printer

July 20, 2015

EPSON SC PX5vIIとPhotoshopCC2014-2015のプリント

本日の自己Lesson、自習時間は、Photoshop CCとエプソンプリンタの使い方に慣れる事だった。
こういうのを、独学ともいう。

これから書くことは多くの人には関係のないことかもしれない。(PS CCの方は関係が有る)

古いPSを使っている人は、それなにりこなれているので、買い替えるインセンティブが湧かないかもしれないが、新しいのは、それはそれで、効率的動作が随所に盛り込まれていて、一枚のA4印画紙にA5サイズで2枚打ち出すなどと云うのは極めて直観的素早く瞬時編集出来るので、この辺りは非常にありがたい。(シルキーではこの芸当は絶対に出来ない・・・かといえば、2回、反対向きに紙送りすることをすれば出来るが、同一方向に並べるには、一度原画を180度回しておかなければならないし、位置決めはピシっとはいかないので、毛抜き合わせのようなことは無理)

そもそも、EPSONのprinterというのは、その昔から扱いが難しいと思っていた。
インパクト式の時からコントロールが難しかった。

とはいえ、今日の標準画質化しつつあるので、これを無理やり使い始めた。PhotoshopもCS4以来upgradeしていなかったので、昨年からのCCでは随分使い勝手が違う。

SC PX5vIIは最新型の中型プリンターだが、不思議に思う事が沢山ある。まず、本体の用紙認識画面とPCのドライバーコントロールが連動していない。紙を変えるたびに、双方に注意する必要がある。ま、あまりに原始的ではあるがこの程度マデは未だかわいい。

もっとも困難だったのが、CS4には無かった分類。プリンタドライバーにプリンタのプロファイルとして、実に多様な用紙ごとの分類が出来た。しかも、これはデフォルト設定が出来ない。このプロファイルの選択を誤ると、とんでもない結果が待っている。

勘違いしない様に、これはプリンタドライバの中の(お気に入りの銘がつけられる)用紙の設定ではなくて、プリンタその物のプロファイルとして用紙ごとに分かれている。CC2014からは少なくともそうなっていたようだ。(CS4では今のところそのような物は見つからない)

つまり、PS CC2014 or2015を立ち上げる。すると、理論プリンタを含めて、僕のネットワークでは3台のプリンタしかないのに、PS CCのプリント画面では、「プリンタ」の「プロファイル」なるプリンタ種類が無数に存在する。

これをキチンと合わせないとまともに印刷できない。しかも、そのほかに、サイズ、紙の種類など、改めてドライバー内で設定が必要で、しかも、プリンタ本体でも設定が必要になる・・・これって、なんだぁ。と、思うのは素人の僻みだろうか。勿論、後者の設定はキャノンでも同じなので、CMSをどこでやるのかとか、種々キチンと設定しないと、まともな画は出来ないのは知っていたが、・・・今回は驚いた。逆に裏ワザを覚えてしまった。やや、マゼンタなローキープリントの仕方を覚えてしまった。(笑)

おかげで、本日のインク消費はこれまで最も消費が少ない物の一つだったVivid Magentaが大量消費された。これも在庫が一桁になっているので、買い足すかどうか思案中だ。

インクの消費は全色10セット程度は消費しないと傾向がはっきりしないということも解った。当然だが、Cian Magenta Blackについては、各色2色以上配置しているので、明るい画と暗い画で使用されるカートリッジが違う。つまり、色味の傾向の他にハイキーなのか、ローキーなのかで、カートリッジが違う。9色式たる所以だ。

今日まで、このプリンタの為に25万円ものインクを購入したことになる。もう、これ以上はあまり買い足したくないのだが、今度は濃い色がどんどん減っているので恐ろしい。あっという間にインク代だけで50万円なんて日が一年以内に来そうだ。

さて、Photoshop CC 2014/2015の事に話をもどす・・・

今日、よんどころない事情でA4換算で20-30枚の暗め仕上げプリントをしていて、どうもシルキーとは全然違う色が出るので困ったものだと、あれここれやっていたのだが、かなりマゼンタに寄った非常に暗いプリントが出て来る。シルキーは緑にずれ易く、全体にγがなだらかで破たんの無い色合いに合わせる傾向がある。一方、CCではγは結構嶮しく、白トビを抑える傾向のため、黒がより黒くなるように感じる。

しかも、プリント・レビューしても、レビュー画面で色が転換していることが分かるほどズレている。

CC2014のバグかもしれないと思って、2015にアップグレードした。

すると、原因が分かった。プリンタプロファイルがデフォルトでマット紙になっていたのだ。で、多量のインクとマゼンタへの偏りがでたらしい。
プリンタプロファイル(種類)設定とドライバでの紙の詳細設定が別々というあたりが憎らしい。

実に、これに気づくまで一日を費やしてしまった。

今では、CC2015でいい調子にプリントできるようになった。

| | Comments (0)

April 30, 2015

エアコンを騙し騙し使う

昨日エアコンがバカになって動かなくて酷暑の上に湿度があるので、プリントをあきらめていた。24時間停止しておいたら、エアコンが生き返った。これは一体どういう事なのか不明だが、近年エアコンの最期を診るようになってから、最後は点いたり消えたりと…なんとも白熱電灯の様な終わり方が有ることを知った。

我が家のエアコンは全部で7台、全部壁の中に配管してある。昨年の秋、一番使った寝室のエアコンが半死状態になり交換した。
エアコンは本当に死んでしまってから交換すると随分大変な事になると脅かされて、今年暑くなる前に残りも交換しようと決めていた。

でも、ちょっと早い。経験的に夏にエアコンが死ぬとインクジェットが上手くプリント出来ない。今度はプリンタを壊してしまう可能性が高まる。我が家ではエアコンとは生命線の一部と化している。とにかく、窓を開けるとろくなことが無いので、特にそういう事だ。だいたい、窓辺には40個位の充電器が並べてあるので、窓が開けられないし、開けると隣から丸見えになってしまう。充電器というのが、もっとも厄介な存在だ。

壊れて困る物のトップはトイレ、風呂、そしてエアコンだ。まあ、風呂は近くのスポーツジムでジャグジーとシャワーという逃げ道もあるが、エアコンが死ぬと途端に困ってしまう住環境に置かれている。

ともかく、エアコンを休ませればまだ動きそうだということが判明したので、プリント製作は可能と一安心だ。

あと約一ケ月、交換まで生きていて呉れと願う。

| | Comments (0)

April 21, 2015

写真用紙は重い

巨大な段ボール箱が3つ届いた。どえらく重い。100kgは無いけど、人の体重程度はあろうか。これが全部写真用紙だということに、驚愕してしまった。

僕の暗算の誤りで、A4換算で約2000枚の紙が届いてしまった。コピー用紙ならば2000枚は大したことが無いが、写真用紙だと、おとろしいことになってしまった。また、A3ノビの箱があんなに大きいとは知らなかった。まるで、全紙迫る、・・・まあ、半切と全紙の中間位の大きさだろうか…大きなプリントを自分でやったことがなかったので、ただ茫然としている。

なお、キャノンの写真用ゴールドと、エプソンのクリスピア・高光沢とを使い比べたが、ほんの少しクリスピアの方がテかっている程度で殆ど見比べても違いは感じられない、ドライバー設定も違うのに…まあ、こんな程度ということだろうか・・・。色合わせはクリスピアの方が当然だがやり易い。
なんと、試焼き(プルーフ)用のクリスピアA4サイズ50枚入りの箱だけで20箱もある。置き場が無いので、床の間に寝かしてある。これだけで、1000枚だ。嗚呼。

まだ、A3ノビの在庫が足らないので追加する予定だが、余計な物が増えてきた。

これは、通販でなければ買えないと思った。あと必要な物はスチレンボードなのだが、これまで仕入れると置くところが無くなる。

| | Comments (0)

April 20, 2015

プリント狂奏曲

まさかこの様に興奮するとは思わなかった。10代の頃、小遣いを貯めてラッキーの安い引き伸ばし機を手に入れて以来のはしゃぎようだ。写真専用プリンターがこれほど頼もしいものとは思っても居なかった。

10代から20代の初め、僕は現像に狂っていた。バイトで貰ったカネはその殆どを印画紙とフィルム、現像剤に使ってしまう程、毎日毎日現像に明け暮れていた。
当時、8x10はガキにはちょっと高価だったので、キャビネで山のようなプルーフを焼いてた。それも富士ブロマイドはちょっと高価なので色相が違う事は承知で月光の半光沢の箱と、KODAK TRI Xの100ft缶は未だに僕の生家に大量の屑として残っている。

1970年代の終わりごろ、当時は未だ珍しかったRCペーパーがイルフォード社から出ていて、これには飛びついた。外国の紙は大抵の場合やや軟調で美しいハーモニーを奏でる。

そもそも、光沢紙というのは、定着・水洗後まだ濡れている紙をそのままドラム式乾燥機で強制的にゼラチン層を光沢のあるステンレス筒(高熱)に貼り付けて乾燥・平滑化して得られていたので失敗も多かった。その頃登場したRCペーパーによる驚異の光沢には愕然としたものだった。

バライタ紙印画紙で初めから自然乾燥で光沢になるというのは多分存在しなかったのでないか。

デジタル印刷で、「えっ」と思ったのは今世紀に入ってから、エプソンの6色式プリンタに出会った頃からだったと思う。「本物の写真の様だ」と思った。

ただ、まだ当時のインクは高価で、一個4-5千円もするのに、A4で20-30枚も印刷できたかどうか不明だ。さらに、エプソンは暫くの間サーボ制御が不得意だったのか、やたらと筋が出やすいし、ずれやすいと思っていた。で、その次にはキャノンの複合機にして、昨日までそれだけでやってきた。この間キャノンの複合機は何台潰したかわからない。キャノンとはレーザーショット以来の付き合いだ。このメーカーのプリンターは故障が少なく、長く使える。また、当初マッキントッシュにOEM採用されていたこともあり、好印象かつ、シャープな印刷が得意な手慣れた製品が多かった。ともかく、紙送りではエプソンがドットインパクト式の時からファームが荒っぽくて???なことが多かったのと比べて、キャノンのは凄いと思う事がしばしばあった。(90年代の頃) 90年代の初め、エプソンのインクジェットは滲みが激しかった。その時代にCANONはバブルジェット式という滲まないプリントを得意としていて、明らかにキャノン優位であった時代がある。その当時の印刷用紙はストック・フォームという連続鑽孔紙だったので、インクジェット用ではなかった。まだその当時の在庫が100ページぐらいあるので、今印刷したらどうなるか試してみたい。

今回は話題の写真専用機だということで、ペーパーも新調することにした。既にキャノンの写真ペーパーはA4換算で1000枚程度の在庫があるが、加えてエプソン専用用紙をあれこれとA4換算で千枚以上調達した。A3ノビも可能な限り集めた。A3ノビと云うのは大した違いが無いと思われがちだが、ライカ判のアスペクト比で写した原稿にとっては、一回り大きく印画出来るというメリットがある。

思えば変わったことがある。昔懐かしい酢の匂いが無くなった。モニターを眺めて、ボタンを押すと、背中のプリンタから半切大の巨大なプリントがささっと出て来る。この辺りも10年前のプリンタと比べると極めて高速に感じる。まして、カラーだし。

この2週間ほど、プリンターと付属品に費やした費用は、フラグシップ級カメラの価格に匹敵する。が、それで良いと今は思っている。そろそろアウトプットの時期に差し掛かったと思うからだ。

Dsc_0913


Nikon D3300 18-140

| | Comments (0)

April 19, 2015

写真用プリンター設置

EPSON SC-PX5vIIが到着して約一週間が経過した。幅62センチ奥行50センチ程度の壁面前の床を確保し、サイズひったりの台を作製した。この2日間、ホームセンターからジグソーや、カテゴリー5のイーサーネットケーブルを調達して、今日の午前中に設置完了。ドライバーのインストールをして、晴れてイーサーネット接続で稼働することになった。(結局購入したイーサーネットケーブルは長さがやや短いので、持ち合わせの10mカテゴリー4品と交換して、孫ハブに接続することに変更したが、特に速度など反応に問題は無い…このプリンタはwifi接続可能だが、僕の現行ルーターはカナリぼろいので、近い内に交換する予定。wifiがやたらとジャムるのが交換理由なので、wifi接続はしたくない)

ギリギリの空間確保だったので、やや測定誤差があって、プリンター筐体はギリギリ押し込むようなことをして収まった。

カラー・マネジメントは現像ソフトに依存するように設定し、初めてプリントしてみた。まあ、古いキャノンよりは色、明度の調整はモニターに近くてやり易くなった。僕のモニターはIPS駆動式の高開口率品なので、極め輝度が高い。目視で明度を合わせると、プリントで約半段~1段程度暗くなることが判明して、これは都度都度オフセットするか、ドライバーで調整することになるだろう。色に関してはほゞモニター通りかやや青いので、この辺りは暫く試行錯誤が有りそうだ。

新しいプリンターになって、何が安心かといえば、多分A4サイズ印画紙 200-300枚はインク1セットでプリント出来そうだということ。ただし、1セットで16000円もするので当然といえば当然か。

鳴り物入りのエプソン ウルトラクロームK3インキというのは確かに顔料系らしい半光沢の質感も良好で、透明感の無いインキだ。レジンコート光沢紙に印画すると、一般のカリオン・コート紙にオフセット印刷したような質感に仕上がる。これを良しとするかどうかは感性によるが、λプリントの限りない透明感とは相当に違う。

将来の写真表現は絶対にモニターに移行すると硬く信じているが、モニターの描写とかなり違うこの顔料印画というのは、写真と油絵の違いの様な差を感じる。

暫く、この中途半端な時代の戯事を楽しむか、と思った次第だ。

| | Comments (0)

久しぶりの日曜大工

1週間ほど前に巨大なプリンターの箱が届いた。シャックの整理はまだ終わっていないが、どの様に据え付けるかレイアウト案はできた。其のためにはプリンタの台、机が必要だが、狭い室内できっちりした台ということになると、自作しかない。たまたま、端切れ化粧合板90*45cm 18mm厚というのが有ったので、これを利用しようと軽率に考えた。

イケアの足4本をAmazonのマーケットプレースで時価よりも相当高いのを掴まされたが、まあ、もともと安い物だからご愛嬌と思った。

ところが、ネットで探し出して説明書をよくよく読むと、この足は天板25mm厚が前提に出来ているので、それよりも1mmでも薄いと目ネジが表面に飛び出すという画がついている。言葉の説明ではない。

これに気付いてからちょっと、如何しようかと思ったが、もともとの端切れの内必要な面積は60*45cmなので、あまった端切れ底面に二枚合わせにすれば、厚み36mmとなる筈で、OKのつもりになった。

昨日になって、丸鋸が見つからない事が判明した。で、やはり25mm厚の合板を買わなければいけないと思って、今日は埼玉県のHCまででかけた。結局そんなに厚くて小さい板は無いことが分かり、あきらめて、ジクゾータイプのリョービ製のシッカリした電動ノコ(往復運動式)を買った。これって、9600円もした。

案の定、丸鋸とは切れが全く違うので、何か時間は掛かるうえに、真っ直ぐに切るには結構気をつけないといけないことが分かった。

この鋸がかって損したと思う工具になってしまった。

はてさて、イケアの足部品を出してみると、目ネジの長さが24mm程度以下であり、18mmの合板を2枚結着すると応力で傾ぐ可能性を感じた。

そこで、多分もっている筈の目ネジライブラリーの所在を探したが、見つからない。ゴミ箱のような工具入れから、30mm程度を結着できる目ネジ12本を見つけ出して、これで二枚重ねを作ることにした。

ところが、要領が悪くて、バッテリー式のドリルの充電をしていなかったし、40年前購入のAC電源ドリルはもう動かない事が解り、あとは簡易式ドリルがあるのだが、これのドリル径が小さすぎて巨大な目ネジが入らない。

結局、バッテリーの充電を待ちながら、ちょっとずつ作業を勧め、午後半日を費やしてしまった。

| | Comments (0)

April 12, 2015

プリンタ設置問題

エプソンのやや大型で最新型プリンタが思ったよりも早く到着してしまった。

金曜日、顎の手術跡が未だ生傷の状態だが、薬を飲みつつ、だましだましシャックの片づけをした。カメラとレンズの箱を約40個程捨て。、部屋の床スペースを必要なだけ確保することにした。この結果、プリンタが要求する幅62センチ、奥行は多分80センチ程度の床の上の空間が確保できる見通しとなった。

既に厚さ15mmで面積45x90cmの化粧板は家に在庫があったので、これを45x62cm程度にカットすれば台の面が出来る。カットはマル鋸で一気に切りたいところだが、行方不明なので手でカットするかもしれない。どうせ切断面は見えないし。

問題は台にするための足。Amazonで検索したところ、IKEAの伸縮式足が有ることが分かり、さっそく注文した。

次の週末には設置できそうだし、有線式(LAN イーサネット接続)が可能なので兎も角、ルーター改廃の心配もあまり問題ではなくなった。IPアドレス配布は当然ルーターに依存しているのだが、無線接続のやり直しや他の機器とのジャミングは防げる)

| | Comments (0)

その他のカテゴリー

Adobe Lightroom | Adobe Photoshop CC | Adobe_ | AF-S NIKKOR 18-55mm f/3.5-5.6G VR II DX | Af-s Micro Nikkor 105mm F/2.8 G VR | AF-s Nikkor 105mm F/1.4 E ED | AF-s Nikkor 12-24mm F/4.0 G DX | Af-s Nikkor 14-24mm F/2.8 G | AF-S Nikkor 16-80mm f/2.8-4E ED VR DX | AF-s Nikkor 16-85mm F/3.5-5.6 G VR DX | Af-s Nikkor 18-140mm F/3.5-5.6 G ED VRII DX_ | Af-s Nikkor 18-200mm F/3.5-5.6 G VR DX | Af-s Nikkor 20mm F/1.8G | AF-s Nikkor 24-120mm F/4.0 G VR | AF-s Nikkor 24-70mm F/2.8 G | Af-s Nikkor 24-85mm F/3.5-4.5 G VR | Af-s Nikkor 24mm F/1.8G | AF-s Nikkor 28mm F/1.8 G_ | Af-s Nikkor 300mm F/4.0E VR | AF-s Nikkor 50mm F/1.4 G | Af-s Nikkor 50mm F/1.8 G for Df ver. | Af-s Nikkor 70-200mm F/4.0 G VRIII | AiAF Micro-Nikkor 60mm F/2.8D_ | AiAF Nikkor 20mm F/2.8 D | AiAF Nikkor 35mm F/2.0D | AiAF Nikkor 80-400mm F/4.5-5.6 D ED VR | art culture | camera flash | Camera Lens shoping | camera science | Canon EF 24-105mm F/4.0 L IS | CANON EF 40mm F/2.8 STM | CANON EF-S 10-18mm F/4.5-5.6 IS STM | CANON EF-S 18-55mm F/3.5-5.6 IS STM | CANON EF-S 24mm F/2.8 STM | Canon EOS 5D Mark II | Canon EOS 6D | CANON EOS Kiss X7 | car insight | Carl Zeiss Biogon 28mm F/2.8 ZM | Carl Zeiss Distagon 24mm F/2.0 ZA | Carl Zeiss Loxia 21mm F/2.8 | Carl Zeiss LOXIA 35mm F/2.0 | Carl Zeiss Planar 50mm F/1.4 FE | Carl Zeiss Sonnar 55mm F/1.8 FE ZA | Carl Zeiss Sonnar FE 35mm F/2.8 ZA | Carl Zeiss Vario-Sonnar 16-80mm F3.5-4.5 ZA | Carl Zeiss Vario-Tessar 16-35mm F/4.0 FE ZA OSS | Carl Zeiss Vario-Tessar FE 24-70mm F/4.0 ZA OSS | Chinema | CINEMA | computer | CONTAX T2 | count down | culture | culture and science | Digital camera insight | digital sensor science | Financial Markets | food | Gardening | Geographical Insight | Hasselblad X1D | Health | Kenko mirror lens 800mm/8 | LAOWA 15mm F/4.0 Wide Angle Macro with shift | LEICA D Vario-ELMAR 14-50mm F/3.8-5.6 OIS | LEICA SL | Leica X Vario typ107 | Life | Lumix G 14-84mm F/3.5-5.6 OIS | LUMIX G20mm F/1.7 | LUMIX GF1 | LUMIX L10 | m Zuiko D 12mm F/2.0 | M. ZUIKO D. 40-150mm F/4.0-5.6 | M. ZUKIO D. 14-42mm F/3.5-5.6 II R | mental health | Nikkor 20mm F/4.0 | Nikkor PC Auto 105mm F/2.5 | Nikon Capture NX-D | Nikon COOLPIX S8200 | Nikon D200 | Nikon D3 | Nikon D300 | Nikon D3300 | Nikon D3x | Nikon D40 | Nikon D40x | Nikon D5100 | Nikon D600 & D610 | Nikon D610 | Nikon D700 | Nikon D7100 | Nikon D800E | Nikon D810 | Nikon D90 | Nikon Df | Nikon F6 | OLYMPUS E-5 | OLYMPUS E-P1 | OLYMPUS E-P3 | OLYMPUS OM-D E-M10 | Olympus OM-D E-M5 | PC-E Micro Nikkor 45mm F/2.8D | PENTAX K-S1 | PENTAX K-X | photo art | photo science | PhotoShop | printer | private_ | rumors | SEAGULL DF1000 | Seagull_ | SIGMA 150mm F/2.8 APO MACRO DG HSM | SIGMA 17-50mm F/2.8 DC EX OS HSM | Sigma 17-70mm F/2.8-4.0 OS v2013 | SIGMA 18-35mm F/1.8 DC Art | SIGMA 50-100mm F/1.8 DC ART | SIGMA 70mm F/2.8 DG Macro EX | SIGMA DC18-200mmF3.5-6.3 3rds model | SIGMA DP1 | SIGMA DP2 | SIGMA EF-630 | SIGMA MC-11 | SIGMA SD Quattro | SIGMA SD1 merrill | SilkyPix | social insight | socicial insight | SONY 85mm F/2.8 SAM | SONY E20mm F/2.8 | SONY FE 28-70mm F/3.5 - 4.0 OSS | SONY FE 70-200mm F/4.0 G OSS | SONY FE MACRO 90mm F/2.8 | SONY FE28mm F/2.0 | SONY Image Data Converter | SONY RX100 III | SONY VCL-ECF2 | SONY α37 | SONY α6300 | SONY α7 | SONY α7R | SONY α7R II | Tamron AF 18-250mm F/3.5-6.3 Di II (A18) | Tamron AF 28-80mm F/3.5-5.6 Asprcl | Tamron AF 70-200mm f/2.8 SP Di LD [IF] macro_ | TAMRON AF 70-300mm F/4-5.6 Di LD MACRO (A17) | TAMRON SP 24-70mm F/2.8 USD VC | TAMRON SP AF 90mm F/2.8 Di MACRO 1:1 (272E) | TOKNA 12-24mm f/4.0_ | VCL-ECF2 | VCL-ECU2 | Voigtlande NOCTON 25mm F/0.95 | Voigtlander Heliar Classic 75mm F/1.8 | VOIGTLANDER Super Wide-Heliar 15mm F/4.5 | whisky | world traveler | Zuiko D 12-60mm F/2.8-4.0 SWD | センチメンタルジャーニー