Nikon D7100

April 07, 2017

面影橋界隈 #2

D71_27161200


面影橋界隈
AF-P Nikkor 70-300G ED VR  D7100

花びらの透明感を出す方法を検討してい。
まず、アンシャープマスクはなるべく掛けないか、最後に必要最低限にすること…これをしないと、花びらの縁が線になって花びらが厚くなったようにみえる。

光線は逆光気味。これは意外と難しいけど、一応透明に見える。

第三の方法は、何度も写してみて、自分で見つける事。

| | Comments (0)

April 09, 2016

ニコンのQ(消音)モードとα7RIIの電子シャッター

 ここしばらくの間ニコンの上級カメラをあまり使わなかったので、色々驚いてたことがある。

その一つ、手元のD800E、 D610、 Df、 D7100で確認されたシャッターモード「Q」の存在、さらにD610には連写用のQcというモードが有る。

これは、小音モードとされている。シャッター、ミラーの動作をずらすのか、緩慢にして、小音化を図ろうという機構で、多分他メーカーでも同じ様なのがありそうだ。

でも、これって、DfのQモード以外くだらなすぎる。確かに消音は少しだけ効果が出ているが、音が小さくなっている訳ではない。

唯一、DfのQはレリーズボタンを戻すまで、次の音がしないので少しはましかもしれない。

いずれにしても、くだらない。D610のQcにいたっては、D40の様な音になっている。

ここで、α7r IIの無音モード(電子シャッター)について触れたい。D810にも先幕電子シャッターと云うモードがある。
先幕電子シャッターは先代のa7からついていたが、大した消音効果はない。ソニーの場合は反応性の向上の方が効果絶大だ。

ところが、ソニーの場合、全面電子シャッターになると、物凄いことになる。全く無音。
全面電子シャッター装置がついているカメラは僕の場合LEICA X Vario以来だ。LIECAのは非常に良くできていて、全く電子シャッターであることを忘れさせるが、SONYのはチョッと問題がある。

蛍光灯下での撮影でSONYの電子シャッターは結構なフリッカーが出てしまい、写真として成り立たないという場合がある。

いずれにしても、完全無音モードで僕のカメラの中で、唯一うまく行っているのはLEICAだけだ。

| | Comments (0)

April 01, 2016

今日は昨日の続き

D71_17891200



4月に入ったけど、ただ慌ただしいだけで、何か良いことが有りそうにもない。

今日は昨日の続きだ。

←に促されて扉を開ければ、そこに何かが有るのだろうか。

| | Comments (0)

March 31, 2016

天と土と草と光・・・そして人間

D71_18671200


「たぬき」(「た」は抜かして話す)の話ではないのだが、40年間、鉄道とネコ(ネコに限らずではあるが)とは被写体にしてはいけないという戒律を守らされている。まあ、自主的に守っている、というほうが妥当か。

で、時々その戒律がもどかしくて、飛行機を写したりしてストレスをまぎらわしたりしているわけだが。まあ、ネコは40年といのは嘘で、1年ぐらいの戒律なのだが、鉄道は18歳の時に指導者から(笑)授かった厳しい戒律なので、理由は兎も角、写せない。(笑)

すると、急に写すものが散漫になりがちなので、良くない。

これは工夫が足りないという事なのだが・・・僕が写真を写す理由の中で最も挑戦的だと思っている指向部分は、ちょっと口幅ったいから一度も書いたことが無い夢想・・・、キュレーターやその周囲の関係者を驚かせたら死んでも構わない程うれしい気分になるんじゃないかと・・・妄想すること。つまり、変な写真を撮る事なのかもしれない。

皆に、「わー、綺麗な写真、素敵だね」と云われたいと一度も思ったことが無いアマノジャク。

だって、みんなが良いねって云う写真は、ツマラナイじゃないか。

写真ではなくて画の話だけど、ゴッホだって、ゴーギャンだって、生前は大した評価はなかった。まあ、僕はゴーギャンはあまり好きではないのでどうでも良いが、ゴッホのタッチというのは、どうしても盗みたい気分になる。あれって、(破たんした)階調に秘密がありそうだ。

「なんだ、こりゃ」から始まらないと、出る釘になれないじゃないか。
「出る釘になれ」だ。

そもそも、日本人の芸術審美眼って物凄くデタラメで、有名な人はみんな最初海外で有名になってから、何故だか知らないけど、日本で急にチヤホヤされるようになる・・・まあ、ノーベル賞学者が後から文化勲章をもらう事に似ているんだよね。

でも、人を感じるものが僕は好きだ。人そのものは写す機会が少なくて、特に人物像はモデルでも探さないとウマクくないので、機会が少ない。(2週間程前にその鬱憤を晴らして3時間で100ギガバイト以上も写したのは其のせいだ)

この10日間程その3000枚を超えるRAWファイルから選び出して40枚ほどの習作集を纏めつつ色々と感じ、考えてしまった。

これまで、人をモデルに半ば独占的に写す機会は限られていたし、あまり知見が無かったのだが、人ほど面白い被写体はないと納得した。

そして、ライティングは電力が許すならば、(スタジオ用も含めい)ストロボを使うよりも、白熱球で写す方がずっと効率的に写せることにも気づいた・・・現代の高級カメラは色温度をケルビンで設定できるので、タングステンだからといって気にすることもないし、また、後処理でいくらでも変えられるので、色温度の心配は少なくなった。それよりは、目視で陰影を確認しながら写せることは有りがたい。これも、カメラの感度が抜群に良くなったからだ。数年前のデジタル一眼レフだったら、きっとためらっていたと思う。

そのスタイルは人々様々だが、人の表情と質感(笑)というものは、我々がもっとも日常的に接しているものの、カメラは無機的に写しだすので、その後処理がこれまた面白い。
僕はズボラな性格なので、今回は全面的にLightroomを使った。
最新のLightroomは人を処理(笑)するのに非常に面白い機能が付いている。

高性能カメラ(描写力が優れているという意味)が人を写すのに最も優れているかどうかは不明だが、最後の解像力は表現に合わせて決めなければいけない。これはフィルムの時代には物凄く困難な技術だったはずだけど、デジタルだと割と気楽に決めていける。

人物を写すのには連射速度が5枚/秒を少し超える位のが一番効率的に思えるが、広大なダイナミックレンジと、抜群の高画素数は必須に感じる。今回はD800Eを使用したが、やや連射速度が遅くてイライラした。D800Eって、連射速度5枚/sは無いかもしれないと思った。

高速連射カメラはD3/D700(縦グリ付)ぐらいしか持っていない。フレーミングが上手ならばD3/D700縦グリでも構わないが、後から縦位置、横位置を変える位の事を頻繁に行うのには画素数が心配・・・、で、コンプロマイズとしてD800Eを使った・・・このモデルと現代のNikkorは極めてシャープな画像を約束する・・・つまり、必要十分なだけシャープに写る。トリミングも自在で、僕の場合は下手糞なので結構1/2以上クロップしてしまうこともあるが、何ら問題が無い。(勿論12MpixのD3でも、A4程度のプリントやWEB掲載ならば、半分にクロップしても問題はないが、A3を超えて来ると、大胆なクロップはしたくないなあと思う)

ここで事例を掲載できないのが残念だが、自分でも「新しい」と感じる表現を探り続けている。

これまで、街撮り・・・ストリート・スナップシューターを自認してきたが、人を人という被写体として写す事の楽しさの虜になってしまった。スナップの場合は知らない人を結構意地悪に観察して写すので、同じ人を写すと云っても、明らかに世界が違う。

ただ、それは撮影会など「撮らして頂く」のようなものはつまらない。被写体との心理的距離感が写真が面白くなるかどうかの鍵だということに気づいた。

古い映画でジュリア・ロバーツがパット森田を初期の富士・ニコン合作のデジタルカメラで面白く写していたことを思い出す。そして、後処理は当然Photoshopだ。

| | Comments (0)

少しずつ前進

D71_17911200
Af-s Nikkor 16-80/2.8-4.0E VR  Nikon D7100

ちょっとupdateをサボってしまった。

明日から新年度・・・。
変化の予感がする。

新しさへの挑戦は終わる事のないドラマ。
新しさとは驚きへの招待状。
新しさこそ、喜びの象徴だ。

| | Comments (2)

March 27, 2016

谷中ぎんざ

D71_18881200_2



Af-s Nikkor 16-80/2.8-4.0 G VR  / Nikon D7100


別に撮影に行ったわけではない。
故有って、谷中を訪れた。

ここは、やや異様な雰囲気のところだと気づいた。

これは、旧軽銀座の雰囲気に似ていて、僕は馴染めないところだと思った。

| | Comments (0)

October 04, 2015

TOKINA 12-24/4.0

この古いレンズは色収差が目立つので、何か救済法が必要かもしれない。
Lightroomの色収差補正はあまり直観的ではない・・・。

多分このレンズは二代目の12-24 4.0 DX IIというモデルだと思う。モーター内蔵型だ。

で、Lightroomのプロファイルは同じ諸元のAf-s DX Nikkor 12-24/4.0Gだと勘違いしている。それでもまあなんというか、構わない様な感じもする。クダンのNikkorは何処かに貸し出してここ数年帰ってきていないので、仕方なくTOKNAを購入したのだが、これだけ大きくて重いと、SONYのVario-Tessar16-35/4.0FEと大差ないので、近年はVario-Tessarばかり使っている。

↓の例は2013年 D7100で写した。

D71_11281


D71_10801

| | Comments (0)

October 01, 2015

四季彩の丘を懐かしむ

今年の夏は何かと忙しくて、美瑛を訪れることが無かった。
↓は2013年10月撮影。

SIGMA 17-70 (C) 、Nikon D7100
D71_10531

| | Comments (0)

July 10, 2014

去年の秋 (2)

D71_1093

| | Comments (0)

去年の秋

D71_1079


秋は毎年来る

| | Comments (0)

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

Adobe Lightroom | Adobe Photoshop CC | Adobe_ | AF Nikkor 28mm F/2.8 (S new) | AF-P Nikkor 70-300mm F/4.5-6.3G ED | AF-S NIKKOR 18-55mm f/3.5-5.6G VR II DX | Af-s Micro Nikkor 105mm F/2.8 G VR | AF-s Nikkor 105mm F/1.4 E ED | AF-s Nikkor 12-24mm F/4.0 G DX | Af-s Nikkor 14-24mm F/2.8 G | AF-S Nikkor 16-80mm f/2.8-4E ED VR DX | AF-s Nikkor 16-85mm F/3.5-5.6 G VR DX | Af-s Nikkor 18-140mm F/3.5-5.6 G ED VRII DX_ | Af-s Nikkor 18-200mm F/3.5-5.6 G VR DX | Af-s Nikkor 20mm F/1.8G | AF-s Nikkor 24-120mm F/4.0 G VR | AF-s Nikkor 24-70mm F/2.8 G | Af-s Nikkor 24-85mm F/3.5-4.5 G VR | Af-s Nikkor 24mm F/1.8G | AF-s Nikkor 28mm F/1.8 G_ | Af-s Nikkor 300mm F/4.0E VR | AF-s Nikkor 50mm F/1.4 G | Af-s Nikkor 50mm F/1.8 G for Df ver. | Af-s Nikkor 70-200mm F/4.0 G VRIII | AiAF Micro-Nikkor 60mm F/2.8D_ | AiAF Nikkor 20mm F/2.8 D | AiAF Nikkor 35mm F/2.0D | AiAF Nikkor 80-400mm F/4.5-5.6 D ED VR | art culture | camera flash | Camera Lens shoping | camera science | Canon EF 24-105mm F/4.0 L IS | CANON EF 40mm F/2.8 STM | CANON EF-S 10-18mm F/4.5-5.6 IS STM | CANON EF-S 18-55mm F/3.5-5.6 IS STM | CANON EF-S 24mm F/2.8 STM | Canon EOS 5D Mark II | Canon EOS 6D | CANON EOS Kiss X7 | car insight | Carl Zeiss Biogon 28mm F/2.8 ZM | Carl Zeiss Distagon 24mm F/2.0 ZA | Carl Zeiss Loxia 21mm F/2.8 | Carl Zeiss LOXIA 35mm F/2.0 | Carl Zeiss Planar 50mm F/1.4 FE | Carl Zeiss Sonnar 55mm F/1.8 FE ZA | Carl Zeiss Sonnar FE 35mm F/2.8 ZA | Carl Zeiss Vario-Sonnar 16-80mm F3.5-4.5 ZA | Carl Zeiss Vario-Tessar 16-35mm F/4.0 FE ZA OSS | Carl Zeiss Vario-Tessar FE 24-70mm F/4.0 ZA OSS | Chinema | CINEMA | clustaer headace | Commlite EF-NEX | Commlite ENF-E | computer | CONTAX T2 | count down | culture | culture and science | Digital camera insight | digital sensor science | Financial Markets | Foigtlandar MACRO APO-LANTHAR 65mm F2_ | food | Fuji Film X-E2 | Fujifilm X-Pro2 | Fujifilm X100s | Gardening | Geographical Insight | Hasselblad X1D | Health | INDUSTAR 50mm F/3.5 | iPhone | K&F KF-150_ | Kenko mirror lens 800mm/8 | LAOWA 15mm F/4.0 Wide Angle Macro with shift | LEICA D Vario-ELMAR 14-50mm F/3.8-5.6 OIS | LEICA SL | Leica X Vario typ107 | Life | Lumix G 14-84mm F/3.5-5.6 OIS | LUMIX G20mm F/1.7 | LUMIX GF1 | LUMIX L10 | m Zuiko D 12mm F/2.0 | M. ZUIKO D. 40-150mm F/4.0-5.6 | M. ZUKIO D. 14-42mm F/3.5-5.6 II R | mental health | Nikkor 20mm F/4.0 | Nikkor PC Auto 105mm F/2.5 | Nikon Capture NX-D | Nikon COOLPIX S8200 | Nikon D200 | Nikon D3 | Nikon D300 | Nikon D3300 | Nikon D3x | Nikon D40 | Nikon D40x | Nikon D5100 | Nikon D600 & D610 | Nikon D610 | Nikon D700 | Nikon D7100 | Nikon D800E | Nikon D810 | Nikon D90 | Nikon Df | Nikon F6 | OLYMPUS E-5 | OLYMPUS E-P1 | OLYMPUS E-P3 | OLYMPUS OM-D E-M10 | Olympus OM-D E-M5 | PC-E Micro Nikkor 45mm F/2.8D | PENTAX K-S1 | PENTAX K-X | photo art | photo science | PhotoShop | printer | private_ | rumors | SEAGULL DF1000 | Seagull_ | SIGMA 150mm F/2.8 APO MACRO DG HSM | SIGMA 17-50mm F/2.8 DC EX OS HSM | Sigma 17-70mm F/2.8-4.0 OS v2013 | SIGMA 18-35mm F/1.8 DC Art | SIGMA 50-100mm F/1.8 DC ART | SIGMA 70mm F/2.8 DG Macro EX | SIGMA DC18-200mmF3.5-6.3 3rds model | SIGMA DP1 | SIGMA DP2 | SIGMA EF-630 | SIGMA MC-11 | SIGMA SD Quattro | SIGMA SD1 merrill | SilkyPix | social insight | socicial insight | SONY 85mm F/2.8 SAM | SONY E20mm F/2.8 | SONY FE 28-70mm F/3.5 - 4.0 OSS | SONY FE 70-200mm F/4.0 G OSS | SONY FE MACRO 90mm F/2.8 | SONY FE28mm F/2.0 | SONY FE50mm F/2.8 MACRO | SONY Image Data Converter | SONY RX100 III | SONY rX100V | SONY VCL-ECF2 | SONY α37 | SONY α6300 | SONY α7 | SONY α7R | SONY α7R II | SONY α99 II | SONY α6500 | Super EBC Fujinon XF 23mm F/2.0 WR | Super EBC Fujinon XF 50mm F/2.0 | Tamron AF 18-250mm F/3.5-6.3 Di II (A18) | Tamron AF 28-80mm F/3.5-5.6 Asprcl | Tamron AF 70-200mm f/2.8 SP Di LD [IF] macro_ | TAMRON AF 70-300mm F/4-5.6 Di LD MACRO (A17) | TAMRON SP 24-70mm F/2.8 USD VC | TAMRON SP AF 90mm F/2.8 Di MACRO 1:1 (272E) | TOKNA 12-24mm f/4.0_ | VCL-ECF2 | VCL-ECU2 | Voigtlande NOCTON 25mm F/0.95 | Voigtlander Heliar Classic 75mm F/1.8 | VOIGTLANDER Super Wide-Heliar 15mm F/4.5 | whisky | world traveler | Zuiko D 12-60mm F/2.8-4.0 SWD | センチメンタルジャーニー