景色を写していることになる。

ストリートフォトを敢えて定義すれば、基本的には演出がない街の人々の風情、人が写っていなくても、市井の人々の営みが描かれた写真という事だろうか。

ストリートフォトはライカのような小型カメラの誕生によって可能になったという点では写真の歴史の中では比較的新しい分野だと思っていた。でもそう思っていたのは何十年も昔のことで、フィルム写真が殆ど姿を消して、デジタルが写真の能力を劇的に変化させてしまってからは、余り世の人から顧みられない分野になったような気もする。

かつてなかなか写せなかった天の川とかキラメく夜景などが市井のカメラマニアの被写体として跋扈する中て、ストリートフォトはその芸術性すら顧みられなくなりつつあるような気がして、悲しい、、と毎日毎日思っている。

でも、その様なキラキラした写真やドラマチックな風景にはどうしても抵抗感もあるし、まして写す技術もない僕のような老人はひがみながら毎日街角に立つ事しかできない。

ライカに強いあこがれをもった世代なので、どうしてもライカ風の写真を写そうと色々と最新の機材を試したけど、現行機種の中でライカのような写真が写せるのはライカしかない事にも気づいた。でもあまりにも高価で買えない。

デジタル一眼カメラはNikon、Canon、のほかほゞ全てのメーカーの古い機種新しい機種、何十台も試したけど、AFになって、さらにワイヤー式のフォーカスになって、昔流の写し方が出来なくなった。

現在愛用しているのは主にFujifilmのレンジファインダー風に見える小型カメラと、ニコンのフラグシップ級のフルサイズカメラにほゞ集約された。
この間、一時ソニーミラーレスフルサイズを3年ほど集中的に使った時期もあるけど、最新の9型は使ってみたことが無いのでコメントできないけど、7R2までは反応が遅くてストリートフォトには向かないと思う。海外遠征など機材に制限が有るときの風景撮影には抜群の威力だとは思うが。

Fujifilmの小型カメラは一にも二にもレンズが優秀で、驚いた。あれほど小さなレンズでニコンのプライムレンズに負けない美しい描写力が有るし、小型故の利便性は抜群だ。

ニコンを使うときは、威圧しなければ写せないような状況や、作品利用者の為に大幅なトリミングやレタッチが必要な場合に限る。現在最高級のズームレンズや、単焦点にしては異様に高価だけれど高い描写力がある新型ニコンレンズには高い信頼感を感じている。もちろん、レタッチ技術がなければ、やたら高解像力のレンズの問題点も逆に出てくる。

余談はさておき、ストリートフォトという分野を細々と続けてきて、きっと死ぬまでこのままなんだろうなと思う日々、明日もまた街に出ようと思う。

| | Comments (0)

« October 2017 | Main | December 2017 »