« September 2018 | Main | February 2019 »

January 2019

January 18, 2019

ビビアン・マイヤー・インスパイヤード ギャラリー

_dsf19221

ビビアンマイヤー・インスパイヤ―ドギャラリーに収載されました。
該当ページはこちらです  または、こちらです

| | Comments (0)

シグマのSAマウントはなくなるのだろうか

久しぶりにシグマのHPを見た。色々と大変なことになっているので驚いた。キャノンのミラーレスとの相性が非常に悪いらしい。ライカのLマウントに参入するという話、フルサイズミラーレスを作るという話。
非常に示唆深い話が沢山あるようだ。
これまで、ソニーのミラーレスで業界がゆすぶられ、数年たってようやくキャノン、ニコンも参入したフルサイズミラーレスは予想通り大変な衝撃だったようだ。

シグマはSDクアトロ/Hで一応ミラーレスを出しているけど、僕が使った印象では、風景など時間をかけて写す場合のカメラという印象で、僕のフィールド(はっとしてパッと写す)向きではない。格好も素敵な近代的カメラなのだけど、合焦も時間がかかるし、フルサイズではないのでレンズがもったいないし、SAマウントのサードパーティーはないので事実上シグマの新型レンズしか使えない。で、僕のSDクアトロもお蔵入りとなっている。

この間シグマはフローティング機構入りの極めて解像力の良いレンズ群を次々と発表してきた。風景にもポートレートにもどうぞということのようだ。でも、あまりにもレンズが大きくなって、僕は殆ど興味を感じてこなかった。

この過程でニコンはそれに負けない技術力を動員して名玉をたくさん出した。これは高価だけど純正が使えるという意味でありがたい。僕が一番息をのんだのは、Nikkor
70-200/2.8FL E VRや、105/1.4Eなど素晴らしいレンズが登場した。

キャノンは、電子伝達系がそっくり真似されていることから、互換性が取れないという戦略で対抗しているように感じる。これはずっと機械式伝達を続けてきたニコンにはできないことなのかもしれないけど、今後Zマウントでは何が起こるのかわからない。

その結果がシグマによるLマウント正式参入という構図なのだろう。

僕は解像力よりはシャッターチャンスを重んじる方なので、軽いフジフィルムXが好きでここ2年ほどずっとつかっている。24Mpixながら半分に切ってもA2プリントになんの問題も感じない。解像力だけでレンズやカメラを選ばないようにしている。

| | Comments (0)

January 03, 2019

英語版を充実します

Kat AK Roberts Home Page  の作製が始まりました

| | Comments (0)

January 02, 2019

謹賀新年

_dsf9171

今年も皆様に良い年となりますようにお祈り申し上げます。

撮影機材 Fujifilm X-Pro2(シルバーグレー) Super EBC Fujinon 18-55

| | Comments (0)

January 01, 2019

Nikon Z7 使用記 1

追記 露出補正をワンアクションで行う方法はある事が判明しました。簡易露出補正というメニューでSONYやフジフィルム並みの露出補正ができます。ただ、ダイヤルにメモリが刻印されていないので、電源投入前には確認できません。




本文
ニコンプラザで実際に触ってみるまでこのモデルには冷淡なほど興味がありませんでした。
SONYを数年にわたって10万回以上シャッターを押してきたし、ミラーレスはmicro43th以来次々と試してきた長年のカンで、メーカー初のミラーレスモデルを敬遠してきたことも影響しています。しかし、実態は違うようです。

2017年初から約2年間フジフィルムのミラーレス4台を使用し、合計20万回ほどシャッターを押す機会があり、今の私にとってメイン機材はフジフィルムX-Pro2です。非常に良いカメラですが、フォーカスがアクチュエーターのみで駆動するためにオキビンができない、MF/AFがつながらない(セレクタースイッチを動かすとフレームが動く)、AF Lockは出来るものの、レリーズAFが外せない(X-M3からは外せます)など、スナップシュートに致命的な問題があるにせよ、無音シャッターや、立ち上がりの速さ、EVFのタイムラグがほとんどないなどそれまでのミラーレスと比較すると非常によくできていました。
シャッターチャンスはライカMシリーズよりも確実に高いと確信しています。

フジフィルムXシリーズはAPS-Cではありますが、ローパス不要のアレイ設計で非常にシャープです。24Mpixの解像力を十分満足させるレンズも素晴らしいし、単焦点がレンジファインダー用のごとく小型であることも好きです。

では、なんで今ニコンにしたのか、それはアダプターを介してGタイプ、Eタイプレンズを使用した時の快適さに尽きます。micro 43thが出た時、それまでの43thレンズが使えるという触れ込みの割には、ほとんど使い物にならなかったのとは雲泥の違いです。

今回ハンズオンインプレッションをまとめると、
露出補正がワンアクションでは出来なくてニコン伝統の±ボタン押下で手前のマルチダイヤルを使う点を除いてほとんどすべての問題がクリア―されています。
EVFは鮮明でそのままでもMFに耐えますが、拡大縮小が即座に行えるボタンの設置は素晴らしい。余計なフリンジ検出はついてないようですが不要です。
キットの24-70/4.0sは沈胴式でちょっとヘンテコですが、その分小型軽量になっています。フードがやぼったいのでこれはメタルフードでも検討すべきかもしれません。72mm径ですからライカ風のはないと思いますが。
Fマウントアダプターはほぼ完ぺきでSONYにサードパーティーを接続した場合や、タイプ4の純正を接続した場合よりもはるかにスムーズで素晴らしい、何の問題もありません。
無音シャッターは説明書にもあるとおり、完全な無音にはならない物のほぼ問題なく使えると思います。LEICA M10(無印)のシャッター音の1/100程度に感じます。

初期設定からフジフィルム並みの使い方に設定するまで不慣れで1時間ぐらいかかりましたが、ほゞ違和感なく使えそうです。
バーストレート8枚/秒も高画素機とは思えない程に素晴らしい。
RAWが3つの大きさの記録が選べるのも素晴らしい、Z7で24Mpixの記録はありがたいです。フジを使い込んだのも年間撮影容量が1TBを超えるようになってから、46Mpixはいいけど大きすぎと思うようになったからでもあります。

ニコンのメインストリームデジタル一眼レフはD200/D300/D700/D800E/D850と使ってきましたが、重くて飛行機に乗せたことは数回のみです。私がフジを主に使っているのは被写体が海外にしかないものをテーマにしていますので飛行機に乗せられる基準による消去法による結果です。それまではSONYを使っていましたが、同じ遠征ですべてのカメラがバカになるという故障を経験してからは使っていません。フジはその点、トイレに落としても使えるという経験までしました。
カメラは機動性と性能、そして使い勝手のせめぎあい。今回のニコンミラーレスは非常に良いと思いました。

そして、蛇足ながら、このカメラはフジX-Pro2(APS-C 24Mpix)よりも小型です。

| | Comments (0)

Nikon Z7

【予告】
9月に発売されたNikon のミラーレスZ7  46Mpixの試撃ちを始めます。たまたま、D850用の電池、XQDメモリーなど大量に用意しておりましたので、すぐ使えるはずです。FマウントのGタイプレンズは全くネイティブ(アダプター必須)として動作することは確認済み。特に買うレンズはなかったのですが、純正のキット24-70/4.0はソニーツァイスのミゼラブルな解像力と比較してどの程度頑張ってくれるのか興味があります。
ともかく、2019年はニコンミラーレスの時代になるのでしょうか。
ミラーレスを使い始めて10年、歴代全メーカーのミラーレスを何台も試して、酸いも甘いも知り尽くしたつもりでいましたが、ニコンの実機を触ってこれは使えるかもしれないと重い腰を起こしました。
今、私の主力カメラであるフジにつづくミラーレスとして(フジの中判を退けて)採用するのか、その場合はいかなる理由か、きちんと説明してまいる予定です。
超望遠レンズは300mmのPFレンズしか持っていませんが、それ以外のレンズはAI 化以前のも含め最新型の大半、かなり網羅的にそろっていますので、それぞれどういう使い方ができるのか試してみます。
余談ながら、私は生涯にわたって超望遠レンズで写すことが嫌でした。仕方なく使うときは借り物で写してまいりました。

Z7

| | Comments (0)

« September 2018 | Main | February 2019 »