Nikon Capture NX-D

March 30, 2015

Nikon Capture NX-DとSilkyPix v6 pro

Nikon Capture NX-Dが最近バージョンアップされ、漸く使えるソフトになってきた。このフリーソフトはニコンカメラのネイディプRAW現像ソフトと云う意味で、Capture NX2の後継でもある。

ところが、フリーになったのは有難いとしても、これがSilkyPixそっくりのGUIであるからびっくりする。フォルダーヒエラルキーの表示や、色温度(向きが逆)など、まあ云ってみれば、シルキーの安物版という雰囲気がある。

また、NX2とは全く別物であることは見れば判る。NX2がどちらかといえばPSに近い雰囲気なのに対して、NX-Dは完全にシルキーそっくりさんになっている。それに、保存ファイル形式にニコンNEF形式はおろか、16bitリゾリューションの指定も出来ない。(シルキーでは16bit可能)
つまり、このソフトを経由してPSなどに渡す時、8bit tiffが最大リゾリューション定義となることを意味している。

もちろん、ニコンのレンズについては色収差、歪曲収差の自動補正が効いているので気分的に親しみやすい。

で以下に其々の現像結果を示す。肉眼でなるべく同じ調子に成るように調整したが、正確にはできなかった。

なお、アンシャープマスクは一切掛けていない。
上がシルキーV6 pro、下がニコン NX-D、双方とも色温度を絶対温度で設定できるので、今回はシルキーもニコンも5300°Kに合わせた。
こんなことアドビ系ではなかなか出来ないかもしれないが・・・どうだろうか。
Dsc_2433


Dsc_2433nxd_2


| | Comments (0)

神田川 2015 (6)

Capture NX-D  af-s Nikkor 70-200/4.0 G VR Nikon D3300
Dsc_2449nxd


Silkyと比較して、Capture NX-Dの方が色の再現性が自然に感じる場合がある。
なお、最新バージョンでは以前書いた様な不具合はfixされている。

| | Comments (0)

March 22, 2015

Nikon Capture NX-Dが バージョンアップされた

3月17日にニコンキャプチャーNX-Dがバージョンアップされ、ver1.2.0となった。メモランダムにもクロップ異常の改善が謳われている程だから、ブーイングが大きかったことが良くわかる。
まあ、NX-Dにはシルキーの様なアオリ機能はないので、一寸困ったものだが、一応これで不満は無くなった。

なんか、僕の不満を読んでくれたのかなぁと、余計な事を考えてしまう。

これで、ニコンネイイティブRAW現像、ディストーション自動補正、倍率色収差自動補正の三つが可能となり、戦力化しそうだ。
Dsc_1519nxd

| | Comments (0)

March 14, 2015

Nikon Capture NX-D 不調

念のために書くが、僕はニコン嫌いでも、アンチでもなんでもない。古いユーザーだ。

Capture NX-Dというのは、如何にも、如何にもの感じだったので、此れまでbeta版を少し使った以外、本番は入れていなかった。というのも、NX-Dに然程の魅力を感じなかったことと、NX2を長年使った者には違和感があったからだ。

今回、ひょんなことから、直観的にインストールしてみみて、Nikon D3300のRAWファイルを現像してみて気づいたことがある。
横位置の画像では異常を発見することは無かったのだが、縦位置の画像で変な事が起こる。
以下の3枚は、①撮って出し、②水平補正のみ実施、③水平補正した後、端がイビツなので少しだけ補正したものだ。それぞれ長辺1200ピクセル 3対2アスペクトだ。

① オリジナル

Dsc_original


② 水平補正
Dsc_horizon


③ 水平補正と端の僅かなトリミング
Dsc_slightcrop

これ視た人は誰でも気づくと思うのだか、②と③は勝手に異常なクロップが発生している。これの改善方法を色々探したか見つからない。なお、NX-Dはシルキーの如く、縦ピクセルと横ピクセルを定義するのではなくて、長辺ピクセルと短辺ピクセル数を決めるやり方なので、縦横を誤ったオペレーションをしたわけではない。

これって、何だろうか。

なお、念のために横位置の画像ではこのようなオカシナことは起こっていない。
これでは使い物にならないのだが____。

webで議論されているかどうかは知らないが、これでは使えないという怒りが起こってもよさそうなのだが、意外とRAW現像なんてやらないのだろうか??

メーカーオリジナルソフトによるRAW現像というのは、実に重要なオペレーション(画像リソース)なのだが、このNX-Dは16ビット/chにも対応しておらず、極めて中途半端な存在だ。

ダイナミックレンジの解像度(8or16ビット/ch)はその後のレタッチ耐性に大きく影響するのに、この様な中途半端ではどのように使ったら良いのか不思議でならないし、Nikon D810/750などは既にCapture NX2非対応なのでなおさら困ったものだ。

メーカーオリジナルRAW現像ソフトが最もそのカメラのRAWファイルの特性を知り尽くしていると聞かされている。特にCamera Rawは酷過ぎるのでそのような話になったのかもしれない。共通ソフトこそスタンダードだと思っていた者には、目から鱗だったのだが、確かにアドビーで現像するよりもCapture NX2で現像する方が良い調子と解像力を提供するようだ。

此のことはシルキーにもいえる。つまり、シルキー現像は万能性能ではないのだ。
変なたとえ話を書く。

ライカはネイティブRAWソフトがアドビ(DNG形式)なので、PhotoShopかLightRoomがネイディプといえる。で勿論シルキーはサードパーティーとなるのだが、明らかにアドビで現像した方が限界的な色が豊富に出る。つまり、けちょんけちょんに云われているアドビcamerarawでさえオリジナルとして使われるときは綺麗に出るという逆説でもある。

この話の以前の話、今の事情は知らないが、LUMIXは伝統的にシルキーをバンドル版ネイティブRAW現像ソフトとしてきた。これは卓見だったのだが、当初の頃はLUMIX現像に限るという縛りをかけていたので、他メーカーに流れた人はシルキーの直観的オブレーションになれてこれにスティクするという算段だったのかもしれない・

一般的にアドビは鮮鋭だが、ノイジーで、シルキーは調子は豊富だから、シャープネスに欠ける。この双方の利点、弱点を見ても、RAW現像というのは一様には出来ない。メーカーオリジナルが必要な事情はここにある。

非情にセンシティブな人々はオリジナルRAW現像をしてから、アドビで調整するという作法の様だ。

だから、NX-Dが変だととても困る人が多く出るはずなのだが、不思議でならない。

| | Comments (2)

PCフリーズ真犯人と、無関係なNikon Caputre NX-Dのトラブル

Nikon がCapture NX2を放り出し、Capture NX-Dなる無料ではあるが、シルキーの出来損ないの様な現像ソフトを出してどれ程に成るのかも忘れてしまった。

こう書きだすのには、長い長い事情がある。

最近PCフリーズが頻発していて往生こいていた。2週間ぐらい前には週一回程度のトラブルだったのが、段々と頻度を上げてきて昨日は一日に数回フリーズし始めた。

フリーズの頻度が増すというのは、一般的にハード異常の可能性が高い。ソフトのコンフリクトならば頻度は大体マダラになるはずだ。当初IEの何かとのコンフリクトではないか、或いはwindows defenderとノートンとのコンフリクトでは無いかと疑った。で、必要なパッチは一応施し、windows defenderも無効にした。
ても、フリーズは起こる。

さて、ここで、「あ、そうだ」と思いついたのか、Nikon Caputure NX-Dのインストールだった。ここの辺りはかなりシュールな思考経路なので深く説明が出来ないが、なぜかNX-Dをインストールして、ニッコールレンズのディストーションはわりと良く消えているなぁ、などとつまらないことに感心したりして、暫し過ごした。すると、実にこのNX-D操作中にまたPCフリーズが起った。

ふと、その時気づいたのだが、マウスの電源インジケーターランプが消えたり点いたりしている。これはヒョットするとマウスの異常だと勘が騒いだ。(正確にはクリック・カウント・レート・インジケーター)

--------------
今日新たに最新のケーブル式マウスを購入した。家電量販店と云うのは人だかりが怖くて普段殆ど近寄らないのだが、行かないと通販になってしまうのでしようがない。1870円で、今使っているのよりもやや上等なのを買ってきた。別にメーカーなど何でも良かったので、一番多くディスプレーされていたサンワ製のダブルクリックボタン付、赤外線光学式マウス、改ページボタンが左に直列していて、この辺りは今までのよりも少しだけ進歩しているが、クリックカウント・レートのインジケーターは無いので、無暗に押して試すしかない・・・。TOTOとINAXの違い(?)の様な物か・・・。

マウスはAT-X型とはいえデスクトップ型の筐体裏に挿してあるので、ここに手を伸ばすまでに相当程度の片づけが必要だった。僕のPCデスクは当然自作、幅180cm奥行105cmという巨大なテーブルだ。そして、壁面の深さ45cmの窪みにはめ込んであるので、手前からしかアプローチできない。まあ、出窓ではないのだが、出窓の様な構造の凹みの部分に僕のシャックは高さ200cm、幅180cm、奥行き105cmという巨大な棚の様な構造に成っている。

ともかく、10分ほど格闘して、漸く差し替えた。

その後フリーズはまだ起きてない。昨日までのフリーズ頻度から考えると、とうもこれで解決したようだ。

かつては、マウスの故障はマウスが動かないノミと云う場合が多かったので、まさかマウスがフリーズさせるとは思っても視なかったが、そういえばほゞ100パーセント近くマウス操作中にフリーズしていたのだから、怪しむべきだったのかもしれない。

多分90パーセント位の確率で、マウス由来のフリーズだったという結論になりそうだ。
----------------

ところで、クダンのNX-Dだが、トンデモナイ事に気づいた。最新バージョンなのだが。なぜNX-Dを使うのかというと、ニッコールレンズがデフォルトで歪曲収差修正してくれるからなのだが、・・・。それをjpegなり、Tiffに落として、別途レタッチする分にはそれで良い。

とろこが、一応このソフトはシルキーの出来損ない位のことは出来るし、GUIは全くシルキーそっくりなので、多少の違いはあっても使い易い。ので、色々、クロップ、回転やら何やら弄った・これを現像(他形式に変換)する。リサイズしてもしなくても、弄ったファイルは変な風に一部だけ現像される。これは明らかにバクだし、壊れていて使い物にならないとしか言えない。

この問題で困っている人は居ない筈が無いのだが・・・・。

----------------

まあ、シルキーのOEMっぽい感じが濃厚であることから・・・。逆にシルキーの現像でもニコンのネイディプでも然程違わないという推量は可能となり、シルキーを使っている分にはNX-Dは要らないのかなとも思うが、デフォルトで歪曲をとるところまでシルキーはやってくれない。

何とかに短し、何とかに長しというハメにあっている。

マウスのフリーズから随分と尾鰭が付いた話になってしまった。

| | Comments (0)

その他のカテゴリー

Adobe Lightroom | Adobe Photoshop CC | Adobe_ | AF-S NIKKOR 18-55mm f/3.5-5.6G VR II DX | Af-s Micro Nikkor 105mm F/2.8 G VR | AF-s Nikkor 105mm F/1.4 E ED | AF-s Nikkor 12-24mm F/4.0 G DX | Af-s Nikkor 14-24mm F/2.8 G | AF-S Nikkor 16-80mm f/2.8-4E ED VR DX | AF-s Nikkor 16-85mm F/3.5-5.6 G VR DX | Af-s Nikkor 18-140mm F/3.5-5.6 G ED VRII DX_ | Af-s Nikkor 18-200mm F/3.5-5.6 G VR DX | Af-s Nikkor 20mm F/1.8G | AF-s Nikkor 24-120mm F/4.0 G VR | AF-s Nikkor 24-70mm F/2.8 G | Af-s Nikkor 24-85mm F/3.5-4.5 G VR | Af-s Nikkor 24mm F/1.8G | AF-s Nikkor 28mm F/1.8 G_ | Af-s Nikkor 300mm F/4.0E VR | AF-s Nikkor 50mm F/1.4 G | Af-s Nikkor 50mm F/1.8 G for Df ver. | Af-s Nikkor 70-200mm F/4.0 G VRIII | AiAF Micro-Nikkor 60mm F/2.8D_ | AiAF Nikkor 20mm F/2.8 D | AiAF Nikkor 35mm F/2.0D | AiAF Nikkor 80-400mm F/4.5-5.6 D ED VR | art culture | camera flash | Camera Lens shoping | camera science | Canon EF 24-105mm F/4.0 L IS | CANON EF 40mm F/2.8 STM | CANON EF-S 10-18mm F/4.5-5.6 IS STM | CANON EF-S 18-55mm F/3.5-5.6 IS STM | CANON EF-S 24mm F/2.8 STM | Canon EOS 5D Mark II | Canon EOS 6D | CANON EOS Kiss X7 | car insight | Carl Zeiss Biogon 28mm F/2.8 ZM | Carl Zeiss Distagon 24mm F/2.0 ZA | Carl Zeiss Loxia 21mm F/2.8 | Carl Zeiss LOXIA 35mm F/2.0 | Carl Zeiss Planar 50mm F/1.4 FE | Carl Zeiss Sonnar 55mm F/1.8 FE ZA | Carl Zeiss Sonnar FE 35mm F/2.8 ZA | Carl Zeiss Vario-Sonnar 16-80mm F3.5-4.5 ZA | Carl Zeiss Vario-Tessar 16-35mm F/4.0 FE ZA OSS | Carl Zeiss Vario-Tessar FE 24-70mm F/4.0 ZA OSS | Chinema | CINEMA | computer | CONTAX T2 | count down | culture | culture and science | Digital camera insight | digital sensor science | Financial Markets | food | Gardening | Geographical Insight | Hasselblad X1D | Health | Kenko mirror lens 800mm/8 | LAOWA 15mm F/4.0 Wide Angle Macro with shift | LEICA D Vario-ELMAR 14-50mm F/3.8-5.6 OIS | LEICA SL | Leica X Vario typ107 | Life | Lumix G 14-84mm F/3.5-5.6 OIS | LUMIX G20mm F/1.7 | LUMIX GF1 | LUMIX L10 | m Zuiko D 12mm F/2.0 | M. ZUIKO D. 40-150mm F/4.0-5.6 | M. ZUKIO D. 14-42mm F/3.5-5.6 II R | mental health | Nikkor 20mm F/4.0 | Nikkor PC Auto 105mm F/2.5 | Nikon Capture NX-D | Nikon COOLPIX S8200 | Nikon D200 | Nikon D3 | Nikon D300 | Nikon D3300 | Nikon D3x | Nikon D40 | Nikon D40x | Nikon D5100 | Nikon D600 & D610 | Nikon D610 | Nikon D700 | Nikon D7100 | Nikon D800E | Nikon D810 | Nikon D90 | Nikon Df | Nikon F6 | OLYMPUS E-5 | OLYMPUS E-P1 | OLYMPUS E-P3 | OLYMPUS OM-D E-M10 | Olympus OM-D E-M5 | PC-E Micro Nikkor 45mm F/2.8D | PENTAX K-S1 | PENTAX K-X | photo art | photo science | PhotoShop | printer | private_ | rumors | SEAGULL DF1000 | Seagull_ | SIGMA 150mm F/2.8 APO MACRO DG HSM | SIGMA 17-50mm F/2.8 DC EX OS HSM | Sigma 17-70mm F/2.8-4.0 OS v2013 | SIGMA 18-35mm F/1.8 DC Art | SIGMA 50-100mm F/1.8 DC ART | SIGMA 70mm F/2.8 DG Macro EX | SIGMA DC18-200mmF3.5-6.3 3rds model | SIGMA DP1 | SIGMA DP2 | SIGMA EF-630 | SIGMA MC-11 | SIGMA SD Quattro | SIGMA SD1 merrill | SilkyPix | social insight | socicial insight | SONY 85mm F/2.8 SAM | SONY E20mm F/2.8 | SONY FE 28-70mm F/3.5 - 4.0 OSS | SONY FE 70-200mm F/4.0 G OSS | SONY FE MACRO 90mm F/2.8 | SONY FE28mm F/2.0 | SONY Image Data Converter | SONY RX100 III | SONY VCL-ECF2 | SONY α37 | SONY α6300 | SONY α7 | SONY α7R | SONY α7R II | Tamron AF 18-250mm F/3.5-6.3 Di II (A18) | Tamron AF 28-80mm F/3.5-5.6 Asprcl | Tamron AF 70-200mm f/2.8 SP Di LD [IF] macro_ | TAMRON AF 70-300mm F/4-5.6 Di LD MACRO (A17) | TAMRON SP 24-70mm F/2.8 USD VC | TAMRON SP AF 90mm F/2.8 Di MACRO 1:1 (272E) | TOKNA 12-24mm f/4.0_ | VCL-ECF2 | VCL-ECU2 | Voigtlande NOCTON 25mm F/0.95 | Voigtlander Heliar Classic 75mm F/1.8 | VOIGTLANDER Super Wide-Heliar 15mm F/4.5 | whisky | world traveler | Zuiko D 12-60mm F/2.8-4.0 SWD | センチメンタルジャーニー