rumors

March 24, 2016

オリンパスのフルサイズカメラ

オリンパスのフルサイズカメラの噂話が「デジカメinfo」に掲載されている。思わず微笑んでしまった。

「2度あることは、3度ある、3度あることは、4度目が有る」と思ったからだ。

オリンパスはグル米谷氏の生前に間に合わせる様にPENをデジタルで復活させた。僕らの世代はオリンパスPENで育ったので、このシリーズには即飛びついた。

PENの魅力はとにかく軽便であることだ、そして、その割に良く写る。
その後開発したフルサイズ(笑)一眼レフ・OM-1も小型軽量で、PENの思想を受け継いでいる。当時のズイコーレンズは皆小さくてカッコよかった。僕も欲しかった。

時代は下り、PENもOMも世の中から消え去ってしまった。

そして、デジタルの時代が始まる。オリンパス、パナ、ライカはフォーサーズ規格で、非常にユニークな存在感を出していた。

しかし、オリンパスはデジタルカメラの技術について、重大な見落としをしていたのかもしれない。デジタルセンサーは、いわゆる井戸の底構造という致命的問題があり、これを克服するのには、センサーを小さくして、レンズはテレセントリック的、ようするに簡単に言えば短焦点距離のレンズではレトロフォーカス型(ディスタゴンのような)レンズを装着しなければいけない。

同盟のLumixはフォーサーズは売れないと踏んで、早々に降りてしまって、オリンパスも暫くして降りた。そして、オリはマイクロフォーサーズの新規格でPENシリーズと、OM-Dシリーズに賭けた。これはかなり成功したと思う。(非常に割高に売り出した)
LUMIXも早々にマイクロに切り替えたので、この二社はある意味、寸でのところで逃げ切った感がある。

僕はPENとOM-Dのファンで・・・その軽便なところが最大の魅力だと思っているが、やや色乗りの悪いシステムだと思ってきた。つまり、この数日書いている階調の課題がある。

センサーの画素ピッチも現在の技術では限界まで達しているのかもしれない。

ここにきて、センサーの井戸の底問題は解決しつつある。SONY a7R IIでは完璧に解決している。他社のセンサーが解決するのも時間の問題だと思う。

すると、途端に一眼レフである必要か無くなる。135判一眼レフは偶然ミラーボックスが存在したので、結果的にバックフォーカスが相当な距離存在する、いわゆるテレセンのレンズをもともと作ることとの親和性が高い、だからデジタルとの親和性が良かった。でも、センサー改善でテレセンである必要が無くなると、ミラーレスでより軽量なレンズが使えることになる。

テレセンのレンズは構造上の特徴としてシャープネスが高まる場合がある(ディスタゴンがプラナーよりもシャープな事に似ている)ので、ズイコーのレンズはシャープだと信じられているが、実際にはフォーマット規格による解像限界の天井の方が問題になる筈だ。マイクロ・ズイコーDのプレミアムレンズで写した作品ををA2でプリントすると明らかに解像力が足らないと感じる時が有る。これは多分回折限界の影響が大きい。

近年ソニーa7系が健闘している事を、オリンパスも良く知っている。自社のマイクロ43rdsフラグシップとほぼ同じ大きさのフルサイズは営業上目障りだ。
これは、一度フォーサーズの失敗で良く分かっているので、なおさら、気になるのだろう。

気になってしょうがない。いわんや、周りのファンも気になってしょうがない。

そして、かつて、PENの時代のあとOM-1が出現したように、フルサイズの開発をすることになるという・・・50年前のシナリオがよみがえってくる。

マイクロフォーサーズは軽便であることが最大のメリットだったはずだか、どういう訳かやたらと大きい、そして重くて高価なレンズをバンバンだすようになった。この辺りから、マーケティングの迷走が始まった。
そんなに高価で大きなレンズならばフルサイズと何も変わらない。ちなみに、F1.0だとしても、フルサイズのF2.0に相当するわけで、フルサイズならばベーシックな口径。

そんなところで、フルサイズと競争しなくてもよい。

マイクロ・フォーサーズは実用上非常に優れたカメラなんだから、フルサイズと比較すること自体がナンセンスだ。マーケットが違うのだから。

どうして、もっと軽便で充実したシステムへと進化しないのか・・・つまり、往年のライカの様に・・・不思議に思っていたところだった。

数十年前に、PENがハーフサイズ雄であることを切り捨てて、フルサイズカメラOM-1に並々成らない力を注いだ歴史が繰り返すのだろうか???

| | Comments (0)

March 11, 2016

SONY α99 II が出そうで出ない理由かもしれない事実

SONYから新型フルサイズαマウントが出るのではないか、でも何ともヤワなんだよなぁと云う趣旨の噂をさる信頼できる筋の人から酔っ払いの話として聞いたのがちょっと前。web上の噂では延期という記事が出ている。

SONYの最大の弱点は業務用機種が出ない点に尽きるだろう。現在のSONYにはそこまでの余力が無いのかもしれない。たとえばa7R IIのセンサーなど、驚く程優秀なセンサーを作れるし、実は世の中の相当の部分、ほとんどの人が信じられない様な他社カメラ製造シーンでさえ実はSONYのセンサーが使われているナンチャッテという可能性がある・・・だのに、「業務用一眼は作れない」。これは、その道の経験が少ないので仕方ないといえば、仕方ない。

業務用カメラはその性能もさることながら、壊れ方が問題らしい。

私ごとで恐縮だが、僕の家族に新聞記者だった者がいる。その話だが、新聞記者になった祝いの気持ちも込めて、Nikkor 18-200mm G VRという一時品薄になったことも有る人気レンズを譲った。これはこれでそれなりに写るので、新聞記事に使うぐらいならばちょうど良い性能だったのだろう。そうとう使い込んでいた。
ある日、そのレンズが付いたD90をもって我が家に帰ってきた。その姿に「あっ」と驚愕した。

知っている人は知っているのだが、18-200G VRは最前玉を一つの枠にはめてあり、その枠が鏡筒の後ろの部分にネジ(ビス)8本程度で固定されているという実に不思議な構造になっている。多分前玉が大きいのでこのような方法をとって、実質的に鏡筒全体の太さを抑えたのかもしれない。

だが、僕の家に帰ってきた18-200は、その前玉を固定した鏡筒前枠部を鏡筒本体に密着させる為の全てのビスが破断しており、あたかもはめ込み式フィルターのように分離出来る様になっていた。
まして、その本人は、それがフィルターだと思っていた節がある。

これに驚かないニコンユーザーはまず居ないだろう。

さらに驚いたのは、その破断レンズの本人はフィルター付キャップと勘違いしていたフシがあり、前玉を外したまま写していたと聞くので、良く写ったものだと驚く一方、ひょっとしたら超望遠になっていたのかもしれないなど、アナザーワールドの気分になった。

レンズ鏡胴破断は普通は一番構造がヤワで、応力が掛かり易い、望遠ズームの真ん中で起こり易い。それが、前玉で割けた!!

その次に、業務用カメラで壊れやすいのは、クリップストロボ周り、ニコンではストロボの方の接続部首の辺りが破断するようになっていて、カメラ本体を保護する仕掛けと聞く。

ニコンの品質保証体制はこのあたり相当厳密で、恐怖の机落下実験の噂など良く耳にする。実際、僕は素人なので完全に破断させたことはないが、ちよっと落としたぐらいでは壊れないのがニコンだという印象はある。昔はフォトミックファインダー周りが良く壊れたが、撮影には影響しなかった。

さて、そのようなながーい経験に基づく業務用機器を直ぐに出せといわれても、大変だろうなと・・・他人の事なので、思っている。

以上総合すると、案外ストロボの首が割れないとか、耐久性のマージン部分の問題かもしれない。

ま、これと比較すると、業務用にまず使われない他社の場合は平和な話題ばかりでほほえましい。

僕は、ジッツォ3型に載せる巨大雲台がプレスマシンで曲げたように凸面になってしまった物を当時自分が所属していたところの撮影機材として見たことが有る。どう考えても、どの様に1センチ以上の厚さがあるアルミ製雲台がまがったのか未だに判らない。

| | Comments (0)

March 27, 2014

ソニーの中判カメラ

ソニーの中判カメラの噂が聞こえる。まあ、中判といっても、他社と同様セミ中判であり、かつての135判フルに対するAPS-Cの様な存在が現代のデジタル中判の真実ではある。
そのため、レンズのイメージサークルはかなり無駄になっており、ザイデル収差の法則を引き合いに出さなくても、イメージサークルの無駄は収差の見かけ拡大につながる。

その点、ソニーは全く新機軸なので、レンズは専用設計だろうし、多分ツァイスが控えているから、心配ないとおもう。それに、古いレンズの使い回しではないと思うので、ザイデル5収差の見かけの膨張は心配要らないと思う。それだけ、このシステムには新たな可能性がある。

(注 ザイデル収差の見かけの膨張というのは、僕の造語。ザイデルの収差はその定義により、レンズが相似形に拡大縮小すると、収差の量(直線方向の長さ)も比例するという、これは原理ともいえる。したがって、あるイメージサークルの為に設計されたレンズを小さなイメージサークルの為に使うと、この原理が効いてきて、解像が悪くなるバズ。しかし、一般的には、135判大口径などで顕著だが、諸収差を限界まで許容して、大口径にしているレンズ群もアリ、この手では、中心部の描写が非常に良いという副作用がある。このために、そのレンズ設計では予定していなかった小さなセンサーでつかっても問題ない場合もある・し、また、その様な事例は頻繁に起こっているが、これは、もとのレンズの無理した設計が主な原因であり、135判の20-30年前に設計されたものにはこの傾向が強いので、ますます、多くの現生する人々はそう信じてしまう・・・が、これは科学原理的に誤りだ)

ここにきて、なんで中判なのかということだが、多分、半導体コストの低迷も原因の一つにして良さそうに思う。半導体はウエハーが高いし、高効率的生産の為に集積化が依然として進んでいるが、良く考えると、集積化がすすむと、ウエハーが余ってくる。だから、面積当たり価格は下がってくる。これ、業界の現状について深く確認してないけど、経済原理だろう。

特に、プロセスルールを変更しないならば、センサー価格は面積に比例する。良く、ディフェクトが多発することになるから、歩留りが下がるという意見が、大画面≒高価の擁護者になっていたこともあるが、いまとなっては、ディフェクト管理は狭線幅化の為にドラマチックにコントロールされているだろう。巨大なセンサーになっても、その確率的不利さよりも、技術進歩の方が進んだという証拠でもある。

前節冒頭に、プロセスルールを変更しない場合というsubjectを付けたが、それは、大型センサーの場合は非常にユルイわけで、そのとおりで良いと思う。ピッチを狭くすると開口率の問題が深刻となることの逆さの現象で、相当ゆるくても大丈夫ではないか。

こう考えると、中判カメラというのは、射程に入ってくるともいえるのだが。所詮は光学カメラ。レンズが有ってこそ何ぼの物かということになるし、当然、巨大なレンズは嫌なので、なかなか難しい。もう、ここまでくると、センサーの問題ではなくて、レンズの問題だ。

| | Comments (0)

その他のカテゴリー

Adobe Lightroom | Adobe Photoshop CC | Adobe_ | AF Nikkor 28mm F/2.8 (S new) | AF-P Nikkor 70-300mm F/4.5-6.3G ED | AF-S NIKKOR 18-55mm f/3.5-5.6G VR II DX | Af-s Micro Nikkor 105mm F/2.8 G VR | AF-s Nikkor 105mm F/1.4 E ED | AF-s Nikkor 12-24mm F/4.0 G DX | Af-s Nikkor 14-24mm F/2.8 G | AF-S Nikkor 16-80mm f/2.8-4E ED VR DX | AF-s Nikkor 16-85mm F/3.5-5.6 G VR DX | Af-s Nikkor 18-140mm F/3.5-5.6 G ED VRII DX_ | Af-s Nikkor 18-200mm F/3.5-5.6 G VR DX | Af-s Nikkor 20mm F/1.8G | AF-s Nikkor 24-120mm F/4.0 G VR | AF-s Nikkor 24-70mm F/2.8 G | Af-s Nikkor 24-85mm F/3.5-4.5 G VR | Af-s Nikkor 24mm F/1.8G | AF-s Nikkor 28mm F/1.8 G_ | Af-s Nikkor 300mm F/4.0E VR | AF-s Nikkor 50mm F/1.4 G | Af-s Nikkor 50mm F/1.8 G for Df ver. | Af-s Nikkor 70-200mm F/4.0 G VRIII | AiAF Micro-Nikkor 60mm F/2.8D_ | AiAF Nikkor 20mm F/2.8 D | AiAF Nikkor 35mm F/2.0D | AiAF Nikkor 80-400mm F/4.5-5.6 D ED VR | art culture | camera flash | Camera Lens shoping | camera science | Canon EF 24-105mm F/4.0 L IS | CANON EF 40mm F/2.8 STM | CANON EF-S 10-18mm F/4.5-5.6 IS STM | CANON EF-S 18-55mm F/3.5-5.6 IS STM | CANON EF-S 24mm F/2.8 STM | Canon EOS 5D Mark II | Canon EOS 6D | CANON EOS Kiss X7 | car insight | Carl Zeiss Biogon 28mm F/2.8 ZM | Carl Zeiss Distagon 24mm F/2.0 ZA | Carl Zeiss Loxia 21mm F/2.8 | Carl Zeiss LOXIA 35mm F/2.0 | Carl Zeiss Planar 50mm F/1.4 FE | Carl Zeiss Sonnar 55mm F/1.8 FE ZA | Carl Zeiss Sonnar FE 35mm F/2.8 ZA | Carl Zeiss Vario-Sonnar 16-80mm F3.5-4.5 ZA | Carl Zeiss Vario-Tessar 16-35mm F/4.0 FE ZA OSS | Carl Zeiss Vario-Tessar FE 24-70mm F/4.0 ZA OSS | Chinema | CINEMA | clustaer headace | Commlite EF-NEX | Commlite ENF-E | computer | CONTAX T2 | count down | culture | culture and science | Digital camera insight | digital sensor science | Financial Markets | Foigtlandar MACRO APO-LANTHAR 65mm F2_ | food | Fuji Film X-E2 | Fujifilm X-Pro2 | Fujifilm X100s | Gardening | Geographical Insight | Hasselblad X1D | Health | INDUSTAR 50mm F/3.5 | iPhone | K&F KF-150_ | Kenko mirror lens 800mm/8 | LAOWA 15mm F/4.0 Wide Angle Macro with shift | LEICA D Vario-ELMAR 14-50mm F/3.8-5.6 OIS | LEICA SL | Leica X Vario typ107 | LENSBABY | Life | Lumix G 14-84mm F/3.5-5.6 OIS | LUMIX G20mm F/1.7 | LUMIX GF1 | LUMIX L10 | m Zuiko D 12mm F/2.0 | M. ZUIKO D. 40-150mm F/4.0-5.6 | M. ZUKIO D. 14-42mm F/3.5-5.6 II R | mental health | Nikkor 20mm F/4.0 | Nikkor PC Auto 105mm F/2.5 | Nikon Capture NX-D | Nikon COOLPIX S8200 | Nikon D200 | Nikon D3 | Nikon D300 | Nikon D3300 | Nikon D3x | Nikon D40 | Nikon D40x | Nikon D5100 | Nikon D600 & D610 | Nikon D610 | Nikon D700 | Nikon D7100 | Nikon D800E | Nikon D810 | Nikon D90 | Nikon Df | Nikon F6 | OLYMPUS E-5 | OLYMPUS E-P1 | OLYMPUS E-P3 | OLYMPUS OM-D E-M10 | Olympus OM-D E-M5 | PC-E Micro Nikkor 45mm F/2.8D | PENTAX K-S1 | PENTAX K-X | photo art | photo science | PhotoShop | printer | private_ | rumors | SEAGULL DF1000 | Seagull_ | SIGMA 150mm F/2.8 APO MACRO DG HSM | SIGMA 17-50mm F/2.8 DC EX OS HSM | Sigma 17-70mm F/2.8-4.0 OS v2013 | SIGMA 18-35mm F/1.8 DC Art | SIGMA 50-100mm F/1.8 DC ART | SIGMA 70mm F/2.8 DG Macro EX | SIGMA DC18-200mmF3.5-6.3 3rds model | SIGMA DP1 | SIGMA DP2 | SIGMA EF-630 | SIGMA MC-11 | SIGMA SD Quattro | SIGMA SD1 merrill | SilkyPix | social insight | socicial insight | SONY 85mm F/2.8 SAM | SONY E20mm F/2.8 | SONY FE 28-70mm F/3.5 - 4.0 OSS | SONY FE 70-200mm F/4.0 G OSS | SONY FE MACRO 90mm F/2.8 | SONY FE28mm F/2.0 | SONY FE50mm F/2.8 MACRO | SONY Image Data Converter | SONY RX100 III | SONY rX100V | SONY VCL-ECF2 | SONY α37 | SONY α6300 | SONY α7 | SONY α7R | SONY α7R II | SONY α9 | SONY α99 II | SONY α6500 | Super EBC Fujinon 18-55mm F/2.8-4.0XC | Super EBC Fujinon XF 23mm F/2.0 WR | Super EBC Fujinon XF 50mm F/2.0 | Tamron AF 18-250mm F/3.5-6.3 Di II (A18) | Tamron AF 28-80mm F/3.5-5.6 Asprcl | Tamron AF 70-200mm f/2.8 SP Di LD [IF] macro_ | TAMRON AF 70-300mm F/4-5.6 Di LD MACRO (A17) | TAMRON SP 24-70mm F/2.8 USD VC | TAMRON SP AF 90mm F/2.8 Di MACRO 1:1 (272E) | TOKNA 12-24mm f/4.0_ | VCL-ECF2 | VCL-ECU2 | Voigtlande NOCTON 25mm F/0.95 | Voigtlander Heliar Classic 75mm F/1.8 | VOIGTLANDER Super Wide-Heliar 15mm F/4.5 | whisky | world traveler | Zuiko D 12-60mm F/2.8-4.0 SWD | センチメンタルジャーニー