SONY FE 28-70mm F/3.5 - 4.0 OSS

May 03, 2016

IMPRETION

Dsc051501200_3

SONY α7R II  SONY FE 28-70

| | Comments (0)

April 16, 2016

シリーズ「宇部興産のある街」 2

Dsc034111600_2

Dsc034151600_2

2016年、冬のある日、宇部の全日空ホテルに泊まった。これが宇部に公式に行く最後かもしれない。

昼過ぎに到着したのだが、どうも疲れがたまっている。暫し午睡をとって、日没一時間前頃から、活動を始めた。
これまで、ここへは10回程来ているが、初めての晴れた日だ。何か良い写真が写せそうな予感がした。

| | Comments (0)

April 15, 2016

シリーズ「宇部興産のある街」 1

 00dsc034981600


01dsc035331600


この8年間、僕は宇部の全日空ホテルに10回以上逗留した。目的は写真撮影ではないので、殆ど写真らしい写真は写した事がなっか。
今回最後の訪問だったので、宇部興産の本社がある全日空ホテル(クラウンプラザ?)の周囲数百メートルで見かけた景色を記録した。

かつて、石炭と石灰岩とで栄えた山口県の要衝。今の姿はどうなっているのか・・・。

| | Comments (0)

March 24, 2016

宇部再び

Dsc036061200


SONY FE 28-70・・・どうも好きになれないレンズだ。SONYの古いAPS-C用18-50だったか軽いレンズを2本間違えて買ってしまったのだが・・・これもタムロンよりもヌケが悪くて嫌いだった。どうも、SONYは比較的新しくて安いレンズに手抜きが有るんじゃないかと思われるフシがある。

何れの場合も、ヌケが悪いので、他のレンズ装着時と比べて明らかにボッとした線が滲んで無くなりそうな嫌な感じがする。ソフトというよりも、描写力が弱い。コントラスト(階調)が貧弱・・・。

上の事例は、コンピュータ(まだメモリは16GBのまま・・・笑)が止まっているんじゃないかと思う程マスクを何回も掛けて部分的に調整して、明暗や、輪郭感を目視のイメージに合わせている。この作業だけで30分位かかってしまった。それでも、肉眼で見た時の新鮮な感じは取り戻せていない。これ別のレンズだったらもっとメリハリ効くと思うんだけど。

| | Comments (0)

March 17, 2016

宇部という町 4

Dsc034361200


今、僕は宇部にいる。用事は会合に出席するため。
別に、ここの写真を写しに来たわけではない。ただ、巨大な工場群から海岸線にびっしりと並ぶ工業都市宇部の街並みを見て、色々と思うところがあったので、カメラを持ち出して少しばかりの時間で写し始めたという次第だ。この街はまた、新たなテーマとしてアプローチしたいと思う。今日のところは、撮りはじめというところだ。

| | Comments (0)

宇部という町 3

 Dsc034181200
SONY FE28-70 /SONY a7

事前にお断りしておかなければならない。僕は今13インチのPCで書いている。この画面が小さすぎてよく見えない。最近老眼が進んで、2焦点ズームの老眼鏡を強いのと弱いのと両方つかわないとよく見えないのだが、今日、強いのを忘れてきてしまった。で、画面がよく見えない。幸いノートPCなので適当に画像を拡大しているが、それでもよくない。

さて、先ほどの話題に戻ることにする。なぜ、一般のプロがフルサイズなど高価なカメラを使うのかというと、それは一つには先ほど書いたようにコマーシャリズムとしての価値の観点。そして、これが最も重要だと思うのは、リスクマージンの観点だとおもう。

昨日だったか、ダブルスロットのカメラでないのは怖くて使えないと書いた。これも同じ観点で、絶対に失敗できないとき、失敗のリスクは完ぺきに消さなければいけない。僕の経験では、メモリーカードは抜き差し1000回に1回から数百回に1回程度の確率でエラーとなって、取り返しがつかないことになる。仮にここで確率1000分の1としよう、二枚のカードでミラーリングすればこの確率は100万分の1に減るわけで、ほぼ体感的に無視できるエラー率までリスク回避できることになる。

だから、昔はかならずカメラ2台で写して、万が一に備えたし、いまでもそうしている人は多い。加えて、メモリーカードは非常に壊れやすいので、ダブルスロットでないと信用できないという次第だ。ただ、そうはいってもカネばかりかかるので、一枚はjpegで念のためにとってあるという場合も多いだろう。

まあ、報道カメラマン以外はjpegを信用できないと思っている人は多いはず。
完ぺきな露出を決めることができれば別にjpegでいけないことはあんまりないのだけど、露出は魔物、現像の時に露出や調子をいじらないで済ませる人がいたら、それは相当ライティング(あるいは露出決定の天才)が上手な人か、あるいは写真の調子や出来上がりに関して無神経な人しかいないだろう。
報道の場合は即入稿しなければいけない場合のほうが多く、現像はもともとカメラマンの仕事ではない。だから、昔でいえばプリントにあたるjpegが仕事の成果となる。

だから、RAWで写すのであり、RAWだと美しく写るなんて思っている人は、とんでもない間違いをしている。jpegとはもともと知覚的に欠損を感じない程度にデータを間引いているので、プリントを見てRAWからプリントしたのか、jpegからしたのかまずわかる人はいない。

RAWはネガである。だから、あとでどうにかなる可能性が高い。つまり、リスク・マージンが大きいのだ。

この原理は、フルサイズにも適用される。より、寛容なサイズだから使う・・・それ以上の理由はあまりないと思う。

| | Comments (0)

宇部という町 2

Dsc035171200
SONY a7  SONY 28-70
この看板を見ていきなり読めたら偉い。

先日、モデルさん兼アーティストの人と話していたら、顧客でフルサイズでないと勘弁してくれない人が多くて・・・という話題が出た。この手の話は僕が知っている限り50年前からあって、写真はフイルムのサイズで値段が決まる時代だった。だから大判・・・。コダクロームでも十分に大判と同じ解像力は出たのにという尾ひれがついていた。

まあ、その話はその通りであり、そこにいただれもがフルサイズとAPS-Cのプリントを見せられて違いが判るかというと、そんなことはないだろうということで落ち着いた。ただ、世の中は、毛ほどの違いも気になる人はいるわけで、また、実際にフルサイズの安心感は非常に高いわけで、失敗の可能性を減らせるものならば減らしたい・・・ということになると、リスク・マージンの観点からフルサイズRAWがプロの常識になっているんだろうなと思った。

実際、かくいうモデルさんを写してた誰でも知っている著名写真家は富士のAPS-Cを使ったりもしているわけで、彼に言わせれば富士で十分、ほかのものは要らないという。

かくなる上は、富士で行こうかとさえおもったが、今ある機材で十分ということでもある。

| | Comments (0)

宇部という町

宇部は山口県の工業都市。
Dsc035141200

| | Comments (0)

December 20, 2015

上海 2015 (6)

Dsc036231200


今年の上海は別に写真撮影に行ったわけではないので、こんな調子のばかりになってしまった。

来年は写真で行きたいものだ。

| | Comments (0)

上海 2015 (5)

Dsc036081200

| | Comments (0)

その他のカテゴリー

Adobe Lightroom | Adobe Photoshop CC | Adobe_ | AF-S NIKKOR 18-55mm f/3.5-5.6G VR II DX | Af-s Micro Nikkor 105mm F/2.8 G VR | AF-s Nikkor 105mm F/1.4 E ED | AF-s Nikkor 12-24mm F/4.0 G DX | Af-s Nikkor 14-24mm F/2.8 G | AF-S Nikkor 16-80mm f/2.8-4E ED VR DX | AF-s Nikkor 16-85mm F/3.5-5.6 G VR DX | Af-s Nikkor 18-140mm F/3.5-5.6 G ED VRII DX_ | Af-s Nikkor 18-200mm F/3.5-5.6 G VR DX | Af-s Nikkor 20mm F/1.8G | AF-s Nikkor 24-120mm F/4.0 G VR | AF-s Nikkor 24-70mm F/2.8 G | Af-s Nikkor 24-85mm F/3.5-4.5 G VR | Af-s Nikkor 24mm F/1.8G | AF-s Nikkor 28mm F/1.8 G_ | Af-s Nikkor 300mm F/4.0E VR | AF-s Nikkor 50mm F/1.4 G | Af-s Nikkor 50mm F/1.8 G for Df ver. | Af-s Nikkor 70-200mm F/4.0 G VRIII | AiAF Micro-Nikkor 60mm F/2.8D_ | AiAF Nikkor 20mm F/2.8 D | AiAF Nikkor 35mm F/2.0D | AiAF Nikkor 80-400mm F/4.5-5.6 D ED VR | art culture | camera flash | Camera Lens shoping | camera science | Canon EF 24-105mm F/4.0 L IS | CANON EF 40mm F/2.8 STM | CANON EF-S 10-18mm F/4.5-5.6 IS STM | CANON EF-S 18-55mm F/3.5-5.6 IS STM | CANON EF-S 24mm F/2.8 STM | Canon EOS 5D Mark II | Canon EOS 6D | CANON EOS Kiss X7 | car insight | Carl Zeiss Biogon 28mm F/2.8 ZM | Carl Zeiss Distagon 24mm F/2.0 ZA | Carl Zeiss Loxia 21mm F/2.8 | Carl Zeiss LOXIA 35mm F/2.0 | Carl Zeiss Planar 50mm F/1.4 FE | Carl Zeiss Sonnar 55mm F/1.8 FE ZA | Carl Zeiss Sonnar FE 35mm F/2.8 ZA | Carl Zeiss Vario-Sonnar 16-80mm F3.5-4.5 ZA | Carl Zeiss Vario-Tessar 16-35mm F/4.0 FE ZA OSS | Carl Zeiss Vario-Tessar FE 24-70mm F/4.0 ZA OSS | Chinema | CINEMA | computer | CONTAX T2 | count down | culture | culture and science | Digital camera insight | digital sensor science | Financial Markets | food | Gardening | Geographical Insight | Hasselblad X1D | Health | Kenko mirror lens 800mm/8 | LAOWA 15mm F/4.0 Wide Angle Macro with shift | LEICA D Vario-ELMAR 14-50mm F/3.8-5.6 OIS | LEICA SL | Leica X Vario typ107 | Life | Lumix G 14-84mm F/3.5-5.6 OIS | LUMIX G20mm F/1.7 | LUMIX GF1 | LUMIX L10 | m Zuiko D 12mm F/2.0 | M. ZUIKO D. 40-150mm F/4.0-5.6 | M. ZUKIO D. 14-42mm F/3.5-5.6 II R | mental health | Nikkor 20mm F/4.0 | Nikkor PC Auto 105mm F/2.5 | Nikon Capture NX-D | Nikon COOLPIX S8200 | Nikon D200 | Nikon D3 | Nikon D300 | Nikon D3300 | Nikon D3x | Nikon D40 | Nikon D40x | Nikon D5100 | Nikon D600 & D610 | Nikon D610 | Nikon D700 | Nikon D7100 | Nikon D800E | Nikon D810 | Nikon D90 | Nikon Df | Nikon F6 | OLYMPUS E-5 | OLYMPUS E-P1 | OLYMPUS E-P3 | OLYMPUS OM-D E-M10 | Olympus OM-D E-M5 | PC-E Micro Nikkor 45mm F/2.8D | PENTAX K-S1 | PENTAX K-X | photo art | photo science | PhotoShop | printer | private_ | rumors | SEAGULL DF1000 | Seagull_ | SIGMA 150mm F/2.8 APO MACRO DG HSM | SIGMA 17-50mm F/2.8 DC EX OS HSM | Sigma 17-70mm F/2.8-4.0 OS v2013 | SIGMA 18-35mm F/1.8 DC Art | SIGMA 50-100mm F/1.8 DC ART | SIGMA 70mm F/2.8 DG Macro EX | SIGMA DC18-200mmF3.5-6.3 3rds model | SIGMA DP1 | SIGMA DP2 | SIGMA EF-630 | SIGMA MC-11 | SIGMA SD Quattro | SIGMA SD1 merrill | SilkyPix | social insight | socicial insight | SONY 85mm F/2.8 SAM | SONY E20mm F/2.8 | SONY FE 28-70mm F/3.5 - 4.0 OSS | SONY FE 70-200mm F/4.0 G OSS | SONY FE MACRO 90mm F/2.8 | SONY FE28mm F/2.0 | SONY Image Data Converter | SONY RX100 III | SONY VCL-ECF2 | SONY α37 | SONY α6300 | SONY α7 | SONY α7R | SONY α7R II | Tamron AF 18-250mm F/3.5-6.3 Di II (A18) | Tamron AF 28-80mm F/3.5-5.6 Asprcl | Tamron AF 70-200mm f/2.8 SP Di LD [IF] macro_ | TAMRON AF 70-300mm F/4-5.6 Di LD MACRO (A17) | TAMRON SP 24-70mm F/2.8 USD VC | TAMRON SP AF 90mm F/2.8 Di MACRO 1:1 (272E) | TOKNA 12-24mm f/4.0_ | VCL-ECF2 | VCL-ECU2 | Voigtlande NOCTON 25mm F/0.95 | Voigtlander Heliar Classic 75mm F/1.8 | VOIGTLANDER Super Wide-Heliar 15mm F/4.5 | whisky | world traveler | Zuiko D 12-60mm F/2.8-4.0 SWD | センチメンタルジャーニー