Hasselblad X1D

June 23, 2016

ハッセルブラド X1Dの出所(続き)

いきなり余談だけれど、ハッセル日本語サイトでは、「ハッセルブラッド」と書かれているから公式にはハッセルブラッドという事で正しいのだと思うけど、僕はとても「ブラッド」と書きたくない気分だ。スウェーデン人の知り合いが居なかった訳ではないけど、スウェーデン語で話したことがないので、本当はどう発音するのかわからない。ヨーロッパ言語の表記でHasselなど子音字が2文字の時の直前の母音は「小さいツを伴う事」になるっていうような感じが一般的なので、ハッセルは良いと思うけど、「blad」は多分「la」にアクセントが来るために「ブラッド」とカタカナ表記するのかもしれないけど、これ「ブラド」と書いて、ラの音を気持ち強く「ラー」みたいに発音して良いのではないかと思う。
だから、本当はハッセルブラードと書きたいところだ。真相は分からない。

まあ、ハッセル本社があるヨーテボリだって、人によってはイェーテボリとか云うし、英語だとゴッセンバーグとかなんとか読みそうだし、本当は何と呼ぶのか、よく判らない。

余談の追記
ハッセルが一体いつ身売りしたのかわからないけど、既に2000年からHKベースのファンド(Shiriro Group)が所有していたが、2003年以降はVentizz Capital Fund IV L.P.(このビークルはVentizz Capital というPEの一つのファンドの様だ)が100%所有しているらしい。
ハッセルの業績は非常に悪いという噂話も出ているが、PEなので一般人には判らない。
なお、ハッセル本社の社員数は200人に満たないらしいことがHPから読み取れる。

この辺り、名門オーデイィオブランドなんかと同じ話なんだなぁと思う。海外の昔ひどく有名だったオーディオブランドは束になってファンドになっているのを見た時・・・大変ショックだつた。そして、その有名ブランドが名車ベンツなどのオーディオセットとして採用されていて、名器たる雰囲気を醸している。(笑) ブランドというのは、それだけで価値が物凄いことになっているんだなぁと思った。

大したものは作ってないけど、ブランド名だけで大金が動く世界がある。次にこのブランド名を買うのは何所なのだろうか、世情厳しく、もうPE ファンドはてを出したくないんじゃないのかなぁ。すると、同業者でブランドが欲しい所ということになるんだけど、・・・今回の製品はその打ち上げ花火だったのだろうか・・・だとすると、絶対にニコンではない。そもそも中判カメラに特別のノウハウが必要とは思えないので、ニコンもキャノンもそんなブランド必要ないだろうし、ソニーも要らないんじゃないかなぁ・・・、すると、消去法で・・・(笑)
---------------


昨日のX1Dの出所の記事にニコンではないかなどと書いていたら、富士フィルムではないかというコメントを頂いた。ひょっとすると、そうなのかもしれないと思っている。

たしかに附合する点が多い。富士フィルムはミラーレスを真面目に開発していて、旗艦機もミラーレスだし、ニコンのボティーの提供を受けていたのでストロボがニコンでOKというの何となくそうかもしれないと思わせる。でも、センサーはソニー製なのではないだろうかと思う。14stopsのダイナミックレンジが出るとされているので、多分ソニー製と思ったのだが・・・、如何だろう。
んでもって、このセンサーの小ささは、ペンタックスとの同等らしい・・・ますます怪しい。

いずれにしても、こんなカメラをハッセルに作られてしまって、ちょっと国産陣営の人々は悔しくないのかなぁと素朴に思った。(富士フィルムがそっくりさんを出すのかもしれないけど)

ボティーの重さだけならば750g程度でAPS-Cの中級機なみの軽さだ。

まあ、中判だといっても、イメージサークル直径はフルサイズの1.2-1.3倍(計算した所では1.266倍)程度なので、レンズもそれほど大きく成らないだろうし、つくりやすそうだ。

まあ、最新鋭のフルサイズでは50Mpix機もあるわけだし、然程違わない、というよりは、むしろ、フルサイズの方がレンズが豊富で使い易いに決まっているし、センサーサイズの優位性も然程ない・・・といってしまったら身もふたもないのではあるけど・・・。

まあ、50万円も出して50Mpixのフルサイズを買うのと、100万円で同じく50Mpixのハッセルを買うのとは、どちらがコストパフォーマンスが良いのかと考えると、ちょっと、微妙だ。

と、いいつつ、ソニーα7R IIも40万円以上するんだようなぁと・・・考え直していた。

| | Comments (2)

June 22, 2016

ハッセルブラド X1Dはニコン製?

ハッセルの中判ミラーレスが発表されている。
センサーサイズはかなり小さくて、135判の2倍は無い。(最新のハッセルH6Dと比較すると二回りほど小さい、中判と云いつつこういうことろで違いが出ている・・・まあ、ペンタックスの中判と同じ程度の大きさと思えば大体近い)
形状は、現代ハッセルブラドらしいやや奇怪な形状ともいえるが、一時の宇宙船のようなエルゴノミクスデザインというよりは、正面から直視した姿は「あっ」と名機500Cを思い出されるのに、全体の印象は現代ミラーレスというとても不思議な一種北欧的なデザインなのかもしれない。

レンズも2本だけの発表で、これでもってすぐに飛びつくことは無さそうだけど、カメラ本体が100万円位である事、レンズも目が出るほどではない(25万~30万)ことなと、これからの展開が面白い。

ハッセルってヨーテボリにハッセルブラド・センターがあって、市立美術館と併設されている。その真向いのカメラやにはハッセルではなくてライカが売っていたこと・・・とても印象に残っている。そして、最近身売り話を聞いていたのだがどうなったのだろうか。

その昔はポートレートの定番といえばハッセルだったけど、今回のデジタルミラーレス中判は随分敷居が低くなったものだ。

(1988年の映画「グッドナイトムーン」(原題Stepmom)でジュリアロバーツ扮する写真家が、恋人の前妻の撮影にライカを使っているシーンがある。彼女は仕事ではハッセルプラドを使っているシーンの直後だったので、このライカへの持ち替えのインプリケーションは大きい。・・・コマーシャルフォトはハッセル、ドキュメンタリーはライカというようなことではないか)

ところで、気になったのだけと、このホットシューにはニコンのSBシリーズストロボが付くらしい(噂)・・・。この辺、ライカにオリンパスのファインダーが付いたことに似てはいるけど、このカメラも日本製なのではないかと思ったりしてたが、ハッセルのプレスリリース文にはスウェーデンでのハンドメイドだと明記されているので、どうも違うらしい。それに、レンズシャッター式らしいし、特にニコンのノウハウはストロボの部分だけなのかもしれない。

ミラーレスのノウハウは簡単そうで結構AFやEVFの処理の知恵が必要だ。いきなり作ったミラーレスは正直勘弁してほしい。


まあ、スタジオ撮影の他、遠征風景撮影用としては使い道が有りそうなので…

暫く様子を見たい、興味ある一台だ。

石川竜一さんのようにハッセルでスナップやっちゃう人もあるけど、まあ、スナップは荒れた感じの方が雰囲気が出るので然程高精細なカメラシステムでない方が「上手く」見えるかもしれないし・・・。

| | Comments (2)

その他のカテゴリー

Adobe Lightroom | Adobe Photoshop CC | Adobe_ | AF Nikkor 28mm F/2.8 (S new) | AF-P Nikkor 70-300mm F/4.5-6.3G ED | AF-S NIKKOR 18-55mm f/3.5-5.6G VR II DX | Af-s Micro Nikkor 105mm F/2.8 G VR | AF-s Nikkor 105mm F/1.4 E ED | AF-s Nikkor 12-24mm F/4.0 G DX | Af-s Nikkor 14-24mm F/2.8 G | AF-S Nikkor 16-80mm f/2.8-4E ED VR DX | AF-s Nikkor 16-85mm F/3.5-5.6 G VR DX | Af-s Nikkor 18-140mm F/3.5-5.6 G ED VRII DX_ | Af-s Nikkor 18-200mm F/3.5-5.6 G VR DX | Af-s Nikkor 20mm F/1.8G | AF-s Nikkor 24-120mm F/4.0 G VR | AF-s Nikkor 24-70mm F/2.8 G | Af-s Nikkor 24-85mm F/3.5-4.5 G VR | Af-s Nikkor 24mm F/1.8G | AF-s Nikkor 28mm F/1.8 G_ | Af-s Nikkor 300mm F/4.0E VR | AF-s Nikkor 50mm F/1.4 G | Af-s Nikkor 50mm F/1.8 G for Df ver. | Af-s Nikkor 70-200mm F/4.0 G VRIII | AiAF Micro-Nikkor 60mm F/2.8D_ | AiAF Nikkor 20mm F/2.8 D | AiAF Nikkor 35mm F/2.0D | AiAF Nikkor 80-400mm F/4.5-5.6 D ED VR | art culture | camera flash | Camera Lens shoping | camera science | Canon EF 24-105mm F/4.0 L IS | CANON EF 40mm F/2.8 STM | CANON EF-S 10-18mm F/4.5-5.6 IS STM | CANON EF-S 18-55mm F/3.5-5.6 IS STM | CANON EF-S 24mm F/2.8 STM | Canon EOS 5D Mark II | Canon EOS 6D | CANON EOS Kiss X7 | car insight | Carl Zeiss Biogon 28mm F/2.8 ZM | Carl Zeiss Distagon 24mm F/2.0 ZA | Carl Zeiss Loxia 21mm F/2.8 | Carl Zeiss LOXIA 35mm F/2.0 | Carl Zeiss Planar 50mm F/1.4 FE | Carl Zeiss Sonnar 55mm F/1.8 FE ZA | Carl Zeiss Sonnar FE 35mm F/2.8 ZA | Carl Zeiss Vario-Sonnar 16-80mm F3.5-4.5 ZA | Carl Zeiss Vario-Tessar 16-35mm F/4.0 FE ZA OSS | Carl Zeiss Vario-Tessar FE 24-70mm F/4.0 ZA OSS | Chinema | CINEMA | clustaer headace | Commlite EF-NEX | Commlite ENF-E | computer | CONTAX T2 | count down | culture | culture and science | Digital camera insight | digital sensor science | Financial Markets | Foigtlandar MACRO APO-LANTHAR 65mm F2_ | food | Fuji Film X-E2 | Fujifilm X-Pro2 | Fujifilm X100s | Gardening | Geographical Insight | Hasselblad X1D | Health | INDUSTAR 50mm F/3.5 | iPhone | K&F KF-150_ | Kenko mirror lens 800mm/8 | LAOWA 15mm F/4.0 Wide Angle Macro with shift | LEICA D Vario-ELMAR 14-50mm F/3.8-5.6 OIS | LEICA SL | Leica X Vario typ107 | LENSBABY | Life | Lumix G 14-84mm F/3.5-5.6 OIS | LUMIX G20mm F/1.7 | LUMIX GF1 | LUMIX L10 | m Zuiko D 12mm F/2.0 | M. ZUIKO D. 40-150mm F/4.0-5.6 | M. ZUKIO D. 14-42mm F/3.5-5.6 II R | mental health | Nikkor 20mm F/4.0 | Nikkor PC Auto 105mm F/2.5 | Nikon Capture NX-D | Nikon COOLPIX S8200 | Nikon D200 | Nikon D3 | Nikon D300 | Nikon D3300 | Nikon D3x | Nikon D40 | Nikon D40x | Nikon D5100 | Nikon D600 & D610 | Nikon D610 | Nikon D700 | Nikon D7100 | Nikon D800E | Nikon D810 | Nikon D90 | Nikon Df | Nikon F6 | OLYMPUS E-5 | OLYMPUS E-P1 | OLYMPUS E-P3 | OLYMPUS OM-D E-M10 | Olympus OM-D E-M5 | PC-E Micro Nikkor 45mm F/2.8D | PENTAX K-S1 | PENTAX K-X | photo art | photo science | PhotoShop | printer | private_ | rumors | SEAGULL DF1000 | Seagull_ | SIGMA 150mm F/2.8 APO MACRO DG HSM | SIGMA 17-50mm F/2.8 DC EX OS HSM | Sigma 17-70mm F/2.8-4.0 OS v2013 | SIGMA 18-35mm F/1.8 DC Art | SIGMA 50-100mm F/1.8 DC ART | SIGMA 70mm F/2.8 DG Macro EX | SIGMA DC18-200mmF3.5-6.3 3rds model | SIGMA DP1 | SIGMA DP2 | SIGMA EF-630 | SIGMA MC-11 | SIGMA SD Quattro | SIGMA SD1 merrill | SilkyPix | social insight | socicial insight | SONY 85mm F/2.8 SAM | SONY E20mm F/2.8 | SONY FE 28-70mm F/3.5 - 4.0 OSS | SONY FE 70-200mm F/4.0 G OSS | SONY FE MACRO 90mm F/2.8 | SONY FE28mm F/2.0 | SONY FE50mm F/2.8 MACRO | SONY Image Data Converter | SONY RX100 III | SONY rX100V | SONY VCL-ECF2 | SONY α37 | SONY α6300 | SONY α7 | SONY α7R | SONY α7R II | SONY α9 | SONY α99 II | SONY α6500 | Super EBC Fujinon 18-55mm F/2.8-4.0XC | Super EBC Fujinon XF 23mm F/2.0 WR | Super EBC Fujinon XF 50mm F/2.0 | Tamron AF 18-250mm F/3.5-6.3 Di II (A18) | Tamron AF 28-80mm F/3.5-5.6 Asprcl | Tamron AF 70-200mm f/2.8 SP Di LD [IF] macro_ | TAMRON AF 70-300mm F/4-5.6 Di LD MACRO (A17) | TAMRON SP 24-70mm F/2.8 USD VC | TAMRON SP AF 90mm F/2.8 Di MACRO 1:1 (272E) | TOKNA 12-24mm f/4.0_ | VCL-ECF2 | VCL-ECU2 | Voigtlande NOCTON 25mm F/0.95 | Voigtlander Heliar Classic 75mm F/1.8 | VOIGTLANDER Super Wide-Heliar 15mm F/4.5 | whisky | world traveler | Zuiko D 12-60mm F/2.8-4.0 SWD | センチメンタルジャーニー