Nikon D3x

January 21, 2016

Waikiki 2011 (3)

D3x_36601200
(Nikon D3x  Af-s Nikkor 24-120/4.0G VR)

ちょっと不気味だ。
不気味な写真を作るのは、ローキーにするのがハイキーにするよりも簡単であるという原理に似て、比較的簡単だ。現像過程で変な事をすると大抵不気味になる。

ハイキーでハイセンスな写真の方がより洗練された高度なテクニックと経験/手練れた感性が必要である事を比較して、ローキーは簡単で入り易い。

ただし、気味の悪い写真というのは、あまり受けが良くない。せめてドラマチックの方が多くの人の心に響くということなのだろうか。

| | Comments (0)

Waikiki 2011 (2)

D3x_36441200


太陽が入る様な逆光は大変難しいのだが、比較的ダイナミックレンジが広いカメラだと一枚でも何とか修飾できることもある。ブラケット+ HDR合成という手もあるけど、高性能クラスでないと±5EVなんてえのは中々出来ない。そもそもブラケットの場合、絞りを固定すると手振れが起りそうになったり、シャッターを固定するとぼけぼけになったりする。

↑の事例はD3x ISO400の設定なので、ダイナミックレンジは並みの古いAPS-CカメラISO100と同程度のはずだ。でも、シャドーを持ち上げるとなんとか救済される。ただしこれ以上持ち上げると不自然になる。

| | Comments (0)

January 20, 2016

Waikiki 2011

D3x_35901200

この画像は24-120mm/4.0G VRの望遠端で撮影した後、換算200mm位までトリミングしている。このカメラ・レンズでの組み合わせは解像力が貧弱という印象が強い。

D3xはその当時の135判フルサイズでは最高画素数を誇っていたのだが、ややローパスかAAF(ないしはノイズキャンセル)エンジンが強くかかっている印象が強い。

もともと、このセンサーはニコン仕様にしたソニー製と聞いているがノイジーだ、高感度もイマイチ出ない。ソニーは同様のセンサーを自社カメラにも搭載したが、やはりノイジーだったようだ。当時のソニー製センサーはまだノイジーだったということか・・・Hi2で実質ISO6400まで伸ばせるものの、ノイズとの戦いになる。もともとの狙いはスタジオカメラだったのだろう。ただし、ダイナミックレンジはISO6400にしたD3と比較しても良い勝負のようだが、S/N比が良くない。現在のソニー製センサーとは隔世の観がある。

時代は変わった。現在ではソニー製フルサイズ24MPix搭載のカメラは比較的リーズナブルに買えるし、高感度も良好だ。それに、一眼レフでなくても存在するあたりは凄い。

| | Comments (0)

November 01, 2015

アーカイブから 10

2011年12月撮影、ホノルル
D3x_39352





Nikon D3x Af-s Nikkor 24-120mm F4.0 G VR

| | Comments (0)

October 30, 2015

アーカイブから 9

2010年9月撮影、小岩井牧場D3x_18942

撮影機材、Nikon D3x  Af-s Nikkor 1424/2.8G

当時超広角域で最もシャープな機材だったが、今回は牛のリアルな風合いが出る様に随分と工夫してみた。

それにしても、2009年に、Nikon D3xが発売された時は一種の興奮感が漂っていた。ニコンで初めて出した2000万画素級カメラで、しかもフラグシップ、電池は一回のチャージで5000枚も写せるので、僕はウエディング・フォトグラファーになったとき随分重宝した。一回に5000枚写してしまった。当時の発売価格は80万円を超えていたと思う。でも、其れしかなかった。(ライカの理論と同じで、これしかないものは仕方がない)

今から6-7年も前の事だから、画像処理は大変だった。で、あんまり使いたくなくなった。当時のマシンはcorei5 2.8GHz、どうにか使える程度だった。

現在、フルサイズだったら普通に普及品で2000万画素級のセンサーはついてくる。そして、D3xは最高感度1600拡張+2で、6400でしかなかったのだが、いまでは、その4倍は明るくできる。比較するのもバカバカしくなる。

デジタルカメラは消耗品だと、つくづく感じる記念のカメラになってしまった。

| | Comments (0)

April 22, 2015

Nikon D3xという偉大なカメラ

今日掲示する一枚は2011年12月撮影、Nikon D3xとAf-s Nikkor24-120/4.0GVR。
D3x_4209





この時、僕はこれから高画素機時代が到来すると予想して、最後のD3x撮影に成るだろうと書いた記憶が残っている。
この一枚は既にアーカイブに入っていて、PC本体のデータではないものを探し出した。今から凡そ3年半前の物だが、この当時民生用としてはD3xは最高画素数24Mpix機が写せるという意味でソニー製と此れしかない時代だった。Canonはずうっと高画素機を出していたが、依然として2000万画素を少し超える程度であったので、テクニカルにはD3x等よりも画素数は少ない。(その実質的違いは何も無いのではあるが…)

D3xはD3よりもダイナミックレンジが広いということで、当時のDxOmarkで多分一番が二番のスコアを得ていたが、その実は常用高感度がISO1600までで、6400は2段増感という、あまり気持ちの良い物ではなかった。現在のD3300でも其の辺りまでは十分使える事を考えると隔世の観がある。

結局その当時、大したレンズも無くて、ここに例示する24-120/4.0の非力を明らかに示すと云うという笑えない高性能機でもあった。

実はこの手の大型135判デジタル一眼レフは手振れに強い。だか、極端な事を言えば、24-120/4.0VRなどの手振補正レンズよりも、24-70/2.8Gなどの高性能レンズの方がよりシャープに写るという経験則を未だ僕は持っていなかった。

現在、ニコンもキャノンもこの手の大型機にこのような高画素センサーを搭載したモデルは多分出していない。

最後の135判大型高画素機という意味でも、歴史的名機と呼んでも良いのではないだろうか。ちなみにこのカメラで一日に数千枚写した日もあったので、このカメラの良い所、困ったところ、良く知っているつもりだ。高画素の割にぬるっとした質感に写る、良い意味で柔らかい描写が好きだ。

| | Comments (0)

December 29, 2014

ホノルル通信 2014 5

今年のホノルルはちょっと肌寒い。夏は相当暑くて大変だったと聞いたが、このところかなり気温が低い.。

とは言え,人手は多くリーマンショック直前のお祭り騒ぎを思い出す。まあ、今回、いまだワイキキの通りを歩いていない。宿泊はいつもとおなじだから、カルカウア大通りは上から眺めいるが、出かけるときはいつも車で出かけてしまうので、大通りを歩かないままに過ごしてる。
明日にも行ってみよう。




Dsc_3384_4

| | Comments (0)

May 03, 2014

何ぼの物かという観点 (2)

下の例は、前回エントリーど同じ2009年の夏、発売半年以内のNikon D3xと、2008年に発売されたAf-s Nikkor 14-24mm F/2.8G 所謂大三元のウルトラワイドレンズで撮影している。

Nikon D3xは当時の135判としては最高画素数で、ダイナミックレンジも広く、価格の点でも最高に近かった。また、Af-s Nikkor 14-24mm F/2.8G は、雑誌でも話題になるほど良く写るレンズでいまでも絶大な信頼を得ているが、重量は1キログラムにもなる。D3xも1.2キロを超るカメラなので、この組み合わせは、まるて、67カメラを手持ち撮影している様なきぶんにさせられる。

今見ても、良く写っているとは思うが、12Mpixと24Mpixの差というのは、この程度のブログでは何の役にも立たないという好事例なので、一応紹介したいと思う。

現在、SONY α7R用のウルトラワイドレンズが供給未了の状態であり、もしも、アダプターで使うとするならば、このレンズは諸元面では第一候補だが、せっかくのSONYの軽量カメラという長所をスポイルしてしまう。僕はもっと安くて軽いレンズの方が好みなのだが…。

D3x_1836

| | Comments (0)

November 23, 2013

Ten (10)

I have such a few chance to use ultla-tele-photo lens, that is to say, my tele lens portforio is very poor. AiAF Nikkor 80-400mm D VR ED was one of such compromize those days. Long end of the lens shows something that you want do something to do with it after process.

Here one rare ocation that I use  Nikon D3x with 80-400(old model)
D3x_1986

| | Comments (0)

November 22, 2013

SHYAKOKI-DOGU at JR Kizukuri-Station, AOMORI

If you finde this ceramic cousin from somwhere, such as your farm yards, you will be a extraordinaly rich man. Photo below is just a train station, with Iconic decoration, that the original one was discovered around here.
Some UFO fun believes this very strange statue means that UFO came to the country in old days.

at Kizukuri(木造)-sation in 2010
D3x_2029

| | Comments (0)

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

Adobe Lightroom | Adobe Photoshop CC | Adobe_ | AF-S NIKKOR 18-55mm f/3.5-5.6G VR II DX | Af-s Micro Nikkor 105mm F/2.8 G VR | AF-s Nikkor 105mm F/1.4 E ED | AF-s Nikkor 12-24mm F/4.0 G DX | Af-s Nikkor 14-24mm F/2.8 G | AF-S Nikkor 16-80mm f/2.8-4E ED VR DX | AF-s Nikkor 16-85mm F/3.5-5.6 G VR DX | Af-s Nikkor 18-140mm F/3.5-5.6 G ED VRII DX_ | Af-s Nikkor 18-200mm F/3.5-5.6 G VR DX | Af-s Nikkor 20mm F/1.8G | AF-s Nikkor 24-120mm F/4.0 G VR | AF-s Nikkor 24-70mm F/2.8 G | Af-s Nikkor 24-85mm F/3.5-4.5 G VR | Af-s Nikkor 24mm F/1.8G | AF-s Nikkor 28mm F/1.8 G_ | Af-s Nikkor 300mm F/4.0E VR | AF-s Nikkor 50mm F/1.4 G | Af-s Nikkor 50mm F/1.8 G for Df ver. | Af-s Nikkor 70-200mm F/4.0 G VRIII | AiAF Micro-Nikkor 60mm F/2.8D_ | AiAF Nikkor 20mm F/2.8 D | AiAF Nikkor 35mm F/2.0D | AiAF Nikkor 80-400mm F/4.5-5.6 D ED VR | art culture | camera flash | Camera Lens shoping | camera science | Canon EF 24-105mm F/4.0 L IS | CANON EF 40mm F/2.8 STM | CANON EF-S 10-18mm F/4.5-5.6 IS STM | CANON EF-S 18-55mm F/3.5-5.6 IS STM | CANON EF-S 24mm F/2.8 STM | Canon EOS 5D Mark II | Canon EOS 6D | CANON EOS Kiss X7 | car insight | Carl Zeiss Biogon 28mm F/2.8 ZM | Carl Zeiss Distagon 24mm F/2.0 ZA | Carl Zeiss Loxia 21mm F/2.8 | Carl Zeiss LOXIA 35mm F/2.0 | Carl Zeiss Planar 50mm F/1.4 FE | Carl Zeiss Sonnar 55mm F/1.8 FE ZA | Carl Zeiss Sonnar FE 35mm F/2.8 ZA | Carl Zeiss Vario-Sonnar 16-80mm F3.5-4.5 ZA | Carl Zeiss Vario-Tessar 16-35mm F/4.0 FE ZA OSS | Carl Zeiss Vario-Tessar FE 24-70mm F/4.0 ZA OSS | Chinema | CINEMA | computer | CONTAX T2 | count down | culture | culture and science | Digital camera insight | digital sensor science | Financial Markets | food | Gardening | Geographical Insight | Hasselblad X1D | Health | Kenko mirror lens 800mm/8 | LAOWA 15mm F/4.0 Wide Angle Macro with shift | LEICA D Vario-ELMAR 14-50mm F/3.8-5.6 OIS | LEICA SL | Leica X Vario typ107 | Life | Lumix G 14-84mm F/3.5-5.6 OIS | LUMIX G20mm F/1.7 | LUMIX GF1 | LUMIX L10 | m Zuiko D 12mm F/2.0 | M. ZUIKO D. 40-150mm F/4.0-5.6 | M. ZUKIO D. 14-42mm F/3.5-5.6 II R | mental health | Nikkor 20mm F/4.0 | Nikkor PC Auto 105mm F/2.5 | Nikon Capture NX-D | Nikon COOLPIX S8200 | Nikon D200 | Nikon D3 | Nikon D300 | Nikon D3300 | Nikon D3x | Nikon D40 | Nikon D40x | Nikon D5100 | Nikon D600 & D610 | Nikon D610 | Nikon D700 | Nikon D7100 | Nikon D800E | Nikon D810 | Nikon D90 | Nikon Df | Nikon F6 | OLYMPUS E-5 | OLYMPUS E-P1 | OLYMPUS E-P3 | OLYMPUS OM-D E-M10 | Olympus OM-D E-M5 | PC-E Micro Nikkor 45mm F/2.8D | PENTAX K-S1 | PENTAX K-X | photo art | photo science | PhotoShop | printer | private_ | rumors | SEAGULL DF1000 | Seagull_ | SIGMA 150mm F/2.8 APO MACRO DG HSM | SIGMA 17-50mm F/2.8 DC EX OS HSM | Sigma 17-70mm F/2.8-4.0 OS v2013 | SIGMA 18-35mm F/1.8 DC Art | SIGMA 50-100mm F/1.8 DC ART | SIGMA 70mm F/2.8 DG Macro EX | SIGMA DC18-200mmF3.5-6.3 3rds model | SIGMA DP1 | SIGMA DP2 | SIGMA EF-630 | SIGMA MC-11 | SIGMA SD Quattro | SIGMA SD1 merrill | SilkyPix | social insight | socicial insight | SONY 85mm F/2.8 SAM | SONY E20mm F/2.8 | SONY FE 28-70mm F/3.5 - 4.0 OSS | SONY FE 70-200mm F/4.0 G OSS | SONY FE MACRO 90mm F/2.8 | SONY FE28mm F/2.0 | SONY Image Data Converter | SONY RX100 III | SONY VCL-ECF2 | SONY α37 | SONY α6300 | SONY α7 | SONY α7R | SONY α7R II | Tamron AF 18-250mm F/3.5-6.3 Di II (A18) | Tamron AF 28-80mm F/3.5-5.6 Asprcl | Tamron AF 70-200mm f/2.8 SP Di LD [IF] macro_ | TAMRON AF 70-300mm F/4-5.6 Di LD MACRO (A17) | TAMRON SP 24-70mm F/2.8 USD VC | TAMRON SP AF 90mm F/2.8 Di MACRO 1:1 (272E) | TOKNA 12-24mm f/4.0_ | VCL-ECF2 | VCL-ECU2 | Voigtlande NOCTON 25mm F/0.95 | Voigtlander Heliar Classic 75mm F/1.8 | VOIGTLANDER Super Wide-Heliar 15mm F/4.5 | whisky | world traveler | Zuiko D 12-60mm F/2.8-4.0 SWD | センチメンタルジャーニー