« ニュージーランド縦走記 2 | Main | ニュージーランド縦走記 4 »

May 02, 2018

ニュージーランド縦走記 3

2018年4月15日
オークランド(Auckland)初日

早朝、飛行機はオークランド空港に到着した。
入管カードに最初の宿泊場所を記入ししなければいけないので、iPhoneのメモに書き込んであるつもりだった。どうも、文字化け…候補単語の選択間違いで、ホテルの名前が出てこない。
データ通信が飛行中は出来ないので、娘が用意してくれていた旅程表のpdfもダウンロードできない。往生して、当て推量でなんとかカード記入を済ませてパスポートコントロールを通過した。
昨年オーストラリアに入国した際も極めて厳密な調査票だったが、ニュージーランドも負けず厳しい。適当な事を書いて咎められると最低400ドルの罰金だという。

恐る恐る税関に差し掛かると、いきなりXレイを通せといわれる。ほゞ全員の荷物が検査されるようだった。

南太平洋のパラダイスには余計な物を持ち込むなとばかり、キャンプ用品を持っているかなどという問いも有る。

ともかく、オーストラリアよりも厳しい税関も通り抜けることができて、タクシーに乗ると、辺り一面豪雨。

娘は同日にシドニーからやって来てホテルで落ち合う予定だったが、カンタスの全便が運航停止になって数時間遅れることが判明した。

実はホテルの所在地も調べてなかったのだか、ついてみると随分と場末に感じられ、ちょっと困ったなぁと思った。オークランドの地理は全く知らない。

ホテルのフロントで交渉して、即時チェックインさせてくれないかと問いかけると、なんと早朝9時過ぎなのにOKだという、それもチャージはされないらしい。

オークランドの気温は23度ぐらいだが湿度が100%と、非常にムシムシする。ホテルの小部屋でエアコンをガンガンかけて、昼寝を決め込んだ。

夕刻、娘が到着して、食事に出かけた。

後で気づいたのだが、ニュージーランドは生牡蠣が美味しい。それも純粋の生もあるし、バターで絡めたのもまたおいしい。滞在中ほゞ毎日生ガキを食べた。
そして、すこぶるワインが旨い。毎日1本見当を平らげていた。

写真はオークランドタワーとホテルのレストランで翌日のランチに食べた牡蠣…2回目。
_dsf75341200


_dsf75391200

|

« ニュージーランド縦走記 2 | Main | ニュージーランド縦走記 4 »

story」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« ニュージーランド縦走記 2 | Main | ニュージーランド縦走記 4 »