art culture

July 17, 2016

吉田博展

Img_3636900

郡山市立美術館で吉田博展が開催されている。
今日は連休中日だし、学芸員の方の講演会もあったので、駐車場には入りきれない程の車が集まり、講演会も会場を変えるほどの人が集まった。当然食事も出来ない程の人だかりで、東京の有名な展覧会の様だった。郡山市内とはいえ、やや離れた森の中の美術館が・・・ルノアール展もびっくりの盛況ぶりだ。
まあ、かく云う僕は月曜日に失敗して休館日なのに行ってしまって、今日は二回目の訪問だった。

こないだの「日美」で紹介されたことが切っ掛けで来た人が相当いたらしい。

僕は、原画と木版画とを比較しながらみつつ、これは一種の写真だと感じた。
当時の技法では、精密にカラー原画を写し取る方法はこの方法しかなかった。
そして、博自らが語るように、多くの人人に感動の風景を届けたかったのではないだろうか。・・・そう思った。

もしも、吉田博が今日まで生きていて、Photoshopを手にしたら、物凄く興奮して喜んだんじゃないかなぁ・・と思いつつ。記事最初に掲示した写真は、其のあたりの小細工を入念に行って、吉田博がやりたかったであろうと思う事のホンの万分の一を試してみた次第だ。なお、カメラはCanon EOS Kiss X7/18-55kit/ピクチャーコントロールは忠実再現、レタッチはLR CC(2015の 最新版)。

(余談ながら、Kiss X7と標準キットレンズは、今僕が最も便利で信頼できる常用カメラとなりつつある。システム性とか、拡張性とかを欲張らず、このキットだけでも色々と使えるし、なによりも小さくて、凄く軽いのが良い、そして、物凄く安い、難点はニコンとズームの方向が逆で・・・電源も違うし・・・ISOボタンも変な所に有るし・・・親指AFは*ボタンに割り振ったものの、位置が辺でどうもなじめないので、拡大ボタンと*ボタンの機能を入れ替えて、他人には想像できない様な配置で使用するなど・・・操作性はとうもねぇ・・・とは思うけど。予てNikon D3300を偏愛していたこともあるけど、D3300は広角系の安物レンズが無い、10-24というのはあるけど写りが良くない・・・。X7には安い軽い超広角ズームがあり、Nikon DXにもこういう安物で軽い10mm始まりで18mmまでで良いから、出してくれないかなぁと思う。また、シャッターフィールもD3300のブリキ系の音よりは、マシな点も良い。少しショックは大きいとは思うけど・・・。)

故ダイアナ妃の生前、執務室に掛けてあった、吉田の版画の謎解きはこうして一件落着となった。

それにしても、今回の展示はやや疑問点も残った。まず、展示室が暗すぎる。保護ガラスは仕方ないとしても、それの反射光が明瞭度を著しく落としている上に、号数が小さい作品が多いので、全くもって良く見えない。

蛍光灯を桟木で反射させる間接照明がお座なりであることが原因かもしれない。

額装もおざなりで、版画がひん曲がっているものが数多く・・・自分でやってももう少し上手にやると思ったのだが・・・。

| | Comments (0)

July 11, 2016

吉田博

「日美」で吉田博を取り上げてた。現在、郡山市立美術館で展示会が開催されている。
で、「すわっ」となって、今朝起き抜け・・・といっても11時ごろ家を飛び出して車で郡山まですっ飛んで行った。
美術館の案内には東京から2時間余りというような書きぶりだったのですっかり安心したのが失敗だった。
軽自動車が2012年から高速道路100キロで走れることになったことを昨日確かめたものの。実際には660ccのエンジンで100キロも出すと燃費が相当悪くなる・・・最近の軽自動車には瞬間燃費計が付いているのでそれはよく判る。で、一番燃費が良さそうなのは70-80キロぐらいに思えたので、「ゆるゆる」と走った。郡山まで4時間もかかってしまった。
で、ゴチャゴチャとやって美術館にたどり着いたのは3時過ぎ、

「あっ、門が閉まっている」・・・月曜日は休館日というのは普通の事なの・・・、自らを呪っても何もいいことは無いので、そのまま引き返してきた。結局連続8時間以上運転して先ほど帰ってきたという次第だ。

なお、この間の燃料費は2000円程度、高速代も片道5000円以内であったことがせめてもの救いだ。

| | Comments (0)

May 01, 2016

春画は猥褻ではないと誰が決めたのか

昨年、春画展の話題がNHKでも報道されるという事態が起った。それほど、話題性が高かったのか・・・。

でも、いったいいつから春画は猥褻ではないと、誰が決めたのか??

疑問だらけだ・・・。僕が思うのに、春画は猥褻な目的で製造されたものが、200年近くの時を経て、訳が分からない画になっただけなのではないか。

春画が良くて写真がイケないというならば、その違いは何なのか・・・木版画は良くて、銀塩やインクジェットはイケないのか、解像力の問題なのか、輪郭線の存在なのか・・・なんだぁ。こりゃ。

写真と版画の違いが定義できなくなってきているのに、・・・これって、何なのだろう。版画の様な写真ならばOKなのか??

広義の版画風ならばよくて、写真風ならイケないとすると、写真に対する侮辱ではないか・・。

あるいは、100年以上前に写したらOkなのか。

困ったものだ。

「猥褻かどうかは、時代と共に変化する」という説明が多いが・・・これって、馬鹿じゃないのかと思う。時代と共に人間の本能が変化するかのような、とても不合理は話になるからだ。つまり、社会が「猥褻」として非難するかどうかの尺度が時代と共に変化するならば、少し判るけど、その「社会」とは何かが問題だ。社会という実態は得体の知れない存在であり、結局権力主体が決定する事以外の何物でもない。
権力主体(主権)は、かつては王様なり、何なり、いわゆる偉い人だったのが、民主主義という近代の新発明によって、いつの間にか、平民の権利の如く巧妙に擬態した、為政者の権力に変質している。理屈上は、平民が選挙によって選んだ政府の権力なので、平民起源というのは詭弁であり、時の政府というものは、自在に勝手に権限を行使できる環境がある。これは、別にどこかの国の独裁政党でなくても、どこでも本質的には同じだ。

独裁者は英語風にはディクテイター(dictator)と云われるが、これってジュリアスシーザーの最終肩書きだったそうだ。原始共和制国家であるローマでさえ、独裁者が居たという事だ。

猥褻かどうかなんて、些細なことでかまけていないで、もっと自分の人権が深く侵されていないか、良く考えた方が建設的かもしれない。

| | Comments (2)

April 30, 2016

猥褻の境目・・・出家写真家的目線から

考えてももごらんなさい。ちょっと、変じゃあないかなぁ。
自分の体や、人の体が猥褻なのか、それを表現すると猥褻なのか、・・・。
裸で往来を歩くと、必ず捕まえられる。オマワリさんに。・・・。
じゃあ、原始人がタイムトリップして、銀座を歩いたら猥褻物陳列の罪になるのか。いやぁ、ゴリラみたいに体中毛だらけなので、ネコ灰だらけでOKなのか・・・。

最近思っても見なかった話だ。
今日でも時々著名な写真家が猥褻のトガで書類送検されたり、昨今亡くならされた野坂昭如さんの四畳半裁判など、凡そこの国では猥褻という概念に公権力が介入することが多い。

猥褻という語に該当する英語もあるけど、そのものズバリのものはない。何れも広範に社会のモラルを害するという語源から来ていて、日本語の語感とは違うように感じる。


そして、今もって猥褻のステレオタイプが写真の規範にもあるようで、写ってしまうことは仕方がない物の、表現できない事がある。これって、本当にバカバカしいが、事実だ。

これって、なんだぁ・・・。と、一人の写真撮り人として不思議に思うようになった。

刑法174条の猥褻に関する最高裁昭和26年の判例が未だに生きている辺り、この国は文化的に死んでいるなあ。と、思ってしまう。

僕はこれから出家写真家を名乗ろうとして、今はその準備期間に入っている。そんな僕が漠然と思う位だから、世の中でこれって、結構迷惑している人多いんじゃないかなぁ。

どう見ても猥褻ではない作品でも、プロトコルで引っかかってしまっては、困り果てる。

・・・
まあ、世の中写すものは幾らでもあるでしょうという慰めの言葉もあるけど、一番素敵な物を写したいのが本能というのではないか。そこには一切の猥褻性はないと思うんだけど。

明治時代からこの国は混迷を続けている。


・・・
と、真正面から怒るのは単細胞動物と云われそうなので、少し斜線目線で考えると、近代日本で猥褻の境目で大事になった芸術家というのは、どこかで公権力を嫌っている。というか、公権力に喧嘩を吹っかけているのが、猥褻騒動の本質なのかもしれない。

もちろん、歌麿だって、その頃大変な目に合っているわけで、どういう訳かこの国は建前と本音がチグハグなことが当たり前で、要は、嘘つき文化と貶してもよいのかもしれない。

じゃあ、なんで古事記は猥褻ではないのか・・。古典は良いのか? 多分そうなんだろう。

ボッティチェリが昨年やってきて、僕は見られなかったけど、大層な行列ができたはず。あれがもし、明治時代だったら、お縄になっていたんじゃないのかなぁ。

この問題の本質には、ギリシァ彫刻に見られるように、ギリシァ人は美しかった。だから、本当の意味で、その描写は美しい。これは、今残っている数々の遺産が証拠だ。一方で、東洋の果てのこの国の姿は、西洋のそれと比べたらイケない程に醜かった。醜いけど、子孫は残ったわけで、美的感覚を呼び覚まされた経験が無かった・・・。数千年に亘って・・・・。だから、強烈に猥褻という概念が形成されたのかなぁ。

どうも、最近でも、「ヌード」と「ポルノ」の違いが分からない人が多すぎる・・・と、僕は思うのだが、どうだろうか。

| | Comments (2)

April 22, 2016

岐路

僕は今度の7月に生業を止めて、無職になる決心をした。この事は既に3年前から考えてきた。年を取ったとはいえ、まだ充分に若いので、普通の人だったら生業を止める決断はしないだろうなと思う。要は、普通であれば自分の意思で生業を止めるタイミングにはちょっ早いのだけど、このままズルズルとしていると、自分がすり減ってしまうと思ったから、やめることにした。

ずっと思ってきたんだけど、カネを稼ぐのは人生の目的ではない。それは手段だ。

死んでしまったら、自分の物は「ホネ」ぐらいしか残らないという事を考えると、とてもそうはなりたくないという自分が、ココにいる。

せめて、写真の一枚でも「生きた証し」に残したい。
そう思うようになったのは、自分の寿命が見えてきたころだった。

2013年の秋、そのような決断をして、このブログにそのことを書いたことが有る。このブログの熱心な読者でいらしたDAIGAさんから手酷いコメントを頂き、僕も大変憤ったので、1日でそれまでの数千ページの記事を全部消した。そして、ブログを作り直した。
DAIGAさんはそれまでとても好意的なコメントを入れてくださっていた立派な写真家でいらっしゃるけど、僕のヒョウロク玉のようなブログで、あまり人がやらない決意を僕が表明したものだから、不謹慎だと思われたのだろう、大変お怒りだった。吉村朗の払った犠牲を知っているのかと云う様なお話も書かれていた。僕は吉村さんのような偉大な写真家になれるとはとても思えないけど、犠牲は払うつもりで、今日まで過ごしている。だって、すべてを一点に掛けて投入することは、本質的に犠牲ではないから。毎日をただすり減らすだけの、わくわく感が無い暮らしの方がヨッポド犠牲だろうと思うから・・・。

でもいいじゃないか、人生は兆戦しなかったら、骨になるのをただ待っているだけの、退屈な時間でしかない。で、そうはなりたくないと思ったんだ。そして、その記録を残したいと思った。

それが、現在の「Kuusuke クロニクル」だ。このクロニクルは、あと何年か分からないけど、一人の人間が人生の最期をどの様に始末をつけるかについて、毎日の記事でライブ記載しているに過ぎない。書き込みのない日は、二日酔いとかで具合の悪い日だ。

あと、何年やれるかどうか、予測はできないけど、其のために残りの命を賭けてみたい。

そう思うと、なんだかすっきりして、清々しい気持ちになっている自分がある。

| | Comments (0)

April 07, 2016

Foujitaの白

昨夜、親しい先輩と藤田の白について暫く話し込んでしまった。

僕が見た白は、油彩の絵具にしては珍しくシットリした質感で、やや粉が感じられ、真っ白ではなくて乳白色のような少しくすんだような・・・多分これは経年劣化・・・色だった。今手元に有る資料は県立秋田美術館の目録だけなので、どうも記憶をたどってみてもあやふやだ。

Wikipediaの記載を真に受けるならば、この白は下地から三層になっているらしい。一番下が硫酸バリウムで、次が例のシッカロール(主成分は滑石 Mg3Si4O10(OH)2 の粉)、そして、炭酸カルシウムと鉛白が1対3だとか・・・。経年劣化でやや黄色く感じたのは、鉛白(PW1)の量が多かったからかもしれない。今ならば、PW6(チタン)を使いそうだけど、当時そんなものは無かったんだろうか。炭酸カルシウムは肌の薄らボケたような不透明な質感に寄与しているんだろうなと思う。

この日本画の様で、違う様な、独特の質感は鉛白によるところが多い様な気もするが、其れよりも油脂の量か極めて少なかったのではないかという気がしてならない。あるいはシッカロールに油分を吸い取らせたのだろうか。

僕は時々料理でトリックを使う事が有る。炒め物などで肉から脂(あぶら)がしみだしてきて具合が悪そうだ・・・と予想出来る場合、予めシイタケをたっぷり用意する。これで殆どの脂は吸い取れるし、シイタケも美味い。

藤田の白は、いわばこのシイタケだったのだろうか!!

| | Comments (0)

January 14, 2016

ハイパーセンス

Dsc015791200
(SONY RX100III)

このところの疲労が溜まって、今日は一日休みにした。ほゞ終日眠ってしまい、つい先ほど目覚めた。
よって、今日のセンスはイマイチ。
ハイパーセンスを早くこの手にしたいと願いつつ、実態は遅々としている。

| | Comments (0)

January 12, 2016

瑛九 シュールレアリトの話

「瑛九」の画像検索結果

瑛九 『蝶』

不思議なweb雑誌 「TOCANA」に瑛九の記事が出た。筆者は天川智也氏。
(ご興味の向きは、あえてlinkを張ってないので、検索で探してほしい)

この20世紀の巨人の作品には不思議、強力な吸引力が有る。
シュールと一言でいっても、作家によって匂いが様々な訳だが、僕はこの人の虜になりそうだ。
以前、ミロの虜になっている話を書いた。バルセロナでなにが楽しかったかって、ミロとピカソの作品群に逢えたことだたのだが、改めて、この日本の巨匠の写真なのか画なのかよく判らない混合体、フォトデッサン(と呼ぶらしい・・・一般用語はフォトグラムだと思う)に非常に惹きつけられる自分を見つめている。(注、余談も余談だが、ピカソはシュールではない)

あるとき、自分の写真(作品)分類をしていた。
それまで、自分の写真がシュールだと思ったことは一度も無かったのだが、どうもそうではないらしいという証拠を突きつけられて・・・あ・・・、僕には統合失調症の部分があると密かに思っていた事と附合してしまって・・・・、逆に元気づけられたこと・・・、これは本当だ。

シュールはやりたくても出来ない人の方が多いんじゃないのか。健全な心ではとても出来ないんじゃないか・・・なんて、変なことに感心したり・・・、している。

| | Comments (0)

January 11, 2016

ガイドの重要性

L10203111200
(ミュンヘン 2013)
これまで、何回海外撮影をしたか忘れてしまったが、後で出来の良い撮影が出来たと思うとき、きまって、現地には以前から良く見知った知人、友人がガイドしてくれた場合が多い。

まあ、街歩きは一人で写した方が良いに決まっているのだけれど、その肝心な街に誘ってくれる知人というのは、一人で偶然にその町に行くのよりもずうっと効率的だということなのかもしれない。

まだ行ったこともないアジアの国々で撮影したいけど、だれも知らないとなかなか写せないという事実に戸惑っている。

| | Comments (0)

January 10, 2016

感性について

9才で写真に夢中になって、その事が、あと何年かは続きそうだ。

かつてニコンD200のキャッチコピーが「感性を触発する」てな感じだった。この感性って、なんだ・・・というのが、今日のお題。

カメラは道具だし、今日のデジタルカメラは事実上センサーを搭載した小型コンピュータなので、シャッターを押せば大抵はキチンと写真は写ってしまう。

つまり、昔と比べたら写真技術のハードルが数段どころか何十段も低くなった。

すると、写真は誰でも写せるわけで、写真のリテラシーの変質が起った。綺麗な写真は誰でも写せる。もちろん、手練れの域に達するのは簡単ではないけど・・・。その先はなんなのか・・・ということになる。

ここに、感性の発露と、構成力の混合体としての写真表現の道がかすかに見える。

2か月ほど前に大阪芸大の展示会を大阪ニコンサロンで拝見したが、さすがに手練れでオシャレだなあと感心した。僕の技量ではとてもあのような完成された均整は作り出せない。
これが手練れの一例だと思った。

では、感性って何だという話に戻るのだが、これが説明できない。案外感性の薄弱な人というのもあるのか、構成力がへたくそなのかわからないが写真が下手な人というのは明らかに存在するし、上手な人も明らかだ。ただ、上手には手練れも入るので、更に感性に感動する確率はかなり下がる。つまり、「上手い」けどくだらないというのもあるからだ。

くだらない感性(心)というのは無いだろうから、それは気づかない内に構成の過程でくだらないものにしてしまっている、いわゆる魂の無神経と、精神の耐久力の不足から、おかしな方向にいったものなのかもしれない。

いずれにしても、研ぎ澄まされたような鋭い感性と、構成力という手練れの調和でなんとか息をするということなのだろうか。

| | Comments (0)

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

Adobe Lightroom | Adobe Photoshop CC | Adobe_ | AF-S NIKKOR 18-55mm f/3.5-5.6G VR II DX | Af-s Micro Nikkor 105mm F/2.8 G VR | AF-s Nikkor 105mm F/1.4 E ED | AF-s Nikkor 12-24mm F/4.0 G DX | Af-s Nikkor 14-24mm F/2.8 G | AF-S Nikkor 16-80mm f/2.8-4E ED VR DX | AF-s Nikkor 16-85mm F/3.5-5.6 G VR DX | Af-s Nikkor 18-140mm F/3.5-5.6 G ED VRII DX_ | Af-s Nikkor 18-200mm F/3.5-5.6 G VR DX | Af-s Nikkor 20mm F/1.8G | AF-s Nikkor 24-120mm F/4.0 G VR | AF-s Nikkor 24-70mm F/2.8 G | Af-s Nikkor 24-85mm F/3.5-4.5 G VR | Af-s Nikkor 24mm F/1.8G | AF-s Nikkor 28mm F/1.8 G_ | Af-s Nikkor 300mm F/4.0E VR | AF-s Nikkor 50mm F/1.4 G | Af-s Nikkor 50mm F/1.8 G for Df ver. | Af-s Nikkor 70-200mm F/4.0 G VRIII | AiAF Micro-Nikkor 60mm F/2.8D_ | AiAF Nikkor 20mm F/2.8 D | AiAF Nikkor 35mm F/2.0D | AiAF Nikkor 80-400mm F/4.5-5.6 D ED VR | art culture | camera flash | Camera Lens shoping | camera science | Canon EF 24-105mm F/4.0 L IS | CANON EF 40mm F/2.8 STM | CANON EF-S 10-18mm F/4.5-5.6 IS STM | CANON EF-S 18-55mm F/3.5-5.6 IS STM | CANON EF-S 24mm F/2.8 STM | Canon EOS 5D Mark II | Canon EOS 6D | CANON EOS Kiss X7 | car insight | Carl Zeiss Biogon 28mm F/2.8 ZM | Carl Zeiss Distagon 24mm F/2.0 ZA | Carl Zeiss Loxia 21mm F/2.8 | Carl Zeiss LOXIA 35mm F/2.0 | Carl Zeiss Planar 50mm F/1.4 FE | Carl Zeiss Sonnar 55mm F/1.8 FE ZA | Carl Zeiss Sonnar FE 35mm F/2.8 ZA | Carl Zeiss Vario-Sonnar 16-80mm F3.5-4.5 ZA | Carl Zeiss Vario-Tessar 16-35mm F/4.0 FE ZA OSS | Carl Zeiss Vario-Tessar FE 24-70mm F/4.0 ZA OSS | Chinema | CINEMA | computer | CONTAX T2 | count down | culture | culture and science | Digital camera insight | digital sensor science | Financial Markets | food | Gardening | Geographical Insight | Hasselblad X1D | Health | Kenko mirror lens 800mm/8 | LAOWA 15mm F/4.0 Wide Angle Macro with shift | LEICA D Vario-ELMAR 14-50mm F/3.8-5.6 OIS | LEICA SL | Leica X Vario typ107 | Life | Lumix G 14-84mm F/3.5-5.6 OIS | LUMIX G20mm F/1.7 | LUMIX GF1 | LUMIX L10 | m Zuiko D 12mm F/2.0 | M. ZUIKO D. 40-150mm F/4.0-5.6 | M. ZUKIO D. 14-42mm F/3.5-5.6 II R | mental health | Nikkor 20mm F/4.0 | Nikkor PC Auto 105mm F/2.5 | Nikon Capture NX-D | Nikon COOLPIX S8200 | Nikon D200 | Nikon D3 | Nikon D300 | Nikon D3300 | Nikon D3x | Nikon D40 | Nikon D40x | Nikon D5100 | Nikon D600 & D610 | Nikon D610 | Nikon D700 | Nikon D7100 | Nikon D800E | Nikon D810 | Nikon D90 | Nikon Df | Nikon F6 | OLYMPUS E-5 | OLYMPUS E-P1 | OLYMPUS E-P3 | OLYMPUS OM-D E-M10 | Olympus OM-D E-M5 | PC-E Micro Nikkor 45mm F/2.8D | PENTAX K-S1 | PENTAX K-X | photo art | photo science | PhotoShop | printer | private_ | rumors | SEAGULL DF1000 | Seagull_ | SIGMA 150mm F/2.8 APO MACRO DG HSM | SIGMA 17-50mm F/2.8 DC EX OS HSM | Sigma 17-70mm F/2.8-4.0 OS v2013 | SIGMA 18-35mm F/1.8 DC Art | SIGMA 50-100mm F/1.8 DC ART | SIGMA 70mm F/2.8 DG Macro EX | SIGMA DC18-200mmF3.5-6.3 3rds model | SIGMA DP1 | SIGMA DP2 | SIGMA EF-630 | SIGMA MC-11 | SIGMA SD Quattro | SIGMA SD1 merrill | SilkyPix | social insight | socicial insight | SONY 85mm F/2.8 SAM | SONY E20mm F/2.8 | SONY FE 28-70mm F/3.5 - 4.0 OSS | SONY FE 70-200mm F/4.0 G OSS | SONY FE MACRO 90mm F/2.8 | SONY FE28mm F/2.0 | SONY Image Data Converter | SONY RX100 III | SONY VCL-ECF2 | SONY α37 | SONY α6300 | SONY α7 | SONY α7R | SONY α7R II | Tamron AF 18-250mm F/3.5-6.3 Di II (A18) | Tamron AF 28-80mm F/3.5-5.6 Asprcl | Tamron AF 70-200mm f/2.8 SP Di LD [IF] macro_ | TAMRON AF 70-300mm F/4-5.6 Di LD MACRO (A17) | TAMRON SP 24-70mm F/2.8 USD VC | TAMRON SP AF 90mm F/2.8 Di MACRO 1:1 (272E) | TOKNA 12-24mm f/4.0_ | VCL-ECF2 | VCL-ECU2 | Voigtlande NOCTON 25mm F/0.95 | Voigtlander Heliar Classic 75mm F/1.8 | VOIGTLANDER Super Wide-Heliar 15mm F/4.5 | whisky | world traveler | Zuiko D 12-60mm F/2.8-4.0 SWD | センチメンタルジャーニー