Fujifilm X-Pro2

May 25, 2017

Fujifilm X-por2を使っていると、フルサイズ一眼を使いたくなくなる

富士フィルムのカメラは最後発だったせいか、キー操作が融通無碍というか、うまく定まっていないという都市伝説もある。僕の場合は非常に有難いと思う部分が多い。

特にXシリーズ全般に云えることは、ミラーレスながら立ち上がりが非常に速い。一眼レフと同じではないけど、実用上許容範囲の立ち上がり。これにより、電力節約と、無用の設定エラーを防ぐことが出来る。この効用は非常に大きい。プロ用としては最低限の仕様とも云える。

その次に、X-Pro2の場合。AFをスポット式にしている場合、その位置移動が非常に素早くできて、有難い。僕が知っている限り最もやり易いカメラだ。もちろん、ゾーンフォーカスや、顔認識なども右目、左目選択などあり、ズボラなスナップや、急いでAFする場合には使い易い。

僕は老眼なので、EVFなどの視度調節は必須。これって意外とやり辛いのが有り、ニコンの上級機でもあんまり良くないし、モデルによって位置が違う。この点富士は良くできている。大抵、ファインダー左のツマミを左親指の腹で擦るだけで上手い具合に合わせることが出来る。この辺りも手慣れた感じがある。

AF-s/AF-c/MF切り替えも決まってボディー左手にあり、やり易い。

また、殆どの単焦点レンズでは絞りリングが機械的に装着されており、これも電源投入前に調整できるので良い。僕のレンズポートフォリオの中では、27/2.8だけが単焦点にも関わらず、ボディー側調節になっているが、超軽量レンズなので仕方ないか。

そして、このカメラを使うとフルサイズ使わなくても良いと感じる点、
一つ目は、レンズは小型ながら総じて明るめのレンズかつシャープな物が多く、センサーが小さい事の問題を殆ど感じないということ。まあ、ズームはそれほど良くはないけど、ニコンの安物ズームよりはマシな感じがする。
二つ目の点は、ISO AUTOの設定が玄人的だということ。これにより、最大ダイナミックレンジの確保と、手振れも防止が効率的に出来る。ミラーが無いことも有り、このカメラを使ってみて、手振れで悩まされることはない。

スペックで観れば明らかにSONYa7系の方が優れているように感じるけど、実際に使うと、印象は全く違うものになる。

| | Comments (0)

May 20, 2017

朝市で…

Dscf13761600

Super EBC Fujinon 18-55/2.8-4.0 X-Pro2

単焦点だけで行こうと考えていたけど、こういう狭くて自分の位置が動かせない時はズームの方が便利だなと思いました。
生きている動物写す人は山の様に居るけど、この写真は全部死んでいる魚です。

| | Comments (0)

May 10, 2017

指の向きは大切だ

Dscf97371600

Dscf97291600

Fujifilm X-Pro2/ Super EBC Fujinon 18-55/2.8-4.0XC

このレンズはちょっと見ると撒き餌レンズのスペックだと勘違いするかもしれないけど、撒き餌レンズの雰囲気は全くない。描写精細度については、富士のXマウント単焦点がシャープ極まりないことを前置きすると、巷の撒き餌標準ズームに比べて約一絞明るいことによりフルサイズ並みの遠近感が出ることと、シャープネスは富士の単焦点には負けるものの、他社のAPS-C単焦点並みに良く写る。

ところで、この人の指、なにを言っているのだろうか。???

場所は台湾 高雄市 愛河のほとり 本日撮影

| | Comments (0)

March 27, 2017

Fujifilm X-Pro2 限定版グラファイトSは酔狂な人向けではない

Img_01831600


このカメラセットは1000台限定でプレミアムが数万円上乗せされている。
見た目はカッコいいけど、塗りはグラファイト感は乏しく、如何にもペイントだ。本物のグラファイトだったら、鉛筆の様に削れてしまうから仕方ないのかもしれない。
本物のカーボンであれば、磨くと金属のような鈍い輝きが奥深い。一方、このグラファイトシルバーモデルの表面の輝きは磁器それも明代青磁のように釉薬が発する複雑で鈍い輝光に似ている。金属面の反射とガラス(釉薬)など屈折率が違う界面での反射は原理が違うと習った記憶が遥か数十年前の事のように感じる。何れにしても、光り方はカーボンを磨いたものとは違う。
余談たが、昔だったらこの色はガンメタルと呼ばれたものに近い。ただし、その後数十年、色々の銃を見た物の、まあ、軍用銃の耐久性を挙げる手法で予め酸で腐食させたパーカーライズの色ににているものの、その他の銃の色でガンメタル色のものは見たことが無い。通常は黒塗装や、クロムメッキだろう(笑)


ところで、1000台限定のプレミアムモデルというと、ライカのお家芸のようでもあり、酔狂な人向けと思う事だろう。
でも、僕は違うと思った。
この色は、黒い大きなカメラを恐れる市井の人の心を和ませてくれる。良い表情を引き出してくれる。
このカメラとレンズ(35mm F/2.8相当の実際は23mm F/2.0レンズ)の組合せで、台湾の市井の人々を写させてもらった。アイコンタクトのあるショットが無数に紡がれた。もちろん、此方の仕掛けも抜かりなく、同行の女性に現地語(注)で話してもらって、僕が写すというやや大げさな撮り方だったし、僕の格好も仙人がたった今、山から出てきた様な感じだったので、仙人を尊ぶ文化的背景も有り(笑)、警戒感も和らいだのだと思うけど、数日で100人程度を写す事が出来た。

これは、僕の撮影史のなかでは快挙だった。知らない人をアイコンタクトを保って写すというのは、今日ではとても困難になっている。

(注)現地語とは台湾語、台湾南部の言葉は台湾語であり、台湾で使われる言葉の中ではメーンではあるけど、北京語とは大きく異なるらしい。僕にはその違いが判らない。つまり、中国語も台湾語も何もわからずに突入したからだ。
ただ、驚いたのは、写した後で、「ありがとうございます」と日本語で挨拶されてしまったことが何回かあった。台湾南部は日本を好いてくれる人の割合が多いらしい。僕はこの国が好きでしょうがなくなった。

| | Comments (0)

March 23, 2017

Fujifilm X-Pro2 使用記

現在2台のFujifilm X-Pro2を使用している。一台はノーマル、もう一台は限定版グラファイトシルバー。性能的には変わらないけど、僕の仕事にはグラファイトシルバーの方が使い易い。
「え、色で使い勝手が変わる筈は無かろう」と思う人も居るが、ここは、ストリートシューター、スナップシューターの道具としての評価だ。
要は、アイコンタクトのあるスナップを標準にして考えると、X-Pro2はその革新的な技術力も含めて、ベストチョイスと考えられる。そのうえ、薄墨いろのボディーをまとうグラファイトシルバー(限定版)にたいするアタリ確率は非常に高く、良い表情がうつせる。

レンズはいまのところ6本用意しているが、今回の遠征では殆ど95%は23mmF/2.0 50mmF/2.0でこなした。たまには望遠も欲しいようなこともあるけど、まあ、50mm/2.0はかなりシャープなレンズなのでクロップしても十分いける。

ズームは予備の為に評判が良い18-50/2.8-4.5だったかやや明るい好評判のものを持参したが、一度も使わなかった。ズームは被写体の表情を変えてしまう。被写体は当然プロモデルではないわけで、自分に向けられたカメラが銃の様な物では表情が硬くなる。僕は一貫してリング式フードを華奢につけた23mm2.0で写し続けたが、このレンズも驚くほどシャープでズームの描写とは一皮むけた感じがする。

うすうす予感はしていたが、非一眼レフ型カメラつまり、レンジ・ファインダ風のカメラに対する人々の態度はいたって良好で、恐れが少ないスタイルなのかもしれない。

まあ、知らない人を写すなんて、酔狂なことをしていない人には関係のない話だけど。

| | Comments (0)

March 17, 2017

FujifilmがX-Pro2と名付けている理由がわかったような気がする

今は熱帯の中におり、ホテルの部屋wifiが動作不安定でupしづらい。とりあえずかろうじてつながっているので、書くことにした。
今回はX-Pro2と正にサブにX-E2を準備して、レンズは18/2.0、23/2.0、50/2.0とやや変なそろえ方でてかけた。どうせ50を使う場面は少ないだろうと高をくくっていたこともあるし、荷物の軽量化のためにスーツケースにカメラ、レンズを預けるこのとか結果としてカメラ、レンズを破壊することがあるという経験則で、壊れてもよいものから優先的にスーツケース入れることになったという事情もある。本来は、スーツケース内にハードケースを入れてその内側を養生することで、相当故障は防げると思うけど、少なくとも、ニコン、キャノンではそんなことをしなくても特に問題を感じなかった・・・これまで。
昨年のソニーの大故障事後を経験して、この手の小型カメラの扱いを見直すことにした。で、特に宝石の様な輝きのあるFujifilmの機材を無造作にスーツケースにいれることもでず、本来X-Pro2を2台連れて行きたかったところを、一台はX-E2にした。これで特に問題はなかろうという趣旨だった。

ところが、どっこい、X-Pro2の反応性、操作性は及第点であることはほゞ確認できたものの、X-E2は最新ファームウェアにしたものの、動作がトロイ。特にEVFの反応速度は一時代昔のトロさだし、連射もダメダメで、人の表情の襞が写せない危険があることを悟った。このカメラはズームでもつけて、あくまで予備カメラの座か、記念写真用ていどの使い方が向いている。

この点、Pro2はなんとか頑張っているし、まあ、素通しファインダーを使う限りにおいてはストレスも軽減するし、ヒントの遅さがきになっても大したことはない。それよりも、一眼に慣れた人はフレーミングの勘が働かないかもしれない。やはり、苦労人の玄人好みのカメラだと悟った。このカメラをいきなり2台用した僕は「あたり」だったかもしれない。

一方E2は格好はいいけど、チャンス狙いの写し方をするカメラではないことを知った。(もうディスコンなのであまり問題もないけど)

| | Comments (0)

January 21, 2017

RF風カメラはやはりストリートフォトに向いている

これまで、街に出てあんまりおおっぴらに人にレンズを向けるようなことはしなかったのだけど、X-Pro2は夜でも写せるので、夜の盛り場に持ち出してみた。

この半年で僕の風貌はすっかり怪しいカメラマンになっていることもあるのだろうか、X-Pro2に短い単焦点を装着して街のコを写そうとすると、みんな喜ぶ。ズーム付SONYα7で同じことをすると変な人だと、思い切り嫌な顔をされたことが心の傷(嘘)になっていたんだけど、Fujifilmは偉いと思った。

ヨーロッパで赤バッジの黒いライカを持ち歩いたときも、さほど町の人々は反応しなかったと記憶しているが当時は夜の撮影は出来なかった。

今回、写真の被写体が存在する世界が急に広がった様な気がして、うれしくてしょうがない。レンズを向けた人の内、好意的反応をした人が俄然増加した。

もちろん、此方の風貌もそのように工夫して半年の努力をしたのだけれど、その努力内容は業務上の秘密だ。

| | Comments (4)

X-Pro2の構え方は難しい

Dscf0034
Super EBC Fujinon 18mm

このところすっかり一眼カメラに慣れてしまったものだから、Fujifilm X-Por2の構え方は結構難しい事に気づいた。これまでレンジファインダーカメラで然程気にならなかっが、レンズを持つ左手(これを一眼レフの様に構える時)がファインダーに掛かってケラレがでる。多分(形状上)基線長の長いカメラを使っていたせいだろうか。これまでのRFカメラでこういう事が気になったことはないのだが・・・。X-Pro2は基線自体が無いので思い切りファインダーとレンズとか接近している。また、ライカのレンズならば指一本でピントが出せるのだけれど、Fujifilmのは一応ガッチリ握らないとピントのMFは出来ないことも問題なのかもしれない。
いずれにしても、フードを付けると途端にファインダー右下にケラレが出るのデザイン上の欠陥かもしれない。

また、通常のRFカメラは倍率0.72倍のファインダーが一応標準的で、一応28mmぐらいまでをカバーしているのだけれど、Pro-2は0.6倍程度と超広角にも一応対応している。まして、ブライトフレームはピント位置によって、ズズっと動くようになっていて、これも驚く。この超広角対応もケラレの原因だろう。

まあ、MFしたいならばEVFに切り替えれば何の問題も無いのだけど、素通しの快感がうしなわれる。

ときどき、古い写真でプロフェッショナルがライカをオカシナ構え方している理由が少しわかったような気がする。
でも、ライカで気になったことはないので、やはりこれはX-Pro2の問題なのかなぁ。

| | Comments (2)

January 19, 2017

Fujifilm X-Pro2は良いカメラだ

なんで、何年も富士フィルムを試さなかったのか、後悔している。赤城耕一先生が1年前に過去一年間富士フィルムばかり使っていると書いていたのを真面目に検討すればよかった。たまたま、ひょんなことで写したモデルさんにも確認しちゃったけど、赤城先生には富士フィルム(のカメラ)で写してもらったと云っていたのが一年ほど前の事。もっとまじめに聞いておけばよかった。

僕は長年APS-Cの一眼レフカメラは使い辛いと感じてきた。特にNikon D3が出てからは、一眼レフはフルサイズばかりを使ってきた。もちろん、APS-Cやフォーサーズも使っていたが、良い単焦点が少なくて、結局フルサイズを選択する傾向がずっと続いた。また、初期のころはダイナミックレンジがクリティカルでフルサイズの良さが特に際立っていた時代だったことも影響が有った。なにしろ、フォーマットが小さくなれば、それに見合った口径が必要なのに、メーカーは大きなレンズでは売れないという判断なのか、暗いレンズを小さなセンサー様に供給し続けていた。フルサイズの口径F1.4の性能はAPS-Cでは1.0、フォーサーズでは0.7で≒であること、メーカーは口をつぐんでいた。だから、小さなセンサーはより高感度に弱いという印象をユーザーに植え付けてきた。
今日のアイフォンのカメラの高性能化を見れば、必ずしも小さなセンサーが高感度(暗い被写体)に弱い訳ではないことを実感できる。

そんなことはさておき、X-Pro2の懐の広さがよく判ってきた。X-E2で発生を確認したアダプター付ノーコントロール・レンズの露出異常もPro-2では発生しない。E2に50/1.8D Nikkorを装着すると1.5EV以上アンダーになるのだが、Pro-2では適正露出がでる。

また、OVF+EVF小窓というのは、異様に使い良くて、それがクラシックレンズであるオート式またAi式やDタイプのnikkorを装着しても問題なく使えるあたりは驚異的だ。(Gタイプは絞り値が確認できないし、Eタイプでは絞れないのでやめておいた方が無難ではあるのだが…)もちろん、OVF(素通し)にはパララックスという厄介な解釈必要なズレがあるので、フォーカス位置が微妙にずれるのは仕方がないけど、もともと僕は9歳の時からパララックス有りのカメラでその時の人生の1/3位を過ごしていた(9歳から12歳まで)ので、特に問題とも思わない。パララックスはあるものだし、勘で補正するものだと知っていた。
まあ、Pro-2のファインダーは0.6倍程度の超広角対応ファインダーなので、イキなりレンズ鏡筒が見えてしまう。だから、あたりまえだけど、パララックスがあることは暗黙のうちに大脳が認識できるようになっている。昔のカメラだったら、レンズが見えるような広いファインダーはあまりなかった。

これと同じ使い心地のカメラはあとはデジタルライカぐらいしか思い浮かばないけど…、富士のほうがEVFコンポというところでは優れていて、ちゃっかり望遠も使えちゃったりするわけで、得したような気分だ。ライカで望遠はキツイ。まあ、僕自体は望遠はあまりいらないのだけど。

Pro-2の最大の問題は、センサーサイズのわりに大きいこと。2台持ちはやりたくない。また、USH-II対応スロットを設けているはずだけど、僕のメモリーはみんなUSH-Iまでなので、書き込みがトロイと感じる。まるでシグマの様な感じだ。これ不思議なんだけど、ソニーでもニコンでも僕のカメラはみんなUSH-Iまで対応なんだけど、こんなにトロイと感じたことはない。連射は速いけど、すぐに息継ぎが始まる。まあ、連射するようなカメラではないけど、LEDがピカピカやっているのは、気分が悪い。

FPシャッター音は良質で、初期のm43の頃の様なぐちゃぐちゃ音とは一線を画している。ひょっとしたら先幕電子シャッターなのかもしれない。ミラーレスは先幕電子シャッターでないと、シャッターチャージのタイムラグが大きくて、速射にならない。連射ではない、速射。

かつて、等倍鑑賞マニアから、「ぼーっと写る」というような揶揄も有った様だけど、実際に写して作品にしてみれば分かるけど、そんなことはない。非常にシャープなカメラだ。

ともかく、Proという銘に恥じない出来栄えに感心しているところだ。

そして、最後にミラーレスの雄であるソニーα7系よりも優れていると思う最大の点は、立ち上がりが爆速と云えるほど速い、ソニーは15秒は待たないと写せない。そして、電池がSONYでは馬が喰うのかと思う程、使わなくても減っていくのに、Fujiのは減らない。この2点は(ストリートフォトの分野での)プロユースを考えると、非常に重要な点だ。

以上をまとめると、APS-Cである不利(ダイナミックレンジや解像力がややフルサイズに負けるという原理について)は十分に克服されていると感じる。まあ、数十年前にライカが敢えて小さいフォーマットの不利を有利に変えた兆戦に似た感動を覚える次第だ。

| | Comments (2)

January 16, 2017

Fujifilm X-Pro2のパーフェクトガイドはクソである

普段カメラのガイドブックなんて買ったことが無かったけど、今回激しく富士のカメラを注文したものだから、何故だかムック本の広告が入ってきて、ポイントで買う事にした。
その位、このカメラは訳が分からないと思ったからだ。

ただし、その本を一瞥して、懐かしくも立木さんが戸惑いながらも惹かれつつ使っていると書かれている部分にだけは愛着を感じたが、それ以外はクソだと思った。
一般のデジタルカメラと違う部分についての差分についての説明書なのかと思ったら、まあ、デジタルカメラ初心者を騙すような広告記事も多く、まあそんなものだよな、と半ば自嘲的になりながら、差し詰め取扱説明書を読破した方がわかり易いということに気づいた。

そもそも、表紙に「レンジファインダースタイルを極めた・・・」と書いてあるのは、嘘っぱちではないけど、嘘だろう。レンジファインダーではないかと思うような形であり、レンジファインダーではないのだから・・・。まして、スタイルを極めたとかいたら酷い嘘になる・・・形は良くない、ライカの美しさとは比較できないだろう・・・。僕は、Pro-2よりもE-2の方がよっぽどスタイリッシュだと思う。ただし、OVFとEVFとでは100分の1秒の差かもしれないけど、立ち上がり等を考慮すると、ストリートシューターには看過できない違いがあるのでOVFそれも素通しのカメラを選ぶわけで、ライカと同じ値段だったら、僕は多分ライカを選ぶだろうけど、価格比では1/3以下、レンズでは1/10とまでは行かないけど、数倍の値段を払うかと云われれば、貧乏人としては、pro-2で良いやという妥協で選んでいる訳で・・・、極めた・・・訳でもなんでもない。

まあ、僕が知っている世界規模のストリートフォトのクラブ集団では殆どの、まあ多くの人がpro-2を使っているが、理由は上に書いた通りだと思う。コスパが良いというよりも、アフォーダブル(買える程度に安い)だからだ。

E-2の時はファームが4段階も上がっていたので、説明書は破棄し、PDFの説明書をグリグリやりながら全部に眼を通して、なんとなくわかったが、pro-2はハードコピーが読めるので、そっちを暫く読むことにする。なにしろ、同じボディーの色違い、黒とグラファイトシルバーの2台も買ってしまったので、気持ちが引き締まる。これで、春からはストリートにでなくてはいけないのだから…。この複雑極まりない仕掛けを完全に知らないと、無駄なカメラとなってしまう。なにしろ、一眼レフでもミラーレスでも、ライカでもない部分があるのだから。

ps
レンジファインダーとはレンジを測る測距儀と連動したレンズフォーカス機構をもつファインダーと云う意味の短縮形であり、測距儀は基本的には三角測量的な機械式の機械を指す。したがって、定義上pro-2は該当しない。ただし、実質的には小窓でピントが分かるので、レンジファインダーだと強弁したとしても、まるで嘘ではない。

| | Comments (0)

その他のカテゴリー

Adobe Lightroom | Adobe Photoshop CC | Adobe_ | AF Nikkor 28mm F/2.8 (S new) | AF-P Nikkor 70-300mm F/4.5-6.3G ED | AF-S NIKKOR 18-55mm f/3.5-5.6G VR II DX | Af-s Micro Nikkor 105mm F/2.8 G VR | AF-s Nikkor 105mm F/1.4 E ED | AF-s Nikkor 12-24mm F/4.0 G DX | Af-s Nikkor 14-24mm F/2.8 G | AF-S Nikkor 16-80mm f/2.8-4E ED VR DX | AF-s Nikkor 16-85mm F/3.5-5.6 G VR DX | Af-s Nikkor 18-140mm F/3.5-5.6 G ED VRII DX_ | Af-s Nikkor 18-200mm F/3.5-5.6 G VR DX | Af-s Nikkor 20mm F/1.8G | AF-s Nikkor 24-120mm F/4.0 G VR | AF-s Nikkor 24-70mm F/2.8 G | Af-s Nikkor 24-85mm F/3.5-4.5 G VR | Af-s Nikkor 24mm F/1.8G | AF-s Nikkor 28mm F/1.8 G_ | Af-s Nikkor 300mm F/4.0E VR | AF-s Nikkor 50mm F/1.4 G | Af-s Nikkor 50mm F/1.8 G for Df ver. | Af-s Nikkor 70-200mm F/4.0 G VRIII | AiAF Micro-Nikkor 60mm F/2.8D_ | AiAF Nikkor 20mm F/2.8 D | AiAF Nikkor 35mm F/2.0D | AiAF Nikkor 80-400mm F/4.5-5.6 D ED VR | art culture | camera flash | Camera Lens shoping | camera science | Canon EF 24-105mm F/4.0 L IS | CANON EF 40mm F/2.8 STM | CANON EF-S 10-18mm F/4.5-5.6 IS STM | CANON EF-S 18-55mm F/3.5-5.6 IS STM | CANON EF-S 24mm F/2.8 STM | Canon EOS 5D Mark II | Canon EOS 6D | CANON EOS Kiss X7 | car insight | Carl Zeiss Biogon 28mm F/2.8 ZM | Carl Zeiss Distagon 24mm F/2.0 ZA | Carl Zeiss Loxia 21mm F/2.8 | Carl Zeiss LOXIA 35mm F/2.0 | Carl Zeiss Planar 50mm F/1.4 FE | Carl Zeiss Sonnar 55mm F/1.8 FE ZA | Carl Zeiss Sonnar FE 35mm F/2.8 ZA | Carl Zeiss Vario-Sonnar 16-80mm F3.5-4.5 ZA | Carl Zeiss Vario-Tessar 16-35mm F/4.0 FE ZA OSS | Carl Zeiss Vario-Tessar FE 24-70mm F/4.0 ZA OSS | Chinema | CINEMA | clustaer headace | Commlite EF-NEX | Commlite ENF-E | computer | CONTAX T2 | count down | culture | culture and science | Digital camera insight | digital sensor science | Financial Markets | Foigtlandar MACRO APO-LANTHAR 65mm F2_ | food | Fuji Film X-E2 | Fujifilm X-Pro2 | Fujifilm X100s | Gardening | Geographical Insight | Hasselblad X1D | Health | INDUSTAR 50mm F/3.5 | iPhone | K&F KF-150_ | Kenko mirror lens 800mm/8 | LAOWA 15mm F/4.0 Wide Angle Macro with shift | LEICA D Vario-ELMAR 14-50mm F/3.8-5.6 OIS | LEICA SL | Leica X Vario typ107 | Life | Lumix G 14-84mm F/3.5-5.6 OIS | LUMIX G20mm F/1.7 | LUMIX GF1 | LUMIX L10 | m Zuiko D 12mm F/2.0 | M. ZUIKO D. 40-150mm F/4.0-5.6 | M. ZUKIO D. 14-42mm F/3.5-5.6 II R | mental health | Nikkor 20mm F/4.0 | Nikkor PC Auto 105mm F/2.5 | Nikon Capture NX-D | Nikon COOLPIX S8200 | Nikon D200 | Nikon D3 | Nikon D300 | Nikon D3300 | Nikon D3x | Nikon D40 | Nikon D40x | Nikon D5100 | Nikon D600 & D610 | Nikon D610 | Nikon D700 | Nikon D7100 | Nikon D800E | Nikon D810 | Nikon D90 | Nikon Df | Nikon F6 | OLYMPUS E-5 | OLYMPUS E-P1 | OLYMPUS E-P3 | OLYMPUS OM-D E-M10 | Olympus OM-D E-M5 | PC-E Micro Nikkor 45mm F/2.8D | PENTAX K-S1 | PENTAX K-X | photo art | photo science | PhotoShop | printer | private_ | rumors | SEAGULL DF1000 | Seagull_ | SIGMA 150mm F/2.8 APO MACRO DG HSM | SIGMA 17-50mm F/2.8 DC EX OS HSM | Sigma 17-70mm F/2.8-4.0 OS v2013 | SIGMA 18-35mm F/1.8 DC Art | SIGMA 50-100mm F/1.8 DC ART | SIGMA 70mm F/2.8 DG Macro EX | SIGMA DC18-200mmF3.5-6.3 3rds model | SIGMA DP1 | SIGMA DP2 | SIGMA EF-630 | SIGMA MC-11 | SIGMA SD Quattro | SIGMA SD1 merrill | SilkyPix | social insight | socicial insight | SONY 85mm F/2.8 SAM | SONY E20mm F/2.8 | SONY FE 28-70mm F/3.5 - 4.0 OSS | SONY FE 70-200mm F/4.0 G OSS | SONY FE MACRO 90mm F/2.8 | SONY FE28mm F/2.0 | SONY FE50mm F/2.8 MACRO | SONY Image Data Converter | SONY RX100 III | SONY rX100V | SONY VCL-ECF2 | SONY α37 | SONY α6300 | SONY α7 | SONY α7R | SONY α7R II | SONY α9 | SONY α99 II | SONY α6500 | Super EBC Fujinon 18-55mm F/2.8-4.0XC | Super EBC Fujinon XF 23mm F/2.0 WR | Super EBC Fujinon XF 50mm F/2.0 | Tamron AF 18-250mm F/3.5-6.3 Di II (A18) | Tamron AF 28-80mm F/3.5-5.6 Asprcl | Tamron AF 70-200mm f/2.8 SP Di LD [IF] macro_ | TAMRON AF 70-300mm F/4-5.6 Di LD MACRO (A17) | TAMRON SP 24-70mm F/2.8 USD VC | TAMRON SP AF 90mm F/2.8 Di MACRO 1:1 (272E) | TOKNA 12-24mm f/4.0_ | VCL-ECF2 | VCL-ECU2 | Voigtlande NOCTON 25mm F/0.95 | Voigtlander Heliar Classic 75mm F/1.8 | VOIGTLANDER Super Wide-Heliar 15mm F/4.5 | whisky | world traveler | Zuiko D 12-60mm F/2.8-4.0 SWD | センチメンタルジャーニー