« ニュージーランド縦走記 6 | Main | ニュージーランド縦走記 8 »

May 07, 2018

ニュージーランド縦走記 7

2018/4/18 Rotorua
北島のほゞ真ん中、ロトルアはマオリの聖地でもあり、世界遺産、巨大なカルデラ湖を臨む温泉街(??)でもある。
市内はもとより、周囲数十キロの範囲で噴煙、噴気が上がる異様な雰囲気を醸している。
噴気の匂いは亜硫酸ガスのほか、鉄、ヒ素、マグネシウムなど様々な鉱物がまじりあい、独特の毒身を帯びた匂いが漂っている。
カルデラ湖は10万年前に出来たと言われているが、いたるところにクレーターが存在し、スパはこの街の重要な観光資源。
この何ともおどろおどろしい景色に驚愕した。
市内には大型のスパもあるが、水着を着て入る気軽な浴場で、普段入浴になれていない人々が喜んではいる。カメラはは腐食が懸念されるので持参しなかったので、写真はない。泥んこ風呂に入ってみたのだが…。

_dsf76781500
_dsf76811500
_dsf76921500
_dsf7721edit1500
_dsf7732edit1500

|

« ニュージーランド縦走記 6 | Main | ニュージーランド縦走記 8 »

story」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« ニュージーランド縦走記 6 | Main | ニュージーランド縦走記 8 »