story

June 01, 2018

ニュージーランド縦走記 22 (最終話)

2018/4/29
前日の夜までMilford Sound行でヘトヘトになったのだが、その翌日我々はQueenstown空港から東京に帰ることにした。

QT空港は氷河湖の近くに位置する、険しい山に囲まれた狭い空港だ。ここを離着陸できるパイロットには特別なQT専用ライセンスが必要だという。
僅か人口5万人の街の空港だから、さぞかしぼろい空港なのかと思うと、さすがに国際空港だけあって、こぎれいなそれなりの空港だった。
当然ゴールドチェックインもある。ただし、国際線と国内線の区別がない。セキュリティーゲートも基本的に同様だった。
チェックインでシドニーでトラッンジットして東京に向かうことを確認して搭乗チケットをもらった。
この空港は国際空港といっても、国際線はオーストラリア行しかない。
切符にはシドニー行と書いてあるのだが、空港内の掲示板には行き先が Invercargillと出ている。
これはなんだという事になり、係員に聞くと、一旦其処に止まるけど、給油のためだという。それ以上の説明はない。この説明に納得するまでに20分ぐらい時間が掛ってしまった。
30年前、ロンドン・ヒースロー空港が霧で運行停止したときのような慌てぶりだった。ならば行き先表示はシドニーだろうが…。
ともかく、セキュリティーをくぐって、ロビーに入るといつのまにか行き先は InvercargillではなくてSydneyに変更されている。
いずれにしても、機内でも一度 Invercargillに降りて給油するので一時間ほどシドニーに到着するのが遅れる。「サンキュー・フォー・ユア・ペイシャンス」という決まり文句を機長がアナウンスしたが、不愉快極まりない。
こっちにはコネクション・フライトがあるとパーサーに伝えると、問題ないと答える。いってはなんだけど、NZ航空は時間にルーズという印象が強くなった。
結局、色々と状況と説明から推量するに、シドニー近辺に乱雲が近づいていて、着陸に時間がかかりそう、クイーンズタウンは狭隘地の空港なので燃料満タンだと飛び立てない。そごて、平地のインバーカーギルで給油して、シドニー到着遅延に備えるということのようだったが、これはこっちの英語力の問題ではなくて、単に説明しないだけのようだった。
良く考えると、国際線で発着地が両方とも英語国というのは初めての経験で、とにかく早口でまくしたてるので訳が分からない。でも、隣に居たオーストラリア人の婦人も理解していないようだったので、語学の問題ではなくて説明していないだけだとわかった。
そんなこんなで、ともかく15-6時間かけて東京に帰ることになった。
NZなんて行こうと思った事も無かったけど、30年前に仕事で初めてスイスに中期滞在していらいの衝撃を感じる2週間だった。また、行きたいと思う。
また、インバーカーギル(人口5万人の街)はNZ最南端の空港であり、僕が一番南に行った場所になった。ここに1時間滞在したことには間違いない。(結)

_dsf8823edit15022

| | Comments (0)

May 25, 2018

ニュージーランド縦走記 21

2018/4/28
朝7時のバスでミルフォードサウンド(Milford Sound)に向かった。帰りは午後7時過ぎの予定。
バスで片道4-5時間の道のり、途中から携帯の電波が来なくなった。
意外と知られていないけど、NZの南西端には巨大なフィヨルド地帯があり、車が行ける道も無く自然の原野と太古の氷河による深い谷が広がる。
話よりも写真をご覧頂いた方が分かりやすい。


_dsf0870edit15003
_dsf0880edit15002
Fujifilm X-E3 10-24mm F/4.0

| | Comments (0)

May 23, 2018

ニュージーランド縦走記 20

2018/4/27
クイーンズタウン5日目に雨が朝から降っている。こういう時の為に、キウイを保護している施設でキウイを観察することになった。キウイはほゞ漆黒の暗闇のケージで飼育されているので、肉眼では微かにその気配が見える程度。
NZは人間が4足歩行の動物を持ち込むまでは鳥の楽園だったという。キウイの骨格は飛べる鳥と明らかに構造が違うらしい。話によるとホネは隋液で満たされているそうだ。それでは重くて飛べない。
キウイガーデンを見終わり、やることが無い。雨も上がってきたので、街中から見える山に登ることにした。もちろん、ゴンドラで・・・15分程。
クイーンズタウンはリゾートタウンなので、あらゆる遊びが用意されている。バンジージャンプはこの町の近辺が世界最初の発祥聖地らしい。我々は素直に山の上から景色を楽しんだ。


_dsf9035editedit15022

| | Comments (0)

ニュージーランド縦走記 19

2018/4/26
クイーンズタウンには5泊した。こんな小さな街になんでそんなに長く泊まるのか、娘の説明だと、南極側では珍しい大フィヨルドを見に行くのだけど、天候が不安定なため、現地の天候を見ながら直前に予約するという。フィヨルドまでは直線距離では100キロ程だが、全く道が無いために、往復12時間以上の遠征になるのだそうた。
で、クイーンズタウン3日目は、Lady of the Lakeと呼ばれる蒸気船にのって対岸の牧場まで遠足ということになった。
牧場の事をNZではどうもstationと呼ぶのが普通らしい。ranchとばかり思っていたので、ちょっと日本人にはより分かりやすい呼び名に感動した。
この蒸気船は1912年、タイタニック号と同じ年に造られたイギリス製の鋼船。形も良く似ている。タイタニックというとジェームスキャメロンのあまり趣味のよくないメロドラマ風のアカデミー賞映画を思い出しがち。でも、当時最新鋭の豪華客船だし、マルコーニが発明した無線電信も装備されていた。(真空管の無い時代の話)
今回この船に乗って気づいたのだけど、僕は初めて蒸気船に乗った。蒸気エンジンの構造も初めて見て驚いた。蒸気タービンではない、レシプロエンジン、三気筒、シリンダーが高圧、中圧、低圧とあって段々と断面積が大きくなる。初めてみる形でおどろいた。(wikipediaによるとこれを複式蒸気機関と呼ぶらしい)つまり蒸気を三回使いまわすということのようだ。その異様に大きなエンジンをみて、昔の人は頭が良かったんだなぁと思った。


_dsf8815edit1502

_dsf8835editbind2000

| | Comments (0)

May 20, 2018

ニュージーランド縦走記 18

2018/4/25
クイーンズタウンは、NZ南部ほぼ亜南極に近い高級リゾート地。
面積が琵琶湖の半分にもなるという巨大な氷河湖の入り江に立地する。
地名はビクトリア女王を讃えたものだと思うけど、女王の名を冠する街は美しい。天候はめまぐるしく変化するものの、晴れた日は最高だ。
この街は完全な観光地であり、巨大な箱根芦ノ湖畔と言ったら分かりやすいだろうか。
亜南極とは南極圏に近い南緯46度以南-60度辺りに属する地域の総称。クイーンズタウンは南緯45度にあるので亜南極の定義では少し北あるが、NZ南部に位置する島々は亜南極地方とされている場合が多い。

_dsf8747edit1500

_dsf8784edit1502
_dsf8760edit

| | Comments (0)

May 19, 2018

ニュージーランド縦走記 16

018/4/24
成田を飛び立ってから11日目になった。
テカポから南部の美しい街クイーンズタウンまで6時間の予定でバスに乗った。
事前に全く知らなかったのだが、この路線乗合観光バスはマウント・クックで昼休みを取る。マウント・クックはもちろんクック船長の名前を冠したNZ最高峰、富士山よりも高い山だ。
初登頂は、エベレスト初登頂で有名なエドモンド・ヒラリー卿。ヒラリー卿はNZの出身でマウント・クックで訓練したといわれているそうだ。これまでの登頂挑戦者の10%が死亡しているとされる過酷な山と聞く。今回は雲に隠れて山頂が見えなかったが、あの雲の向こうにピークがあるという予感を感じながら、山を後にした。


_dsf8558edit1502

| | Comments (0)

ニュージーランド縦走記 15 余話

僕は昨年まで南半球に行ったことが無かった。南半球では風呂の水が逆回りで穴から抜けていくなどという都市伝説があるが、まだ試したことが無い。
30年ぐらい前にシンガポールで道に迷った事が有る。シンガポールは一応北半球だけど、北緯1度30分、ほぼ赤道直下だ。ここで太陽は天頂に南中(??)するので、我々北の人間には方向感覚がおかしくなるようになっている。
昨年シドニーの道が分かりづらいと思ったのも同じような事情で、いかに我々が太陽の位置によって直感的に位置を感じているのかよくわかった。
さて、今回はほゞ亜南極圏での旅、太陽は西から出て東に沈む、まるで別の惑星に来たような気分だった。
太陽の向きから東西南北が直感出来ない。結局iPhoneのコンパスをしょっちゅう出して調べることになった。僕は腕時計にもコンパス付のを使っているけど、腕時計のは360分法の数値であらわされるので分かりづらい。その点、iPhoneのコンパスは正確で敏感で頼もしい。
写真はTEKAPO湖、東??笑…に沈む太陽
東に沈むので、南側(実は北側)斜面が照らされている(笑)


_dsf8327edit15022

| | Comments (0)

ニュージーランド縦走記 15

2018/4/23 
Lake Tekapo Good shepherd
その晩9時半ごろ、世界遺産になるという天の川を写すことにした。カメラは何度も書くが富士フィルムのハーフサイズカメラ。世にいうAPS-Cのミラーレス。
インスタグラムで有名なGood Shepherd 教会を背景に写すことにした。
ロッジから直線距離で1キロ程度。幸い上弦の半月が10時半ごろに沈むはずだったので、その1時間前に歩き出した。気温は5-6度だろうか。寒い。
ロッジには明かりが有ったが、道は高速道路…NZの道路は大抵高速道路で100キロで走れるが、人は横断出来ないし、歩いても行けない…ところを歩いて移動した。
教会に近づくと、漆黒の闇、娘がiPhoneの明かりを照らして20分ほどかけて教会にたどり着く。
どういうわけか、車が山の様にいる。辺り一面中国語と思われる言葉が飛び交う。世界遺産にするとこういうことになるんだ、地球の反対側でも痛感した。
ともかく、見たような画角になるように三脚を置き、レンズは10mmF/4.0 これでちょうど15mm見当になるがやや暗い。

ギリギリの露出を掛けて写したのを一枚掲載するが、天の川って決してこのように見えるわけでもなく、ただぼんやりと白い筋が天空を横切るだけだ。緯度が高い分やや北側に傾いて見える。なにしろ、オリオンが北の空地平線の近くに見える場所だから。
写真の出来栄えはさっぱりだけど、世界一良く見える天の川でも結構難しいと後で気づいた。露出が一段以上不足している。しかし、開放絞りで、露出時間もセオリーギリギリの長時間露光…これ以上伸ばすと星が流れてしまう。カメラのダイナミックレンジギリギリで写したつもりだが、どうにか雰囲気だけ写っただけ…まあ、星屋ではないし、もともと星は写さない主義なので、この程度でお茶を濁してよいことにした。
フルサイズカメラならばあと1-2段分程度ダイナミックレンジがあるので、料理しやすそうだ。また、フジの拡大MFのやりかたが良くわからず、とりあえず遠方の輝点がある景色に合わせて、そのまま触らずに仰角をつけるというかなり荒っぽいやり方をした。こういう時、古いレンズでMFが機械式だとありがたい。

余りにも寒いので30分程で帰ることにしたけど、懐中電灯を忘れたことは痛かった。まだ月が地平線より上にあったので、なんとか帰宅できた。
それにしても、撮影者(三脚)はざっと20人(本)以上いたし、関係ない連中は懐中電灯がちがちつけているし、日本の蛍撮影の様な横柄なカメラマンはいないので、文句も言わない。つまり、ノイズなく写すことの方がむすがしい。
でも、こんなに暗いところでライトつけるなという方が横柄だから、仕方がない。風景はカメラマンの為にあるわけではない。

これから、真冬に向かっていつまでここに来られるのか知らないけど、もう少し寒くなってからの方が良いのかもしれない。と、思った。

なお、撮影条件について余談。
PSのブラシを星空には使っていないので、天の川の形は正しいと思う。
色は赤色をギリギリブーストしてこのコントラストになり、この色以外ではコントラストが破綻する。色フィルターはない。
画角は15mm相当なので、画面上方は天頂を写している。

_dsf8345edit21502

Rを強めにゲインを立てて漸くコントラストを出した。下の方にノイズが見苦しいが、敢えて消していない。

| | Comments (0)

May 18, 2018

ニュージーランド縦走記 14

朝7時の路線乗合観光バスという不思議なバスに乗った。行き先は星空世界遺産申請中のテカポ湖。このために、普段持って歩かない三脚とレリーズケーブルを準備した。
バスは約4時間かけてテカポ湖に到着。インスタグラムなどで有名なGood Shepherd教会で散策してから、ホテルについた。ホテルというよりもロッジだ。
ここでは一泊の予定。なぜならは、クライストチャーチから南部の有名リゾートクイーンズタウンまではバスで10時間以上かかるので、一旦小休止という塩梅を娘が発案してくれたもの。
テカポは世界遺産だけあって、晴天率が極めて高く、天の川が肉眼ではっきり見える確率が相当あるらしい。
天の川の写し方は昨年6月に露出計算や仰角、画角など一応教わってあったが、その時は場所が長野県の山の中にもかかわらず街の灯で照らされてあまりはっきり見えなかった。今回はスマホのアプリを準備して天の川の位置がわかるようになっているので安心。
ただ、電波が届かないとスマホが使えない。まあ、NZで電波が来ない事は良くある事なので仕方ない。住民300人の村だしなおさら不安だ。
なお、天の川ならばバリっとしたフルサイズカメラが常識だろうけど、なにしろ17日間、4回の飛行機と数回のバス旅なのでカメラはフジフィルムのハーフサイズ…あとは、腕のみが頼り、頼りない腕ではあるけど、他人の腕を借りるわけにもいかない。

なお、写真中の教会の屋根にみえる十字の光芒は自然に写ったもの。十字架の裏に太陽を置くと、光芒が十字になることを初めて知った。

_dsf82471500

_dsf8327edit15022

_dsf8228edit1500

| | Comments (0)

ニュージーランド縦走記 13

2018/4/22
クライストチャーチ3日目。
ここ一週間の強行軍で、ちょっとへばり気味。一日ハウスキーピングもことわって昼寝。
夕食は娘がトラムレストランを予約してくれたので、市内観光(と云っても既に見ている景色)をかねて、レストラン仕様のトラムで街を何周もしながら、イギリス式の正式フレンチディナーを食べた。
列車はカテドラルジャンクションというニューリージェントストリートの端から発車。乗車前に、コートは外のハンガーに預かるという念の入れようで、メートルDがいる正式のレストラン。客は一組ずつ名前を呼ばれると、ボーイが席まで案内してくれる。僕らのボーイはトービンという若者だった。シャンパン、スターター、メイン、デザートというまあ、普通のコースだけと、全部食べ終わるまでに2時間半ぐらいはかかった。この間、列車は市内を何回もグルグル回る。トラムにトイレもあるが、出発点の駅に到着すると、街のトイレを使う事もできる。ここまで工夫したトラムレストランには感心するしなかった。主要産業が観光の街だからできる心遣いなのかもしれない。
いよいよ翌日は朝7時にバスに乗って、4時間、世界遺産申請中のテカポに向かう。
長旅の丁度折り返し点、疲れが溜まってきた感じもこの素晴らしいレストランで随分回復した気分だ。


_dsf81911500_2
_dsf81981500

| | Comments (0)

その他のカテゴリー

Adobe Lightroom Adobe Photoshop CC Adobe_ AF Nikkor 28mm F/2.8 (S new) AF-P Nikkor 70-300mm F/4.5-6.3G ED AF-S NIKKOR 18-55mm f/3.5-5.6G VR II DX Af-s Micro Nikkor 105mm F/2.8 G VR AF-s Nikkor 105mm F/1.4 E ED AF-s Nikkor 12-24mm F/4.0 G DX Af-s Nikkor 14-24mm F/2.8 G AF-S Nikkor 16-80mm f/2.8-4E ED VR DX AF-s Nikkor 16-85mm F/3.5-5.6 G VR DX Af-s Nikkor 18-140mm F/3.5-5.6 G ED VRII DX_ Af-s Nikkor 18-200mm F/3.5-5.6 G VR DX Af-s Nikkor 20mm F/1.8G AF-s Nikkor 24-120mm F/4.0 G VR AF-s Nikkor 24-70mm F/2.8 G Af-s Nikkor 24-85mm F/3.5-4.5 G VR Af-s Nikkor 24mm F/1.8G AF-s Nikkor 28mm F/1.8 G_ Af-s Nikkor 300mm F/4.0E VR AF-s Nikkor 50mm F/1.4 G Af-s Nikkor 50mm F/1.8 G for Df ver. AF-s Nikkor 58mm F/1.4G Af-s Nikkor 58mm F/1.4G ED N Af-s Nikkor 70-200mm F/2.8E FL Af-s Nikkor 70-200mm F/4.0 G VRIII AiAF Micro-Nikkor 60mm F/2.8D_ AiAF Nikkor 20mm F/2.8 D AiAF Nikkor 35mm F/2.0D AiAF Nikkor 80-400mm F/4.5-5.6 D ED VR art culture camera flash Camera Lens shoping camera science Canon EF 24-105mm F/4.0 L IS CANON EF 40mm F/2.8 STM CANON EF-S 10-18mm F/4.5-5.6 IS STM CANON EF-S 18-55mm F/3.5-5.6 IS STM CANON EF-S 24mm F/2.8 STM Canon EOS 5D Mark II Canon EOS 6D CANON EOS Kiss X7 car insight Carl Zeiss Biogon 28mm F/2.8 ZM Carl Zeiss Biogon 35/2.0 AM Carl Zeiss Distagon 24mm F/2.0 ZA Carl Zeiss Loxia 21mm F/2.8 Carl Zeiss LOXIA 35mm F/2.0 Carl Zeiss Planar 50mm F/1.4 FE Carl Zeiss Sonnar 55mm F/1.8 FE ZA Carl Zeiss Sonnar FE 35mm F/2.8 ZA Carl Zeiss Vario-Sonnar 16-80mm F3.5-4.5 ZA Carl Zeiss Vario-Tessar 16-35mm F/4.0 FE ZA OSS Carl Zeiss Vario-Tessar FE 24-70mm F/4.0 ZA OSS Chinema CINEMA clustaer headace Commlite EF-NEX Commlite ENF-E computer CONTAX T2 count down culture culture and science Digital camera insight digital sensor science EBC Fujinon 18-55mm F/2.8-4.0 EBC Fujinon 23mm/F2.0 WR EBC Fujinon 35mm F/1.4 EBC Fujinon 60mm F/2.4 Macro Financial Markets Foigtlandar MACRO APO-LANTHAR 65mm F2_ food Foreign Affair Fuji Film X-E2 Fujifilm E-E3 Fujifilm GFX 50R Fujifilm X-Pro2 Fujifilm X100s Gardening Geographical Insight Hasselblad X1D Health INDUSTAR 50mm F/3.5 Instagram iPhone K&F KF-150_ Kenko mirror lens 800mm/8 LAOWA 15mm F/4.0 Wide Angle Macro with shift LEICA D Vario-ELMAR 14-50mm F/3.8-5.6 OIS LEICA M10 LEICA SL LEICA SUMMICRON-M 50mm F/2.0 Leica X Vario typ107 LENSBABY Life Lumix G 14-84mm F/3.5-5.6 OIS LUMIX G20mm F/1.7 LUMIX GF1 LUMIX L10 m Zuiko D 12mm F/2.0 M. ZUIKO D. 40-150mm F/4.0-5.6 M. ZUKIO D. 14-42mm F/3.5-5.6 II R mental health Nikkor 20mm F/4.0 Nikkor PC Auto 105mm F/2.5 NIKKOR Z 24-70mm f/4.0 S Nikon Capture NX-D Nikon COOLPIX S8200 Nikon D200 Nikon D3 Nikon D300 Nikon D3300 Nikon D3x Nikon D40 Nikon D40x Nikon D5100 Nikon D600 & D610 Nikon D610 Nikon D700 Nikon D7100 Nikon D800E Nikon D810 Nikon D90 Nikon Df Nikon F6 Nikon Z7 OLYMPUS E-5 OLYMPUS E-P1 OLYMPUS E-P3 OLYMPUS OM-D E-M10 Olympus OM-D E-M5 PC-E Micro Nikkor 45mm F/2.8D PENTAX K-S1 PENTAX K-X photo art photo science Photo Technic PhotoShop printer private_ rumors SEAGULL DF1000 Seagull_ SIGMA 150mm F/2.8 APO MACRO DG HSM SIGMA 17-50mm F/2.8 DC EX OS HSM Sigma 17-70mm F/2.8-4.0 OS v2013 SIGMA 18-35mm F/1.8 DC Art SIGMA 50-100mm F/1.8 DC ART SIGMA 70mm F/2.8 DG Macro EX SIGMA DC18-200mmF3.5-6.3 3rds model SIGMA DP1 SIGMA DP2 SIGMA EF-630 SIGMA MC-11 SIGMA SD Quattro SIGMA SD Quattro H SIGMA SD1 merrill SilkyPix SNS insight social insight socicial insight SONY 85mm F/2.8 SAM SONY E20mm F/2.8 SONY FE 28-70mm F/3.5 - 4.0 OSS SONY FE 70-200mm F/4.0 G OSS SONY FE MACRO 90mm F/2.8 SONY FE28mm F/2.0 SONY FE50mm F/2.8 MACRO SONY Image Data Converter SONY RX100 III SONY rX100V SONY VCL-ECF2 SONY α37 SONY α6300 SONY α7 SONY α7R SONY α7R II SONY α9 SONY α99 II SONY α6500 story Street Photography Super EBC Fujinon 18-55mm F/2.8-4.0XC Super EBC Fujinon XF 23mm F/2.0 WR Super EBC Fujinon XF 50mm F/2.0 Tamron AF 18-250mm F/3.5-6.3 Di II (A18) Tamron AF 28-80mm F/3.5-5.6 Asprcl Tamron AF 70-200mm f/2.8 SP Di LD [IF] macro_ TAMRON AF 70-300mm F/4-5.6 Di LD MACRO (A17) TAMRON SP 24-70mm F/2.8 USD VC TAMRON SP AF 90mm F/2.8 Di MACRO 1:1 (272E) TOKNA 12-24mm f/4.0_ Vario-Tessar T* FE 16-35mm F4 ZA OSS VCL-ECF2 VCL-ECU2 Voigtlande NOCTON 25mm F/0.95 Voigtlander Heliar Classic 75mm F/1.8 VOIGTLANDER Super Wide-Heliar 15mm F/4.5 whisky world traveler Zuiko D 12-60mm F/2.8-4.0 SWD センチメンタルジャーニー