AF-s Nikkor 16-85mm F/3.5-5.6 G VR DX

December 04, 2016

12月に入った

D30_12191000


Nikon D300 /DX Nikkor 16-85/3.5-5.6VR

| | Comments (0)

November 20, 2015

目白通りの目

D30_22301200


このチョット、「よーろっぱ」それもカタルーニャを連想するような景色、今もさほど変わっていないと思う。

道に出て、ちょっと歩いた辺りまでに被写体が有るとは確信する程には信じてないけど、犬も歩けばなんとかということは有るかもしれない。

一つ余談だか、この時期Nikon D300を盛んに使っていたのだが、このカメラはあまりシャープに写らない。と、確信している。

同じ画素数ではあるもののD700の方が俄然シャープだ。これは、サイズが倍半分違うからといってしまっては、身もふたもないが、其れを差し引いても、それぞれのローパスの設計と、レンズの性能差(フルサイズはAPS-Cよりもレンズ性能に寛容)による所が多そうだ。そして、この時期盛んに議論されたFOVEON X3センサー (当時は400万画素)との比較感でいうと、いい勝負。FOVEONはシャギーではないので、モザイク式よりは良く写るという程度で、流石に400万画素はモザイク式の1000万画素級程度であることが、あれこれ試して、漸く実感してきた。

特にずうっとこのx3センサーの色がとてもユニークだと思っていたのは、モザイク式でもなんでも現像ソフト側で緑の彩度を下げると同じ傾向になることも解った。FOVEONだけがユニクであるというのは、その設計構造という点ではその通りだが、作品にし上げた時に差が出るかというと、FOVEONは高感度ノイジーだという点の方が却って面白い効果が出て、本来の高性能部分ではないところで、artが出来る様な気がしている。だから、まだ、僕はFOVEON付のカメラは数台残している。ただし、実用には一切使わない。

FOVEONの最大の長所は多分低感度(ISO100)域における広大なダイナミックレンジではないだろうか。ただし、RGB公平に広い訳ではない。

↑の写真はNikon D300

| | Comments (0)

November 13, 2015

疑問

D30_22141200_5

撮影機材 Af-s Nikkor 16-85mm F/3.5-5.6G VR   Nikon D300

| | Comments (0)

December 28, 2014

ホノルル通信 2014 4

今朝ようやく目覚めて、島東部に位置する、KUALOA RANCHを訪ねた。KUALOAというのは地名だが、Ranchは昼飯ではない。あちらはlunchとかく。RANCH 99とかいうショッピングモールが有ったが、あれもおなじだ。昼飯だと思っていると恥をかくことになる。

↓の写真の如くジュラシックパークを初め、数々の映画のロケに使われた広大な土地が広がる、もともとカメハメハの持ち物だったのだそうだがそれを何某博士が譲り受け、現在は何代目だか6代目とか聞いた。

もともとの目的はここで馬に乗ることだった。しかし僕のような巨漢を乗せられる馬はやたらとはいないので馬選びは結構大変だったようだ…笑。

ま、馬には大変申し訳なかったが、一応目的は果たした。このような景色を眺めながら馬と気持ちを通わせるというのはいいものだ。
Dsc_2992


Dsc_3038_3

| | Comments (0)

March 25, 2014

去年の今頃 (2)

東京開花宣言が出た。が、一日中会議だったので、外に出ていない。妙に暑い日だった。下の一枚は、昨年の出雲。(去年掲載したものを再掲) 

この一枚のほか、この日の撮影で、Nikon D7100と周辺の一般用Nikkorが解像していないことに気づいた。どう考えても、D800E + 70-200/4.0 VR IIIや、SONY α7R + Vario-Tと比較した場合、線分方向の解像力でさえ2倍以上違う様な気がする。(下の一枚では、リサイズしているし、アンシャープマスクがリサイズ時にデフォルトでかかっているので、解像していないと書いても、そうは感じないかもしれない。プリントでもA4程度では問題はない。が、実際に僕は本気で解像してないと、本当に、そうおもう、この程度の内容ならば、D800E、7Rならば、バリバリに映し出すと思うのだが、この元ファイルにはディテールのない画像が残っている)

D71_0361

| | Comments (0)

March 24, 2014

昨年の今頃

今年は予定が狂ったように毎週末シバ刈りに追われている。あと数回で終わると思うので、4月になれば少し気楽になるだろう。
今週末までに東京は開花宣言が出そうな気配。今日あたりも良い陽気で気持ちが良かった。今年はヨーロッパから友人が来ていて、丁度満開のころ再会する予定なので、楽しみでもある。桜の木は今では海外にも沢山あるけど、日本のようにどこかしこにあるというたぐいのものではない。

思えば、ソメイヨシノという品種はそろそろ寿命が来ているような気がする。その出自は最近のおかしな報道が済州島などといっていたが、一般には江戸、染井の産、吉野桜と大島桜かなにかの交配種だったはずだ。こんなことは、DNAを調べれば判るんじゃないのかなあ。

とはいえ、ソメイヨシノは実をつけない。つまり、現在全国に散在する個体は全部同じ個体を分けたものだ。これは、驚きだ。

さて、昨年の今頃は、出雲大社に行っていたことを思い出した。

Nikon D7100 16-85G VR
D71_0307

| | Comments (2)

March 11, 2014

STOP

Nikon D7100  Af-s DX Nikkor 16-85 G VR
D71_0587

| | Comments (0)

December 04, 2013

外川の記憶

撮影は、2012/9/17.。一年以上前の出来事だ。外川は銚子の南の端にある天然の入り江を上手く活用した、ひなびた漁港。40年前、展覧会を間近に控えて、何か写さないととんでもないことになる頃までジクジクなやんでいたのが、ここに来て、シメタという釣果を得たことが、私と外川の腐れ縁になっていた。

今は深夜だけど、もう昨夜になってしまった夕べの席で少しアルコールを過剰に摂取してしまったために、寝床に入っても寝つけず、再び起きて、いつも巡回するルートで見るべきサイトを回っていて、ふと、ここの事が気になって、古いファイルを掘り出してきた。私のファイル整理は別に何かのインデックスがついているわけでもないけど、日付順で機種毎、場所事のフォルダーを並べている。だから、掘り出すときは、まず何時うつしたかを思い返し、年月のアタリが付けば殆ど発見できる。

もう少し丁寧に説明すると、最大のフォルダーは、保存用の大フォルダー、次の階層は年毎の階層、したがって、デジタル写真(今のところ)や、フィルムスキャンの巨大ファイルもこの範疇で整理されている。年フォルダーの下は、年月フォルダー、年月フォルダーの下に、「日付_機種_場所」のフォルダー名が簡記されたフォルダーが並んでいる。この命名は工夫があって、日付はたとば20131004(今日)のように書いてその直後に機種・場所の情報を簡単なルールを作ってコンパクトな名前にする。

普段、PC本体には2年分程度のファイルしか置いてなくて、それ以外はNASのアーカイブと、サブPCのアーカイブで二重化にしている。

ところで、
今回のはNikon D5100 + 16-85mmG VRという、ベストカップルによるもので、当時同じショットが掲載されたかは覚えてないけど、急にに懐かしくなったので、再度掲載しようと思った。
銚子犬吠岬は初日の出に好適な場所だけど、外川はちょっと遠いので初日の出の人がそのまま訪れるとは限らない。私の場合も、白子海岸辺りから被写体を求めて北上した結果、40年前に出会った記憶がある。当時ここで写した作品は我ながら良くできたとおもったので、今でも私の生家に飾ってある。銀像の素晴らしいことは、退色も変色もしていない事。富士ブロマイド恐るべしである。
12/4 2013 深夜にふと思いついて、掲載に及んだ。

Dsc_0093 Dsc_0107 Dsc_0120

| | Comments (0)

November 06, 2013

41

D30_0776


| | Comments (0)

その他のカテゴリー

Adobe Lightroom | Adobe Photoshop CC | Adobe_ | AF Nikkor 28mm F/2.8 (S new) | AF-P Nikkor 70-300mm F/4.5-6.3G ED | AF-S NIKKOR 18-55mm f/3.5-5.6G VR II DX | Af-s Micro Nikkor 105mm F/2.8 G VR | AF-s Nikkor 105mm F/1.4 E ED | AF-s Nikkor 12-24mm F/4.0 G DX | Af-s Nikkor 14-24mm F/2.8 G | AF-S Nikkor 16-80mm f/2.8-4E ED VR DX | AF-s Nikkor 16-85mm F/3.5-5.6 G VR DX | Af-s Nikkor 18-140mm F/3.5-5.6 G ED VRII DX_ | Af-s Nikkor 18-200mm F/3.5-5.6 G VR DX | Af-s Nikkor 20mm F/1.8G | AF-s Nikkor 24-120mm F/4.0 G VR | AF-s Nikkor 24-70mm F/2.8 G | Af-s Nikkor 24-85mm F/3.5-4.5 G VR | Af-s Nikkor 24mm F/1.8G | AF-s Nikkor 28mm F/1.8 G_ | Af-s Nikkor 300mm F/4.0E VR | AF-s Nikkor 50mm F/1.4 G | Af-s Nikkor 50mm F/1.8 G for Df ver. | Af-s Nikkor 70-200mm F/4.0 G VRIII | AiAF Micro-Nikkor 60mm F/2.8D_ | AiAF Nikkor 20mm F/2.8 D | AiAF Nikkor 35mm F/2.0D | AiAF Nikkor 80-400mm F/4.5-5.6 D ED VR | art culture | camera flash | Camera Lens shoping | camera science | Canon EF 24-105mm F/4.0 L IS | CANON EF 40mm F/2.8 STM | CANON EF-S 10-18mm F/4.5-5.6 IS STM | CANON EF-S 18-55mm F/3.5-5.6 IS STM | CANON EF-S 24mm F/2.8 STM | Canon EOS 5D Mark II | Canon EOS 6D | CANON EOS Kiss X7 | car insight | Carl Zeiss Biogon 28mm F/2.8 ZM | Carl Zeiss Distagon 24mm F/2.0 ZA | Carl Zeiss Loxia 21mm F/2.8 | Carl Zeiss LOXIA 35mm F/2.0 | Carl Zeiss Planar 50mm F/1.4 FE | Carl Zeiss Sonnar 55mm F/1.8 FE ZA | Carl Zeiss Sonnar FE 35mm F/2.8 ZA | Carl Zeiss Vario-Sonnar 16-80mm F3.5-4.5 ZA | Carl Zeiss Vario-Tessar 16-35mm F/4.0 FE ZA OSS | Carl Zeiss Vario-Tessar FE 24-70mm F/4.0 ZA OSS | Chinema | CINEMA | clustaer headace | Commlite EF-NEX | Commlite ENF-E | computer | CONTAX T2 | count down | culture | culture and science | Digital camera insight | digital sensor science | EBC Fujinon 23mm/F2.0 WR | Financial Markets | Foigtlandar MACRO APO-LANTHAR 65mm F2_ | food | Foreign Affair | Fuji Film X-E2 | Fujifilm X-Pro2 | Fujifilm X100s | Gardening | Geographical Insight | Hasselblad X1D | Health | INDUSTAR 50mm F/3.5 | iPhone | K&F KF-150_ | Kenko mirror lens 800mm/8 | LAOWA 15mm F/4.0 Wide Angle Macro with shift | LEICA D Vario-ELMAR 14-50mm F/3.8-5.6 OIS | LEICA SL | Leica X Vario typ107 | LENSBABY | Life | Lumix G 14-84mm F/3.5-5.6 OIS | LUMIX G20mm F/1.7 | LUMIX GF1 | LUMIX L10 | m Zuiko D 12mm F/2.0 | M. ZUIKO D. 40-150mm F/4.0-5.6 | M. ZUKIO D. 14-42mm F/3.5-5.6 II R | mental health | Nikkor 20mm F/4.0 | Nikkor PC Auto 105mm F/2.5 | Nikon Capture NX-D | Nikon COOLPIX S8200 | Nikon D200 | Nikon D3 | Nikon D300 | Nikon D3300 | Nikon D3x | Nikon D40 | Nikon D40x | Nikon D5100 | Nikon D600 & D610 | Nikon D610 | Nikon D700 | Nikon D7100 | Nikon D800E | Nikon D810 | Nikon D90 | Nikon Df | Nikon F6 | OLYMPUS E-5 | OLYMPUS E-P1 | OLYMPUS E-P3 | OLYMPUS OM-D E-M10 | Olympus OM-D E-M5 | PC-E Micro Nikkor 45mm F/2.8D | PENTAX K-S1 | PENTAX K-X | photo art | photo science | Photo Technic | PhotoShop | printer | private_ | rumors | SEAGULL DF1000 | Seagull_ | SIGMA 150mm F/2.8 APO MACRO DG HSM | SIGMA 17-50mm F/2.8 DC EX OS HSM | Sigma 17-70mm F/2.8-4.0 OS v2013 | SIGMA 18-35mm F/1.8 DC Art | SIGMA 50-100mm F/1.8 DC ART | SIGMA 70mm F/2.8 DG Macro EX | SIGMA DC18-200mmF3.5-6.3 3rds model | SIGMA DP1 | SIGMA DP2 | SIGMA EF-630 | SIGMA MC-11 | SIGMA SD Quattro | SIGMA SD1 merrill | SilkyPix | social insight | socicial insight | SONY 85mm F/2.8 SAM | SONY E20mm F/2.8 | SONY FE 28-70mm F/3.5 - 4.0 OSS | SONY FE 70-200mm F/4.0 G OSS | SONY FE MACRO 90mm F/2.8 | SONY FE28mm F/2.0 | SONY FE50mm F/2.8 MACRO | SONY Image Data Converter | SONY RX100 III | SONY rX100V | SONY VCL-ECF2 | SONY α37 | SONY α6300 | SONY α7 | SONY α7R | SONY α7R II | SONY α9 | SONY α99 II | SONY α6500 | Street Photography | Super EBC Fujinon 18-55mm F/2.8-4.0XC | Super EBC Fujinon XF 23mm F/2.0 WR | Super EBC Fujinon XF 50mm F/2.0 | Tamron AF 18-250mm F/3.5-6.3 Di II (A18) | Tamron AF 28-80mm F/3.5-5.6 Asprcl | Tamron AF 70-200mm f/2.8 SP Di LD [IF] macro_ | TAMRON AF 70-300mm F/4-5.6 Di LD MACRO (A17) | TAMRON SP 24-70mm F/2.8 USD VC | TAMRON SP AF 90mm F/2.8 Di MACRO 1:1 (272E) | TOKNA 12-24mm f/4.0_ | Vario-Tessar T* FE 16-35mm F4 ZA OSS | VCL-ECF2 | VCL-ECU2 | Voigtlande NOCTON 25mm F/0.95 | Voigtlander Heliar Classic 75mm F/1.8 | VOIGTLANDER Super Wide-Heliar 15mm F/4.5 | whisky | world traveler | Zuiko D 12-60mm F/2.8-4.0 SWD | センチメンタルジャーニー