PhotoShop

June 19, 2017

比較明合成

Dsc_8152edit1600

Dscf9008


D800E Carl Zeiss Distagon 35/2.0 ZF AF-S Nikkor 24-70/2.4G

この2枚は何れも「くーすけ太郎」に著作権が存在します。
また、厳密には比較明合成だけではありません。撮影条件などは業務上の秘密に該当しますので、開示できません。

| | Comments (0)

May 31, 2016

Photoshopの「コンテンツに応じた切り抜き」ってどうなってるの

Photoshop CS6というのを使ったことが無いので、話はCS4からCCに限ってしかコメントできないのだが、CCになって「コンテンツに応じて」どうするというのが色々と出来た。スワップの様な事も出来る。禿げ爺さんとばあさんの距離を縮めたり、色々と面白いし、3Dワープなんかも、どうなってるのという機能が有る。

で、CCのPhotoshopでもLightroomでも困っていた、レンズ補正(パース/角度)をした後に出来る余白と切りしろが、「コンテンツに応じて」なんとか救済されるという機能が発表されたそうだ。

この手の機能はシルキーにももともとあったけど、シルキーの場合は勝手にズーミングして、適当にクロップされた矩形が表現される。つまり、作者の意図に関わらず矩形に成る。これもこまったものだとおもったけど、PSの馬鹿まじな余白と切り代はもっと困ったものだと思っていた。

まあ、いつの搭載になるのかわからないけど・・・、ちょっと気になる。

とはいっても、3Dワープもそうだけど、こういうのって「へー」とは思うけど、あんまり使いたくないんだよね。

ところで、Photoshopの特殊効果つまり、伝統的な手法ではとてもできなかった写真レタッチ技法について、結構悪意を感じている写真家のみなさんが多い様に思う。これはとても悲しい。Photoshopは悪の手先でもなんでもない、只のPC用アプリケーションだ。もしも、絶対に演算(レタッチ)してはいけないといわれると、デジタルカメラなんて(シグマ以外では)モザイク画になってしまうこと知らないんじゃないのかなぁ。

いずれにしても、PSもレンズやカメラと同列の道具だと思わないと、心がねじまがった人になってしまうと思うのだけれど。守旧主義はカッコ悪いでしよう。デジタルの時代なんだから、撮影からプリントまで全て司って作品になるのだから。
PS/LRなどは、現像液と同じ役目なのだから。

銀塩の時代だって、出来る限りの事はしたのだから。その当時、乾板と同じ作法でしか写してはイケないなんて決まりも無かったでしょう。だから、ロールフィルムが使えたのだから。

・・・・だって、ポートレートでピアスの光沢が足らないと思った時、僕だったらハイライトの部分、1ピクセルずつ描いてしまうのだけれど・・・昔ならばスポッティングやったでしょう。
事ほど左様に写真なんて、リアリズムだけでは全然面白くないし、またリアルでないと良くない面も有って・・・。要は、リアルであろうとなかろうと、それは技法の力の結果なのであって、その技法について自分が埒外だからといって、悪意を持たないでほしいと思う。埒外になってしまった原因は、「勉強」していないあなたがイケないのだから。(笑)

写真だけが、カメラと御仕着せのDPE店なりラボの言いなりにならなければイケないなんてルールは無いのだから。
裏返せば、カメラjpegとかRAWまんま現像とか、表現手法としては全く無価値とあえて言いたい。だって、カメラjpegもRAWまんま現像も誰かが勝手にデフォルトパラメータを埋め込んでいるだけであって、自然現象でもなんでもない、ただ貴方か無責任なだけなのだから。撮って出しを自慢するのは、「私は馬鹿です」と云っているのと、実相は同一なのだから。

(まとめ・結論)
Photoshopが多機能になって、PSはイケない道具であり、芸術的ではないという意見を持つ人に出会う。こういう場合、その人はPSがちゃんと使えない。
たしかに、各方面で色々なことが起って、困った人もいるわけだけれど、それが科学技術の進歩というものではないのだろうか。
写真は最も科学的要素を持った表現型の一つなので、どこまで技術が進んでも構わないと僕は信じている。
ただし、その結果の作品がつまらない物ならば・・・これはダメだ。
ツマラナイかどうかは、時代が決めていくので、ここが一番厄介なところなのだが・・・。

先日亡くなった富田勲さんのシンセサイザーの宇宙的な作品を聴いてみると、この作品群の「創り方」は何処かPhotoshopで作り出す世界観に共通していると感じた。もしもあなたがPSで数十のレイヤーを駆使して、自分の思う通りのたった一枚だけの画作りのために「何週間も」苦労されたことが有れば、そう思うはずだ。PSは決して簡単に出来るものではない。物凄く長大な緊張感が要求される。

富田さんの非凡なひらめきを具体化するため、とことん地味で果てしない努力が止め処なく延々と、どの様にしたのかわからない程に限りなく埋め込まれたハーモニーだと感じた事が、この原稿を起こす切っ掛けであった。

そう、富田さんが初期に極めたシンセサイザーという表現機器は当然アナログ発信機の塊群だったわけだが、Photoshopの場合は最初からデジタルだったにもかかわらず、その操作は極めてアナログ的であり、シンセサイザーによく似ているなあと、「はっ」と気づいたのであった。もちろん、実数値でインプットする事も出来るけど、ほとんどの場合はスライダーを動かすでしょう。

| | Comments (2)

April 01, 2015

PhotoShop CC 2014

此れまでの人生でPhotoShopは必要に迫られて使ったことが幾度かある程度だ。20世紀の終わりごろ、jpegやbmpの編集をしていた時代にはアンシャープマスクは素晴らしいと思ったことや、ライティングを後で補正するのに大変便利だと思ったこともあった。まして、画像の貼りあわせなど、一般の現像ソフトとは明らかに違う使い道が非常に多くて、これに嵌ってしまうと出てこれない程の超絶技法の世界が垣間見える。32ビット・浮動小数点式のHDR合成なんかは、とても知的な操作だと思う。16ビット整数型と32ビット浮動小数点とではダイナミックレンジの定義が莫大に広がる。仮に可数部に16ビット取ったとして、指数部の16ビットは気が遠くんなるほど広大なダイナミックレンジを示す。

adobe CCにサブスクライブして半年間は、画像の貼りあわせ程度に使った以外、は余り弄ったことが無かった。で、今更に弄ってみると、此れほど僕の記憶は消えているのかと思う程、自分が何も出来ないことが分かった。

で、暫くはこの編集ソフトの使い方を真面目に勉強しようと思った。

| | Comments (0)

その他のカテゴリー

Adobe Lightroom | Adobe Photoshop CC | Adobe_ | AF Nikkor 28mm F/2.8 (S new) | AF-P Nikkor 70-300mm F/4.5-6.3G ED | AF-S NIKKOR 18-55mm f/3.5-5.6G VR II DX | Af-s Micro Nikkor 105mm F/2.8 G VR | AF-s Nikkor 105mm F/1.4 E ED | AF-s Nikkor 12-24mm F/4.0 G DX | Af-s Nikkor 14-24mm F/2.8 G | AF-S Nikkor 16-80mm f/2.8-4E ED VR DX | AF-s Nikkor 16-85mm F/3.5-5.6 G VR DX | Af-s Nikkor 18-140mm F/3.5-5.6 G ED VRII DX_ | Af-s Nikkor 18-200mm F/3.5-5.6 G VR DX | Af-s Nikkor 20mm F/1.8G | AF-s Nikkor 24-120mm F/4.0 G VR | AF-s Nikkor 24-70mm F/2.8 G | Af-s Nikkor 24-85mm F/3.5-4.5 G VR | Af-s Nikkor 24mm F/1.8G | AF-s Nikkor 28mm F/1.8 G_ | Af-s Nikkor 300mm F/4.0E VR | AF-s Nikkor 50mm F/1.4 G | Af-s Nikkor 50mm F/1.8 G for Df ver. | Af-s Nikkor 70-200mm F/4.0 G VRIII | AiAF Micro-Nikkor 60mm F/2.8D_ | AiAF Nikkor 20mm F/2.8 D | AiAF Nikkor 35mm F/2.0D | AiAF Nikkor 80-400mm F/4.5-5.6 D ED VR | art culture | camera flash | Camera Lens shoping | camera science | Canon EF 24-105mm F/4.0 L IS | CANON EF 40mm F/2.8 STM | CANON EF-S 10-18mm F/4.5-5.6 IS STM | CANON EF-S 18-55mm F/3.5-5.6 IS STM | CANON EF-S 24mm F/2.8 STM | Canon EOS 5D Mark II | Canon EOS 6D | CANON EOS Kiss X7 | car insight | Carl Zeiss Biogon 28mm F/2.8 ZM | Carl Zeiss Distagon 24mm F/2.0 ZA | Carl Zeiss Loxia 21mm F/2.8 | Carl Zeiss LOXIA 35mm F/2.0 | Carl Zeiss Planar 50mm F/1.4 FE | Carl Zeiss Sonnar 55mm F/1.8 FE ZA | Carl Zeiss Sonnar FE 35mm F/2.8 ZA | Carl Zeiss Vario-Sonnar 16-80mm F3.5-4.5 ZA | Carl Zeiss Vario-Tessar 16-35mm F/4.0 FE ZA OSS | Carl Zeiss Vario-Tessar FE 24-70mm F/4.0 ZA OSS | Chinema | CINEMA | clustaer headace | Commlite EF-NEX | Commlite ENF-E | computer | CONTAX T2 | count down | culture | culture and science | Digital camera insight | digital sensor science | Financial Markets | Foigtlandar MACRO APO-LANTHAR 65mm F2_ | food | Fuji Film X-E2 | Fujifilm X-Pro2 | Fujifilm X100s | Gardening | Geographical Insight | Hasselblad X1D | Health | INDUSTAR 50mm F/3.5 | iPhone | K&F KF-150_ | Kenko mirror lens 800mm/8 | LAOWA 15mm F/4.0 Wide Angle Macro with shift | LEICA D Vario-ELMAR 14-50mm F/3.8-5.6 OIS | LEICA SL | Leica X Vario typ107 | Life | Lumix G 14-84mm F/3.5-5.6 OIS | LUMIX G20mm F/1.7 | LUMIX GF1 | LUMIX L10 | m Zuiko D 12mm F/2.0 | M. ZUIKO D. 40-150mm F/4.0-5.6 | M. ZUKIO D. 14-42mm F/3.5-5.6 II R | mental health | Nikkor 20mm F/4.0 | Nikkor PC Auto 105mm F/2.5 | Nikon Capture NX-D | Nikon COOLPIX S8200 | Nikon D200 | Nikon D3 | Nikon D300 | Nikon D3300 | Nikon D3x | Nikon D40 | Nikon D40x | Nikon D5100 | Nikon D600 & D610 | Nikon D610 | Nikon D700 | Nikon D7100 | Nikon D800E | Nikon D810 | Nikon D90 | Nikon Df | Nikon F6 | OLYMPUS E-5 | OLYMPUS E-P1 | OLYMPUS E-P3 | OLYMPUS OM-D E-M10 | Olympus OM-D E-M5 | PC-E Micro Nikkor 45mm F/2.8D | PENTAX K-S1 | PENTAX K-X | photo art | photo science | PhotoShop | printer | private_ | rumors | SEAGULL DF1000 | Seagull_ | SIGMA 150mm F/2.8 APO MACRO DG HSM | SIGMA 17-50mm F/2.8 DC EX OS HSM | Sigma 17-70mm F/2.8-4.0 OS v2013 | SIGMA 18-35mm F/1.8 DC Art | SIGMA 50-100mm F/1.8 DC ART | SIGMA 70mm F/2.8 DG Macro EX | SIGMA DC18-200mmF3.5-6.3 3rds model | SIGMA DP1 | SIGMA DP2 | SIGMA EF-630 | SIGMA MC-11 | SIGMA SD Quattro | SIGMA SD1 merrill | SilkyPix | social insight | socicial insight | SONY 85mm F/2.8 SAM | SONY E20mm F/2.8 | SONY FE 28-70mm F/3.5 - 4.0 OSS | SONY FE 70-200mm F/4.0 G OSS | SONY FE MACRO 90mm F/2.8 | SONY FE28mm F/2.0 | SONY FE50mm F/2.8 MACRO | SONY Image Data Converter | SONY RX100 III | SONY rX100V | SONY VCL-ECF2 | SONY α37 | SONY α6300 | SONY α7 | SONY α7R | SONY α7R II | SONY α9 | SONY α99 II | SONY α6500 | Super EBC Fujinon 18-55mm F/2.8-4.0XC | Super EBC Fujinon XF 23mm F/2.0 WR | Super EBC Fujinon XF 50mm F/2.0 | Tamron AF 18-250mm F/3.5-6.3 Di II (A18) | Tamron AF 28-80mm F/3.5-5.6 Asprcl | Tamron AF 70-200mm f/2.8 SP Di LD [IF] macro_ | TAMRON AF 70-300mm F/4-5.6 Di LD MACRO (A17) | TAMRON SP 24-70mm F/2.8 USD VC | TAMRON SP AF 90mm F/2.8 Di MACRO 1:1 (272E) | TOKNA 12-24mm f/4.0_ | VCL-ECF2 | VCL-ECU2 | Voigtlande NOCTON 25mm F/0.95 | Voigtlander Heliar Classic 75mm F/1.8 | VOIGTLANDER Super Wide-Heliar 15mm F/4.5 | whisky | world traveler | Zuiko D 12-60mm F/2.8-4.0 SWD | センチメンタルジャーニー