« 飛騨白川郷で雪景色撮影 | Main | 写真で何を伝えたいのか、愚問となった瞬間 »

March 09, 2018

Fujinon 35/1.4で流行写真の真似事実験 1

比較的最近発売されたFujifilm X-E3は小型軽便で一台だけ持ち歩くのには至極妥当なカメラだ。ただし、Pro2などとはAFの操作性が異なるので同時持ち歩きは勧めない。

ところで、super EBC Fujinonの35mm(ライカ判換算50mm見当)は2本ある、35mm F/2.0と35mm F/1.4…この二つは1段の違いだが随分描写が違う。

F/2.0はかなり小型で、多分ズミクロンよりも軽便なレンズ、ライカ判換算だとF/2.8に相当するので、まあ、エルマリートと比較したら妥当な大きさ。極めてシャープでオールマイティなレンズだ。僕はこれが好きだけど、50mm相当は僕の写真ではあまり使わないので、一応持っているだけのレンズだ、Fujonon 系のF/2.0は沢山あり、僕にとってはこれより、18mmF/2.0か50mmF/2.0が便利。

ところで、くだんのF1.4 35mmは、一応大口径であり、ボケ方が素敵なレンズ、今回これで色々実験しているので、実験経過を公開したい。カメラはX-E3。

_dsf0602edit1250
_dsf0606edit1250

|

« 飛騨白川郷で雪景色撮影 | Main | 写真で何を伝えたいのか、愚問となった瞬間 »

Fujifilm E-E3」カテゴリの記事

EBC Fujinon 35mm F/1.4」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 飛騨白川郷で雪景色撮影 | Main | 写真で何を伝えたいのか、愚問となった瞬間 »