« February 2019 | Main | April 2019 »

March 2019

March 13, 2019

最高のカメラ、レンズを求めない

9歳、50年前よりもっと前、僕は一台のカメラを与えられしました。オリンパスペンです。32mmF1.9 Fズイコー付きのカメラでした。露出計は当時最先端の半導体式でEV値が測れました。
EV値はそのまま計算尺のような絞り、シャッターレングに連動した窓で探して合わせれば、絞りとシャッター速度の関係が分かります。
ピントは目測式でしたが、まあちょっと広角に近い標準レンズだし、フォーマットはハーフ(x1.4倍)だったので、大概のものは写せました。
これが、僕の写真原体験です。
中学生になってみんなが一眼レフを持つようになり、僕も親にせがんでアサヒペンタックスSP(植田正治氏愛用)を買いました。フルサイズになるとアウトフォーカスがはっきりわかる事、これ嫌でした。僕にとっては写真はパンフォーカスだったから。
家は金持ちではなかったし、親の方針で写真はご法度だったので、現像方法は隠れて覚えました。押し入れに現像バットを隠して、引き伸ばし機は自作しました。
真っ白な印画紙を現像液に浸すと白黒像が浮かび上がるさまはエキサイティングそのものでした。
19才の時、写真に造詣が深い叔父にニコンF2を買ってもらい。東京大学写真文化会に入りました。
レンズは28-50-105の3本でしたが、4年間その他に買い足したのは20mmと135mmだけでした。学生ですから、そんなものです。
当時思ったことは、入学の前年に亡くなっていた木村伊兵衛がライカ使いだったこともあり、ライカならもっとよく写るんだろうかなど…。いまとなってはバカバカしいことを考えていました。
その後、ニコマートELを2台目として購入しましたが、当時始まったばかりの縦走り鎧戸式シャッターの音には強い違和感を感じました。
16mmの小型カメラも007の影響で購入しましたが、レンズがトリプレットという、まあボケ玉だし、フィルムも35mから切り出して作るなどして、何とか使ってみたものの、ろくな写真は写せませんでした。
ポートレートを写すと意気込んで、友人にモデルを頼み、PENTAXやマミヤの6*7も使いました。今でもマミヤは押し入れにしまってあります。
結論から言って、当時のカメラ・レンズは今のデジタルと比べたらろくろく写らない代物でした。
でも、ライカにはあこがれ続けました。
カメラマンにはなれなかったけど、時々当時の仲間と会うと、ライカを買ったよという話を聞いて、気分がめいりました。
その後、しばらくはコンパクトカメラや、ローライ35、ミノックス35など小型カメラを使い続けました。もちろんNikonも。
いずれにしても、一番いいカメラというのにはいまだ巡り合っていません。
機材はやはりTPOです。
スナップならば、フジやライカ、ポートレートならばシャッター音が大きい一眼レフ、風景ならば中判。
携帯性を考えるならばコンパクト風のFujiX-E3など。
目的に応じて、良いカメラというのは違うのだとつくづく思います。
ちなみに、バイト以外で超望遠レンズを使うことがないのですが、これもいずれミラーレスに置き換わりそうです。

| | Comments (0)

March 06, 2019

カメラ・レンズマニアの皆様へ

世のカメラ・レンズマニアの方々につくづく思うことを話します。私の意見に興味のある方はぜひ読んでくださいませ。

最近開発されているカメラやレンズの解像力やボケ方などは驚異的に優れたものか氾濫しています。
でも、そんな驚解像の機材が必ずしも良い写真を写すかどうかは、目的次第で、ちょっと違うのではないかと思うんです。
最近の驚解像レンズのほとんどは驚重量レンズで持ち運び不便なものが沢山あります。でも、MTF曲線がフラットだと買っちゃう気持ちもわかります。
動かない物(物撮り)や、写されていることが分かっている人物(ポートレート)、どのような環境で写すのかわかっている場合(プロフェッショナル)等はそれでも良いと思います。

でも、私は素人なので、誰にも依頼されないし、だれも撮影許可をくれない、まあ、何を写すかわからない状態が9割以上です。
機材を選ぶときはなるべく素早く、必要最小限の精密さで写せる物を選ぶことになります。
すると、どうしても驚解像のカメラやレンズは選ばれません。持ち歩けないし、即座に(発見してから1秒以内で)写せないからです。
だからここ数年、SONYやフジフィルム、ライカなどを選ぶ機会が増えました。
この一年間、一度も(私の主力機材つまりほとんどのシステムを所有している)NIKONの一眼レフを使いませんでした。もちろん、D850もZ7も揃えましたが、作品撮影用に使う機会はまだありません。
私の様な者には、プロも使う一眼レフは分不相応に巨大なシステムで、使う機会が少ないんです。で、多くの(自分としては不満のない性能をもつ)機材を朋友に使ってもらったりして、元を取っているというところでしょうか。

私は20代初めに父から餞別でもらったローライ製テッサー40mmをずっと使ってきました。目測ですし、ろくに写らないのだけど、40年間で残された写真は宝物です。
テッサ―はロシア語でインダスターというのかな。今ではライカM10にそのインダスター50mmを装着して、でたらめな絞り表示をペイントで直したり、ビゾフレックス(最新のライカEVF)でピントを出して写してみたり、昔はどう写っていたのか確認したりしています。

意外と知らない人が多いので、一言追加します。
古い設計のライカやカールツァイスのレンズは今の驚解像レンズと比べたら相当ぼんやりしています。でも、そんなレンズで銘写真が生まれてきたことも事実です。
最近のボリウッドムービーを見ながら、写しているのか、描いているのか分からない精細画像の連続に、撮影というのは死語になってしまいそうで怖いです。

| | Comments (0)

March 04, 2019

四谷写真塾 第14回 合同展開催されます

Content

四谷写真塾は日本写真学園(~2005)の精神を受けついだ、当時の講師陣を含めた現代写真で活躍する人々の写真塾です。今回第14回目の合同展が四谷の日本写真文化協会ビル5Fで開催されます。

ぜひ、ご覧ください。
四谷の日本写真文化協会のビルは、

〒160-0004
東京都新宿区四谷1丁目7番地12 日本写真会館5階

■一般社団法人 日本写真文化協会事務局
平日:午前10時~午後6時【土・日・祝日・年末年始を除く】
TEL:03-3351-2463 FAX:03-3353-3315

■ポートレートギャラリー
平日:午前10時~午後6時(最終日は午後3時終了) 無休【ゴールデンウィーク・夏期・年末年始を除く】
土・日・祝日:午前11時~午後6時
TEL:03-3351-3002 FAX:03-3353-3315

※最寄りの交通機関より
・JR「四ツ谷」駅→四ツ谷口より徒歩3分
・東京メトロ・丸の内線「四谷」駅→1番出口より徒歩5分
・東京メトロ・南北線「四谷」駅→2番出口より徒歩3分
上記・最寄り駅より「四谷見附」北交差点から「綿半野原ビル」方面へわたり、三栄通り左側約2~3分、1Fコンビニのある建物(日本写真会館)の5F。
です

| | Comments (0)

« February 2019 | Main | April 2019 »